mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

-

大号泣でした
特にスネイプ先生の記憶
涙無しではスネイプ先生を語れないです
スネイプ先生とリリーの「Always」の言い方が全く同じでそこでもまた泣きました
見終わってしまった…喪失感すごい
ネビルー
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

-

いよいよクライマックス!
いつ敵が来るか分からないハラハラ
誰が味方か誰が裏切るか分からない
ロンにちょっとイライラ
ハーマイオニーって大人だよね
ハリーもロンも幼い!ってなる時多い
ジョージの「モー
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

-

最後に全てを持っていかれて感想が出てこない……何書こうとしてたか……
どんどん孤独になって苦しそうなマルフォイを見てられない
ハリーをからかってた頃が懐かしいよ
半純血のプリンスが誰か忘れちゃってたよ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

-

泣いてしまった🥲︎
前見た時は泣かなかったのに
以前はなかった感情が……
「僕達はヴォルデモートが持ってないものを持ってる」そうだよー!その通りだよ!なんか前は普通にファンタジーを楽しんでた
現実とは
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

-

よいー!
また原作も読みたくなった
上下巻を1本の映画にしてるからかなり省かれてる
はず
みんな14歳には見えないんだが
セドリックほんまイケメンやわ
クラムって脳筋キャラだけどハーマイオニー選ぶのめ
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

-

結構忘れてるところあって楽しめた
伏線回収的なのが多いのがアズカバンの囚人だよね
この頃からもうみんな結構成長してきてネビルとか
イケメンを隠せなくなってきてるのよ笑笑
シリウスかっこいい...大好き
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

-

秘密の部屋も好き!
まだみんなあどけなさが残ってる
結構謎解き感あって楽しい
マクゴナガル先生が大好きなの
先生の中で1番好き

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

-

アマプラに追加されてたからもう何回目かわかんないけど見返してる!
やっぱりなんだかんだ賢者の石が1番好きかもワクワク感がたまらん!
前に見た時はハリーたちと同じ感じでわたしも入学したーい!って感じだっ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

難しいと言うか全部は理解できなかったけど面白かった
AKIRAの存在は私には原発とか、核兵器とかに思えて、いつか私たちの手で日本だけでなく世界を滅ぼしかねないと思った。

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

-

タイトルの意味が2転3転
面白かった
結局どこまでが本当なの?
最後隣の席は…?

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

-

泣ける
りかさんが笑顔を絶やさなかったわけも、姿を見せなくなったわけも
優子ちゃんを誰よりも愛してたからなんだね

石原さとみ何着ても似合いすぎる
幼き頃の優子ちゃんの服かわいい

何者(2016年製作の映画)

-

朝井リョウが原作なだけあってちゃんと落とし所みたいなのがあって面白かった

キャスト豪華
岡田将生嫌な髪型だけどかっこいい

これが就活のリアルだとしたら私には向いてないし、やりたくない!!!
働きた
>>続きを読む

リトル・フォレスト 春夏秋冬(2018年製作の映画)

-

良い〜!
かなり好き、これはリピしたくなるタイプの好き
日本の田舎暮らしと似てるなー、お好み焼き出てきた
いいなー、時間が過ぎるままに、季節が巡るままに生きるというか
本来の人のあり方というか

大事
>>続きを読む

テイラー・スウィフト:THE ERAS TOUR(2023年製作の映画)

-

はーーーー!
余韻やばい、、、
映像の、画面越しのテイラーでも鳥肌がやばかったのに直接会えたら倒れちゃうかも
こんなに全部の曲が最高で、顔も可愛くて、スタイルも異次元で、パーフェクトなアーティスト他に
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

-

うーん、私はあんまりハマらなかったかも
そもそもの設定が飲み込めなくて世界観にものめり込めなかった
結局なに?ってなっちゃった
もう一度みたら理解できるかなー

梅切らぬバカ(2021年製作の映画)

-

大事件が起きるわけでも、社会に対する問題提起でもないけどなんか良かった
だからこそこちらも構えないで見れたから、どうしても違う生き物として特別扱いして接してしまう時があるけど同じ人間なんだって思えたし
>>続きを読む

ざわざわ下北沢(2000年製作の映画)

