みおこしさんの映画レビュー・感想・評価

みおこし

みおこし

Quentin Tarantino / Billy Wilder / Guy Ritchie / Martin Scorsese / Alan Parker
とことん雑食。クラシック映画から最新作、名作からB級珍品までなんでも観ます。9歳から本格的に観始め、現在25歳の社会人3年目。ハリウッド映画と香港映画が大好物、邦画とヨーロッパ映画を勉強中。どんな映画もオススメする、がモットー!

映画(2225)
ドラマ(81)

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.8

ピクサーの初期作品ながら、今もなお色褪せない傑作!色合いといい、設定の緻密さといい、『トイ・ストーリー』シリーズがお好きな方にはたまらないかなと。虫は苦手なのですが、こんなにハマるとは思わなかった(笑>>続きを読む

マスク(1984年製作の映画)

3.7

ピーター・ボグダノヴィッチ監督作品。

2200万人に1人の割合で「ライオン病」と呼ばれる奇病を患い、頭が肥大化してしまう症状に苦しむ少年ロッキー。自由奔放な母親ラスティは、独自のやり方ながら懸命に女
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.4

ようやく鑑賞。クリスマス・シーズンにはうってつけの題材ですね!

前評判どおり、映像がとっても美しくて眼福でした。雪景色に赤やゴールドが映えるし、それぞれの4つの王国のビジュアルもとにかく息を呑むほど
>>続きを読む

ふたりにクギづけ(2003年製作の映画)

3.7

結合双生児の兄弟を描いた、ファレリー兄弟監督によるコメディ。生まれつき腰の部分が繋がったウォルトとボブのテナー兄弟。彼らはいたって自然に日々を過ごし、見事な連携を見せながら仕事も趣味も謳歌していた。し>>続きを読む

一日だけの淑女(1933年製作の映画)

3.9

リメイク版の『ポケット一杯の幸福』も素晴らしかったですが、オリジナル版もやっぱり最高でした...!

街でリンゴを売り歩いている老女アニー。彼女にはスペインに留学させている娘がおり、ある日彼女が伯爵の
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

東京コミコンが終わりましたが、友人が頑張って当ててくれたのでトム・ヒドルストン様との撮影会のチケットを手に入れ、奇跡の対面を果たしてきました。この世のものとは思えない美しさ、画面を通してでも分かるのに>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

試写会にて鑑賞!前作の『シュガー・ラッシュ』から6年ぶりに、ラルフとヴァネロペが帰ってきた!

今度の舞台はインターネットの世界ということで前作以上にスケールアップしたストーリーになっていました。CM
>>続きを読む

ダイナソー(2000年製作の映画)

3.6

ディズニー制覇企画。小さい頃に予告編をたくさん見て、結局劇場へ行かなかった作品。しかもテレ東の伝説的番組『TVチャンピオン』のテーマ曲として耳馴染みのある音楽とは知らず、そこでも思わずウワ〜となりまし>>続きを読む

ジム・キャリーはMr.ダマー(1994年製作の映画)

2.5

ロードアイランドでリムジンの運転手をしているロイドは、空港まで送り届けた美女メアリーに一目惚れ。彼女が空港にスーツケースを置いていったことからそれを届けるべく、相棒のハリーと奮闘するが...。

ジム
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

3.7

スペイン映画入門ということで、ペドロ・アルモドバル監督作品。おすぎさんが生涯ベストワンに選んでいらっしゃるのも納得の、世界中の女性のための【賛歌】でした。

移植コーディネーターのマヌエラは、観劇の帰
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

3.0

フランクス・オズ監督の経歴って、すごくユニーク!ずっと『セサミ・ストリート』シリーズのプロデュースを務め、そのあと何本もコメディ映画を監督として手がけたり。色んな才能を持っていらっしゃる方だなと興味を>>続きを読む

ワイキキの結婚(1937年製作の映画)

3.0

ミュージカル界の大御所ビング・クロスビーによる'Sweet Leilani'は、1937年度のアカデミー賞で歌曲賞を受賞した名曲。
それが使われたのが本作なのですが、ミュージカル映画としてはかなり黎明
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

ジュード・ロウ久々の来日ということで、ありとあらゆる手段を使ってジャパンプレミアや初日舞台挨拶参加するべく応募しましたが、全滅...。せめて彼がまだ日本にいる間に、と初日に観に行ってきました!

やは
>>続きを読む

戦国自衛隊(1979年製作の映画)

3.2

突然鑑賞(笑)。いかにも角川映画らしい超大作!

伊庭義明率いる自衛隊の一団が日本海沿岸一帯で演習を行なっていると、突然地震が起きて戦国時代へタイムスリップしてしまう。時の戦国武将の1人である長尾景虎
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

トファー・グレイスファンとしては、ヴェノムのスピンオフ・シリーズができると聞いたときは少し複雑な気持ちもあったものの、コミックに限りなく近い容姿とイメージのトム・ハーディがあまりにもエディ・ブロック役>>続きを読む

ブラザー・ベア(2003年製作の映画)

3.5

ディズニー作品制覇シリーズ。フィル・コリンズが『ターザン』に続き音楽を手がけた本作を鑑賞。他にもティナ・ターナーも歌っていたり豪華!

