みおこしさんの映画レビュー・感想・評価

みおこし

みおこし

Quentin Tarantino / Billy Wilder / Guy Ritchie / Martin Scorsese / Alan Parker
とことん雑食。クラシック映画から最新作、名作からB級珍品までなんでも観ます。9歳から本格的に観始め、現在24歳の社会人3年目。ハリウッド映画と香港映画が大好物、邦画とヨーロッパ映画を勉強中。どんな映画もオススメする、がモットー!

映画(2096)
ドラマ(44)

ボーイズ・オン・ザ・サイド(1995年製作の映画)

3.6

ハーバート・ロス監督作品、ウーピー・ゴールドバーグ主演。共演はドリュー・バリモアとメアリー・ルイーズ・パーカー。

しがないシンガーのジェーン、真面目なビジネスウーマンのロビン、夫のDVに悩むホリーの
>>続きを読む

踊る結婚式(1941年製作の映画)

3.7

ニューヨークのミュージカル・コメディーの舞台監督マーティンは妻がありながら無類の女好きで知られ、今回もバックダンサーのシーラにダイヤモンド入りの腕輪を贈るが、拒絶される。窮地を脱するべく、振付家のロバ>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

話題作をようやく鑑賞。心にズシンと響く骨太なドラマ、これはパルムドール受賞も納得...!

「家族」の形とは何か、特に叫ばれる時代だからこそ、この題材にはグッときました。
血の繋がりがあるからといって
>>続きを読む

リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸(1988年製作の映画)

3.5

過去鑑賞。懐かしすぎる...!

プロントザウルスの赤ちゃんであるリトルフットと仲間たちが、波乱の道のりを超えて『緑の谷』を目指すという、アニメながら大人向け要素もバッチリの名作アニメーション。スピル
>>続きを読む

トムとトーマス(2002年製作の映画)

3.6

過去鑑賞。

画家の父と暮らす9歳の少年トーマスには、トムという空想上の友だちがいた。ある日、トーマスの前に本物のトムが現われる。実はトムとトーマスは幼い頃に生き別れた実の双子だった...。

舞台は
>>続きを読む

のび太の結婚前夜(1999年製作の映画)

4.0

過去鑑賞。

今までで一番泣いた映画は『トイ・ストーリー3』『パーフェクト・ワールド』『二十四の瞳』『ニュー・シネマ・パラダイス』『リメンバー・ミー』そして紛れもなく本作(笑)。

国民的アニメーショ
>>続きを読む

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

3.4

過去鑑賞。なぜか小学生で初見、色んな意味でブッ飛んだとはいえ、具体的な本作のユーモアには気づけていなかったのですが、高校の時に再び見直してこの凄まじい下ネタレベルに度肝を抜かれました...(笑)。>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.5

過去鑑賞。

中島哲也監督作品の中ではダントツで好き!ドラマ版も良かったけれど、このポップで毒気のある世界観がついつい病みつきに。昭和の文化も満載で楽しかったです!

常に男に頼ってしか生きていけない
>>続きを読む

雨のニューオリンズ(1965年製作の映画)

3.5

アメリカ南部の街で、下宿の女主人の母と妹と住むアルバ。彼女の美しさに男性の誰もが虜になるが、ある日都会からやってきたオーウェンという男だけはなびかない。当初はムキになって強く当たっていたアルバだったが>>続きを読む

ブリングリング(2013年製作の映画)

3.3

ソフィア・コッポラ監督作品。実際にロサンゼルスで起きた、セレブたちの邸宅だけを狙ったティーンエイジャー窃盗団を主人公に、彼らがなぜ行動に出たのかを描いた一本。エマ・ワトソン主演。

転校してきたばかり
>>続きを読む

浮雲(1955年製作の映画)

3.7

高峰秀子さん作品を鑑賞中。邦画史に残る名作!

戦時中の1943年、農林省のタイピストとしてベトナムへ派遣されたゆき子と、農林省技師の富岡は現地で恋に落ちる。しかし富岡には妻がおり、帰国してからもなか
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

3.2

ジョシュ・デュアメル様主演ということでチェック。予告編を観た時はすごく面白そうだなと思ったのですが、トラウマレベルの内容だったのでしばらくレビューも書けませんでした...。

誤って自殺の場面を放映し
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.5

完全に映画館に行くタイミングを逃して早2年。やっと鑑賞できました!大ファンのエレン・デジェネレスの久々のドリー役にテンションMAX!あらすじは割愛。

前作はカクレクマノミのニモを探すための旅がテーマ
>>続きを読む

わが心に歌えば(1952年製作の映画)

3.7

伝説の歌手ジェーン・フローマンの伝記を描いたミュージカル。スーザン・ヘイワード主演ながら、歌声はフローマンご本人のものなのだとか。

1936年、歌手を目指す娘ジェーン・フロマンは、才能を認められシン
>>続きを読む

雨に濡れた欲情(1953年製作の映画)

3.2

過去鑑賞。まるでちょっと官能小説のようなタイトルですが、そんなことはなくリタ・ヘイワース姐さん主演のミュージカル。

ホノルルからニュー・カレドニアに向う船の乗客であるサディ・トムプスンは、道中とある
>>続きを読む

四月のパリ(1952年製作の映画)

3.7

ドリス・デイと、『オズの魔法使』のレイ・ボルジャーの共演作。二人とも元気印という感じの役者さんなので、観ているこちらまで元気になってくる快作でした!

