colgaさんの映画レビュー・感想・評価

colga

colga

基本的になんでも見るけど洋画の割合高め。映画好きな人と繋がりたい🤝今は海外ドラマにハマり中。社会人(21)🚺

映画(416)
ドラマ(63)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

切ない

教授の息子と大学院生
容姿端麗でかなり華奢な息子
イケメンでワイルドな院生。

初めはぎこちなくて
嫌いになるかもって言ってたけど
徐々に距離を縮めていく2人。
女友達にも揺れ動いたり
つま
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

他に捨てた人がいるんじゃないですか?

万引きが生業になってる
寄せ集めの家族。
不穏な雰囲気になるわけでもなく
ゆるーく進んでく気がした。

初めは無口で表情も乏しい"りん"
怒らない?叩かない?
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.3

危機

お互い何も言わなくなって
最後は関係が破綻する。
その前にカウンセリングでも
何でもいいから行動するのみ。

こんな風になるのは寂しいけど
似たような夫婦大勢いそう。

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.0

何がしたいの

パケ借りしたから
想像と内容が全く違った。
隠そうとすればするほど空回る
独身さよならパーティー?

いやー、でも
これで選挙当選してたら世も末よね。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

ヒーロー界の異端児

前作に負けず劣らず
なんならパワーアップしておかえり!

初めから衝撃シーンだったけど
ポップなちょいグロは今回も健在。
基本的に笑える要素満載でした。

王道ヒーローもいいけど
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

ゲティ家は一般人ではない。

酒と麻薬に溺れた元夫。
その父親は世界一の大富豪。
孫として生まれたポールは誘拐される…
そこそこいい年齢で。
義理の娘と富豪の父親と孫。
さて、孫の運命は。

ひょこっ
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.1

猫の蚤〜取りましょう〜

阿部寛が可愛い可愛かった。

ただ所々、聞き取れなくて
うまく内容を掴めなかった。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

愚かな姉弟

倫理的観点がって言うくせに
人道を外れたことする人間。

DNAをいじって巨獣を作成。
宇宙で失敗したが
ひょんな事から地球へ…
ゴリラ、オオカミ、ワニ
可愛らしい動物を
醜い姿にかえて
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.8

なぜ。

ボロボロにされ殺されかけて
死を目前に引き戻される。
捕虜になれば生き地獄決定。

テロも戦争も民間人を巻き込む。
外国人を無差別に殺すなんて
全く意味をなさないのに。

ビンラディン亡き今
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

2.5

謎のタワー

方向性がよくわからない。
高層階と低層階の対立は
あるだろうけど
何を伝えたいのか…

独りになりたい医者?
んーーー、うん。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.8

うーん、難しい。

あどけなく儚いジェシー
モデルを目指すべく事務所へ
トントン拍子に進んで行き
他のモデルから羨望の眼差し。

自然の美しさと作られた美しさ
美しさに差はあるのかないのか。

何かと
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

疑わしきは罰せず

んーいいような悪いような…
もし殺人犯が野放しにされたら
周囲の人は恐怖だし…
冤罪を避けるためには必要だけど
証拠不十分って決め手に欠ける。

愛する人を殺されたとして
大人しく
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

今日の仲間は明日の敵

終始ハラハラが絶えない。
9.11直後の最初の攻撃は
12人のアメリカ兵と
ドスタム将軍率いる戦士たち。

8歳を過ぎたら教育不要。
これだけの理由で殺された母親
それを見てい
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

嫌われ者チャーチル

国会が分裂して、首相が辞任。
そして選ばれたチャーチル。
辛辣なうえに怒鳴り散らすし、
一度の失敗で煙たがられる存在に。

イギリス存続のために
ヒトラーと交渉するのか
最後まで
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

喪失感が…

人口爆発してるのは問題だけど
サノスのやり方は嫌い。
無作為に選んで消すとか、
いやー、もうだめだ。
暫く引きずりそう。

次回作で
この喪失感をどうにかしてほしい

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

安室さんかっこいい

違法捜査って簡単に言うけど、
何してもいいのかーって。
やむを得ない事もあるんだろうけど、私利私欲のために権力振りかざしそうで公安って少し怖い存在かも。
近年増えつつある破茶滅茶
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.3

とってもキュート!