-

田中裕子目当てで見たけどあんまり出てこなかった
でも、数分のシーンですごく演技が素敵なことが分かった
私結構こういう雰囲気の映画好き
下北沢は今もこんな感じなのかな
今はもっと洗練された感じ?行ったこ
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

-

仲野太賀が好きだから見れたけどあんまり刺さらなかった私には

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

-

思わず、え!終わり?!って声出ちゃった
面白かったけど!
すごいなー
これ言ったらネタバレみたいになるかな
あわせ鏡みたいな不思議さがある

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

-

松坂桃李かっこいいー
本当にこんなことってあるのかな
ヤクザって本当にこんな感じなのかな
虹郎くん演技上手いねー
さすがだね
西野七瀬もこんなに演技上手いと思ってなかった

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

-

前作より感動系でした
良かった
相変わらず面白い
今回こそは騙されんぞーと思って見てたけどダメだー!騙された
2段階で面白かったね
信じればそれが真実!

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

-

相変わらず面白いこと
テンポよくてあっという間に見終わっちゃう

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

なんか終始切なくて、綺麗だった
愛を与えるべき時に与えなかった母親の罪は重いよね、あとから与えればいいってもんじゃないから

シャイニング(1980年製作の映画)

-

ポスターはあのシーンなのか
こんなのがなかったら冬の間ホテルの管理人すること自体は楽しそう
ファッションとかホテルの内装とか可愛かった
こんなことあったら一生のトラウマだわ
音楽がハラハラを加速させる

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

-

今まで見たジブリ作品の詰め合わせで、(それがジブリ大好きな私には至福)集大成で、宮崎駿の美学を見せつけられました。
何よりもジブリ映画を初めて映画館で見た感動が凄かった
まあ、窓に映る空の描写とかがい
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

-

アル・パチーノカッコよすぎやー
でも手段を選ばない男すぎて怖い
ナタリーポートマンも出てたんだ

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

-

最後は結局なんだったんだろう
生みの親を蔑ろにした罰なのかな
会話も少なく、定点カメラで撮る感じがドキュメンタリーぽくて、この世界のどこかでこんな不気味な出来事がもしかしたら本当に起こってるのかもって
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

-

はー、良かった
余韻が抜けない
三部作通して全部3時間超えなのに面白くて一気見した
ハリポタに似てる感じもあるけどこっちの方が戦い!って感じでもっと激しい
私の推しはオーランド・ブルームです
ほんとか
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

-

1作目と劣らず良かった
三部作でここまで長編なのに飽きないし、映像がほんとに綺麗
相変わらずオーランド・ブルームがかっこいい!

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

-

ハリポタ好きな人は絶対に好き
私は大好き!ハマった
続きが見たい
世界観がすごく好き
オーランド・ブルームカッコよすぎる
弓で戦うのがいいね
ケイト・ブランシェットも出てるんだ!
良かったー、それぞれ
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

-

こんなに目が離せない映画は久しぶりです
初っ端から眉をひそめたくなるような激しい戦いのシーンが続く
マンネリ化しそうな戦闘シーンも色んな人の視点があって飽きないし、ハラハラする
俳優陣も見たことある顔
>>続きを読む

緑の光線(1986年製作の映画)

-

私も1度は見てみたいな、緑の光線
寂しいとは思いつつも自分から行動する気力はなくて自然と出会いたいと思ってる私と、デルフィーヌは似てる部分があって共感もできるけどイライラするところもあった
パリの休暇
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

-

音楽と映像がオシャレだね〜

青春だね〜
夏だね、夏休みに見て正解の映画だね
失ってから大切さに気づくよね、取り戻せてよかった

これが好きな人ちょっとテイスト違うけど僕だけの山の家っていう本おすすめ

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

-

“大人になってからでもできることをやったりするほど私たちは呑気に生きてはいない”
最後急にメッセージ性詰め込むじゃん
今、高校生の人達に言いたいことはひとつ
制服って本当に可愛いんだよ、毎日着なさい
>>続きを読む

リトル・ガール(2020年製作の映画)

-

見てよかった
知れてよかった
サシャ、誰がなんと言おうとあなたは女の子だよ
“性別を選べず生まれてきただけ”
親のあり方に答えは無いけれど、きっとこれが正解なんだろうな
でも、サシャが言いたくないこと
>>続きを読む

>|