はるか昔、狩猟民族のイヌイットの三兄弟である長男のシトゥカ、次男
>>続きを読む

ハリウッド玉手箱(1944年製作の映画)

3.5

時は1944年、太平洋戦争真っ只中。兵士およびアメリカ国民を鼓舞するべく、ワーナー・ブラザースが抱える多くのハリウッドスターたちを集めた豪華すぎる一本。日本人が観ると若干気まずいですが、当時のスターを>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.4

ヘールシャムにある施設で育ったキャシー、トミー、ルース。外界と隔絶されたこの施設には多くの謎があり、真相は子供達にも一切知らされていなかった。しかし、見かねた担当のルーシー先生が教室の生徒たちに彼らの>>続きを読む

ディセンダント2(2017年製作の映画)

3.6

ディズニー・ヴィランズの子供たちの活躍を描いた続編を鑑賞。

今度は前回登場キャラに加えて、『ピーター・パン』のフック船長の息子、『リトル・マーメイド』のアースラの娘、『美女と野獣』のガストンの息子な
>>続きを読む

炎の少女チャーリー(1984年製作の映画)

3.3

突然思い立って鑑賞(笑)。スティーブン・キング原作、幼い頃のドリュー・バリモア主演のサスペンス(ホラー?)。

大学在学中に新薬の被験のアルバイトに参加して知り合ったアンディとヴィッキー。その結果超能
>>続きを読む

タイタニックの最期(1953年製作の映画)

3.5

裕福な貴婦人ジュリアは、息子のノーマンと娘のアネットを連れてタイタニック号に乗船。ジュリアと不和が続いていた夫のリチャードは半ば強引に彼女を追いかけ、乗船するが...。

タイタニック号沈没事件をテー
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.6

実生活でもご夫婦のマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが共演した、とある両親と子の物語。

灯台で密やかに暮らす新婚夫婦。二度にわたる流産に苦しんでいた二人の前に、女の子の赤ん坊とその父
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.6

とっても泣けるピクサー作品でした。私たちの心を司る感情(喜び、悲しみ、嫌悪、恐れ、怒り)がどのように機能して、私たちを人間らしく形取ってくれているのかという大変興味深いテーマ。本当にディズニーの着眼点>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

お仕事のご縁で、今年最も観たかった作品を一足お先に試写会にて鑑賞。実はおととしのQueen来日公演で、花道前最前列の席(アダム・ランバートやブライアンが至近距離3メートルにいる状態)という一生分の運を>>続きを読む

虹を掴む男(1947年製作の映画)

3.4

ダニー・ケイ主演作なのでミュージカルなのかと勝手に思い込んでいましたが、そうではなかった...。『LIFE!』の元ネタとなった作品。一括りにコメディ、サスペンスとはできないので、「サスペンス・コメディ>>続きを読む

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

3.8

ついにMark本数2,200本目達成!嬉しくて'I feel good!'ということで、本作です(笑)。

【ファンクの帝王】の異名を欲しいままにする伝説のシンガー、ジェームス・ブラウン。もう亡くなっ
>>続きを読む

コーラス(2004年製作の映画)

3.9

またもやフランス映画が続きます。ずっと気になっていて観られてなかった教師ものの秀作。

戦後間もない1949年のフランス。音楽教師のマチューは、「池の底」と呼ばれる孤児や問題児を集めた寄宿学校に舎監と
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.7

『最強のふたり』『ショコラ!』のオマール・シー主演。プレイボーイとして鳴らした男が、一夜だけ関係を持った女性に突然子供を託され、シングルファーザーとして奮闘するお話。

とにかく色彩感豊かな作品でした
>>続きを読む

アバ/ザ・ムービー(1977年製作の映画)

3.4

過去鑑賞。ラッセ・ハルストレム監督作品だったなんて知らなかった!本当に長いキャリアの持ち主なんですね。

アバのオーストラリア公演に密着した、いわゆるモキュメンタリー。レコーディングの合間のオフショッ
>>続きを読む

ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!(2004年製作の映画)

3.5

日本では映画館での公開がされなかったかなり珍しいディズニー作品。
サウンドトラックにはk.d.ラングやティム・マッグロウが参加し、声優陣もジュディ・デンチ、ランディ・クエイド、スティーヴ・ブシェミなど
>>続きを読む

スペースボール(1987年製作の映画)

3.2

メル・ブルックス監督による、『スター・ウォーズ』など数々のSF作品をパロディしまくったコメディ。

はるか銀河系の彼方に、治める星の大気が薄くなったことから近くのドルイデア星の姫を人質に、大気を奪おう
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

全編がPCのスクリーン上で展開されるという話題作を早速鑑賞。同じような作品でSkypeを使った『アンフレンデッド』という作品もありましたが、本作はホラーではなくサスペンスなので、より現実に起こり得ても>>続きを読む

コクーン(1985年製作の映画)

3.8

ずっと観たかった作品。SF映画ながら、主人公はなんと老人ホームで暮らすおじいちゃんたちという異色な一本。

フロリダの老人ホームで暮らすアート、ベン、ジョーの3人組は近所にある空き別荘にあるプールで泳
>>続きを読む

アトランティス/失われた帝国(2001年製作の映画)

3.4

ウォルト・ディズニー生誕100周年の節目に作られた作品。当時としてはかなり画期的な映像美、そしてダイナミックなアドベンチャー大作として話題になっていた印象。

博物館で学芸員として働く言語学者のマイロ
>>続きを読む

ホーカス ポーカス(1993年製作の映画)

3.6

ハロウィンシーズン真っ只中ということで鑑賞!

1693年のセイラムで、子供たちの精気を吸って生き永らえてきた魔女の三人姉妹、ウィニー、メアリー、サラ。村の人々によってようやく縛り首にされたが、それか
>>続きを読む

(1957年製作の映画)

3.8

太平洋戦争の最中。空襲により動物たちが脱走してしまうことを懸念し、戦時猛獣処分が行われたという悲しい歴史を元にした秀作。エノケンさんがコメディ演技を封印し、極めてシリアスな作品でした。

あの有名な児
>>続きを読む

>|