全部がレトロで見てて飽きない。
ローズが可愛くて可愛くて
なんでも楽しんでるのか
直向きに頑張ってるのが愛らしい。

なぜそこまでルイが好きなのか
私には不思議でならないけど
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.7

何にでもなれる

たった1ヶ月の物語
だけど温かく楽しい時間が流れて
幸せな記憶が残ってる。

個性豊かな3人だから
最後の最後まで
笑顔でいれたのかな。

何はともあれ
人生楽しんだもん勝ち!
だっ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

報道の自由

大統領何代にもわたり隠してきた
"最高機密文書"の存在。
それが報道側の手に渡った時
政府と報道の自由が争う。

タイムズとポスト
そして地元紙との繋がり。

おめでとう、報道の自由!
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

美しきバレリーナ

バレリーナとして活躍してたけど
ある2人の企みのせいで道を絶たれ
そこにやってきた叔父。
ここで狂わされた人生。

なんかもう…
拷問シーンしか覚えてない。
痛い痛い痛い。泣き叫ぶ
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

突然の解雇宣告

いつもの帰宅途中、突然現れた女。
"仮定の質問"から状況が変わって…

"カバンの中身とプリン"
少なすぎる情報を元に探し出す。
初めてみる乗車客はもちろん
常連さえも怪しく見えてく
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

とってもキュート

家族と仕事 ここが分かれ道

犬猿の仲っぽいのに
過ごす時間が長くなると
やっぱり何か芽生えてくる。
ベイビーの大きな野望さえ
とっても可愛く思えて
家族を取られたくない息子にも
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

屈強な3人

子供の頃から問題児扱いされ
何かと疎まれてきた幼馴染の3人。
途中、バラバラになってしまうが
大人になっても友情は変わらず。

戦場で人を助けたいと入隊を決意
希望の部隊には入れないけど
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.8

美しき王妃

中だるみ?ってゆうのかな
途中で少し飽きてくる。
そして思ったよりも
楊貴妃と阿部寛の時間が短くて
なんだかとても残念。

映像自体は綺麗だったけども
これはファンタジーだ。

楊貴妃と
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.5

小・中学生くらいの喧嘩見てる感じ

でも、あーわかる!あるある!
って少し微笑ましくもあった。
どんなに嫌い合って憎くて
邪魔で嫉妬に狂いそうでも
永遠の別れが目の前になると
ふと、我に返って
死なな
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

楽しかったー!

国王の肉体美
スキンヘッドの女戦士
雪降る崖に住むゴリラ

みんな個性が溢れてて美しい。
とてもドキドキハラハラしたし
国王弱い??って思ったけど!
ゴリラ優しいじゃないの〜
抜群の
>>続きを読む

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

3.1

SATCの一瞬で靴に惚れた。
華奢な作りでも存在感のある
とっても綺麗なシューズ。

マノロ本人はチャーミングで
優しそうなおじいさん。

いつか絶対買う

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.2

男は愚かな生き物だ

美人好きなのわかるけど
可愛らしい人もいいけど
結局顔なのか!って。

父も祖母も可哀想だし
ルイくんも不憫だし…

終わりはすっきりしなかったかな

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.9

ドリスだけの世界

洋服を作る世界と
ショーの裏側を垣間見れた。

モデルは男女ともに細すぎるけど
ドリスの洋服を着て歩くことに
ワクワクしてる感じがして
体型維持も苦ではないのかなって
少し味方が変
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

サーカスの生みの親

終始音楽で溢れてた。
思いがけない出会いから始まって
詐欺師と言われても
一部地元の人から嫌われても
来場者のために頑張る。
途中から成功に執着しすぎて
二兎追うものは一兎も得ず
>>続きを読む

>|