みさんの映画レビュー・感想・評価

み

映画(353)
ドラマ(12)
アニメ(0)

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

-

みんな仲良くないけど認め合ってるような距離感が良い

イディオッツ(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

障害者に対して何の尊重もなく、差別意識を持っているからこそ、人の偽善を利用して行動することができる。社会から逃げてきた彼らにとっては、差別なく接してくる人よりも、関わらないようにする偽善すらない人のほ>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

-

ラースフォントリアーは主人公に投影しているかのよう
ダンテの神曲

イルマ・ヴェップ(1996年製作の映画)

-

マギーチャンが美しすぎる
マギーは純粋に、監督も映画も好きで役に入りすぎるほどなのに、この疎外感と孤独感。逆に、それがあったから役に入り込むしかなかったのかもしれない。

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

-

開放的なスタジオに閉鎖的な人々。
1番傲慢なのは村人ではなくグレースだと思った。神話のようで、人によって見方が変わると思う。

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

-

ティモシーが相変わらずかっこよくて演技もうまくて最高
物語としては、豪華製作陣と今を輝く俳優を起用している時点で、今までのチョコレート工場とはまた違った感覚で観ないとダメかも

私、オルガ・ヘプナロヴァー(2016年製作の映画)

-

彼女の性格は先天的なものだと思ったので、死刑を宣告するのに違和感を感じた

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

-

もちろん長く感じたけどまさか3時間半とは思えないくらい。犯人を推測するミステリー作品にならず、インディアンに寄り添った視点なのがいいです。
FBIの前身である捜査官が、早く結果を残すためにヘイルだけを
>>続きを読む

デッドマン(1995年製作の映画)

-

ジョニーデップはいつの時代も美しいが、モノクロかつ青年の役柄によって際立って美しく見えた

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

-

ふたりの儚さに憧れる理由も分かるけど、普通にジャンキーすぎ

BULLY ブリー(2002年製作の映画)

-

監督はこの実話のどこに映像化する魅力を感じたのだろう

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

-

髪切ったほうがかっこいい
エンディング以降、人を殺してないと信じれた

少林サッカー(2001年製作の映画)

-

楽しい!少年漫画のスポ根
最後のメイキングもいい

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

-

マインドセットすることって重要、何でもできそうな気がしてくる
幼い頃の体験や生まれ持った特徴で人間がつくられているし、やはりもがき苦しむことは生きているかぎりは必須でやらないといけないんだね
みんな頭
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

不純でも100%なら純粋になれるし、その純粋さが主人公に、そしてその周りに伝わったんだろうな

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

-

人生を漂流
部屋は人間と似ている
他人への壁が無い人は羨ましいな

>|