外務省の職員サムは、パリの国際芸術祭に大女優エセ
>>続きを読む

ファニー(1961年製作の映画)

3.7

好きな女優さんのレスリー・キャロン主演作。しかも共演はモーリス・シュヴァリエとシャルル・ボワイエという、往年のフランス出身俳優さんが揃い踏み。元々はミュージカルだったそうですが、歌やダンスなしの人情喜>>続きを読む

カルメン故郷に帰る(1951年製作の映画)

3.6

戦後日本初のカラーフィルムとしても名高い高峰秀子さんの代表作の一本。

上州北軽井沢の浅間山のふもとの村で育ったおきん。家出をして東京に行ってしまうが、ある日、リリィ・カルメンという芸名に変わった状態
>>続きを読む

シュア・シング(1985年製作の映画)

3.8

ジョン・キューザック出演作品コンプリート目指して!

お気楽大学生のウォルターは、トープ教授の講義を一緒にとっている同級生アリソンに一目惚れするが、なかなかその想いは実らない。ある日、高校の同級生で現
>>続きを読む

感激の町(1941年製作の映画)

3.9

『少年の町』の続編。フラナガン神父はもちろん、ホワイティーやピーウィーなどの主要キャラクターも皆続投!少し成長したみんなに会えました。青少年向けの保護養育施設「少年の町」のその後を描いた物語。

個人
>>続きを読む

少年の町(1938年製作の映画)

3.6

恵まれない少年たちを救う施設「少年の街」の創設に寄与し、実在したフラナガン神父の奮闘を描いた作品。

この当時から、恵まれない子供たちへの支援を呼びかける福祉運動は既に盛んだったのだなと...!
神父
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

俺ちゃんが帰ってきた!ということで、絶賛大ヒット中の本作を早速鑑賞。

前回は1作目ということで、まだ悪ふざけの探り探り感が多少見て取れたのですが(笑)今回はもうそんなことお構い無しにさらにレベルアッ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

ケヴィン・スペイシーの怪演も、今となっては幻となってしまった本作。ギャラ問題などの困難を乗り越えて公開へと至ったようですが、さすがはリドリー・スコット監督の手腕炸裂!骨太なサスペンスドラマになっていま>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.8

女手ひとつで3人の子供を育てながら、職探しもままないシングル・マザーのエリン。信号無視の車に衝突されたことから、弁護士のエドワードに弁護を依頼するが、彼女の社会的信用が低いために金目当ての当たり屋と判>>続きを読む

忘れられない人(1993年製作の映画)

3.7

クリスチャン・スレイターとマリサ・トメイ共演の切ないラブストーリー。最近「セクシーすぎるメイおばさん」ことマリサが私の中でマイブーム!

生まれつき心臓に欠陥があるアダムは、働いているカフェのウェイト
>>続きを読む

コンチネンタル(1934年製作の映画)

3.6

歌手兼ダンサーであるガイは、親友のエグバートとパリからロンドンへ帰る道中、ある女性の服がトランクに挟まれているのを助けるが、彼女は名前も告げず立ち去ってしまう。一目惚れの末、ある日偶然彼女と再会するが>>続きを読む

パーティ(1968年製作の映画)

3.3

好きな監督であるブレイク・エドワーズと、名優ピーター・セラーズのコラボレーション。しかも音楽はヘンリー・マンシーニ!もう『ピンクの豹』や『ティファニーで朝食を』など60'sのエドワーズ作品が好きな人に>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

ニューヨークでも大々的に宣伝していて、気になっていた本作をようやく鑑賞。最近ロック様大作に引っ張りだこで大変ですね...!
危険すぎるカーアクションに巻き込まれたり、ゲームの世界に飛び込んだり、海辺で
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

原作ファンが観たら、どんな感想を抱くのかがとにかく気になる一本。淡い色彩の中で愛くるしい動物たちが織りなす、癒しの物語かと思いきや、マグレガーさんと動物たちの容赦ない死闘っぷりに唖然...(笑)。>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

今やストップモーション・アニメーションを手がけるクリエイターは数少なくなりましたが、この2018年にそれでもなお地道な撮影も厭わず精巧な作品を創り上げる、「ひつじのショーン」シリーズのアードマン・アニ>>続きを読む

27クラブ(2017年製作の映画)

3.4

27歳の若さで旅立ってしまった音楽界を代表するカリスマたちを総称して、「27クラブ」と呼ぶのですが、その中でも特に有名な6人の人生に迫るドキュメンタリー。

ブライアン・ジョーンズ(ローリング・ストー
>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.3

深い森に囲まれた数十人のみが暮らす村があった。その森には決して立ち入ってはならないという掟があり、境界線を越えないように人々は暮らしていた。しかし、ある日を境に森の周辺で不審な出来事が続き、ついに少年>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.7

アードマン・アニメーションズ最新作にして、エディ・レッドメインとトム・ヒドルストンという今を時めく英国スターが主演という最強の取り合わせ。素敵な機会をいただき、一足お先に鑑賞!
あらすじは割愛します。
>>続きを読む

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946年製作の映画)

3.6

片田舎のガソリンスタンド兼ダイナーに、やってきた流れ者の男フランクは、オーナーの美人妻コーラと瞬く間に恋に落ちる。コーラとの関係を理由にそこで働き始め、密かに逢瀬を重ねるうちに、いつしか二人はオーナー>>続きを読む

プレシャス(2009年製作の映画)

3.7

ニューヨークのハーレム。クレアリース・"プレシャス"・ジョーンズは、16歳にして二度の妊娠を経験し、粗暴な母親からの過酷な虐待を受けている。全てがどん底に見えた彼女の世界が、教師やソーシャルワーカー、>>続きを読む

僕の大切な人と、そのクソガキ(2010年製作の映画)

3.8

しがない中年男のジョンの前に現れたのは、歳の近いシングルマザーのモリー。運命の出会いに2人は胸をときめかせるが、モリーにはサイラスという22歳の息子がおり、その彼こそ曰く付きの問題児だった...。>>続きを読む

>|