宮こさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

宮こ

宮こ

映画(48)
ドラマ(0)

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ヒューグラントのどんくささの中にある男性の包容力と、ジュリア・ロバーツの美しさ、また、「私もただの女の子だ」と訴えるシーンを観るため何度も見てしまう。周りの個性的なキャラクターもこの映画の魅力であり、>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

5.0

ラブコメ好きにはたまらないリピート作品。何度観ても最初のときめきが消えないのが不思議で魅力的。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

本物の血を出しながらマインズテラーが演奏するシーンは圧巻。ストーリーを抜いても演奏だけ観てもいい映画。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

耳が覚えやすい心地よい音楽と、細部までこだわった演出と俳優さんたちのダンス、歌、演技全て素晴らしい。ノンフィクションだが、そこは気にせずエンターテイメントとして純粋に観賞する用。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の逆転劇がなんとも気持ちいい。このような強さとかっこよさをもって人生を生きたいと感じる作品。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

女性にとってはナタリー・ポートマンのファッションや雰囲気を真似したくてそっち要素ばかり気にしてしまう映画。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

SFの良さを思い出させてくれた作品。約3時間の他より長い映画ではあるが、そうは感じさせない見事な演出。

|<