Makさんの映画レビュー・感想・評価

Mak

Mak

映画(33)
ドラマ(3)
  • List view
  • Grid view

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

2.8

まだ女性の権利が確立されてなかったころの、本当にあったお話し

マイノリティな存在に注目してて、そこはとっても素敵なんだけどもう一押し欲しかった気もする、、、

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.7

最後の最後まで楽しかった

小日向さん好きだー😌♥️

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.5

頑張ってる人は男の人でも女の人でもかっこいいし人を惹きつける
歳をとってても若くても何かに向かってる人はかっこいい

私も素敵な人になりたいなあ、と思いました

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

3.2

そこそこのコメディなのかと思ったら最後の展開で一気に魅了された

その一瞬で、胸いっぱいになって涙溢れた

そらのレストラン(2019年製作の映画)

3.5

北海道に行きたくなる自然が最高だった

両親が農家で田舎町出身の私からしたら、carharttが作業着な農家さん見たことないし、急に岡田将生みたいな人が来たら飛び跳ねて喜ぶ(笑)

ほっこりする素敵映
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

ティモシーくん出演作っていうので今更ながら見た作品

sfものってあんまり見たことなくて、現実味がない感じなのかなあ、って見る前は思ってた
でもこの先起こりそうなことではあるからなのか夢中になれた🌟
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.0

とにかく熱くてかっこいい

夢中になれるものが、大好きなものがあるって素敵だし眩しくて、私もこんな高校生活送れてたらなあとか思っちゃった

かるたを弾くときの映像がとっても素敵で見てて楽しかった~

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.0

小学生のとき原作読みまくってたなあ、、

努力家で、仕事もしっかりこなしてて自分を持ってる。ピンフリやっぱり好きだー

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

2.8

久しぶりに見た〜
友達と見に行って騒ぎまくったの懐かしい🤧

友達も、恋愛も、いっぱい
恋って大変、いろんな感情が詰め込まれてて、まっすぐに突き進むみんなが眩しかった

劇場(2020年製作の映画)

3.5

さきちゃんの気持ちめちゃくちゃわかるし
何か自分見てるみたいで感情移入しちゃった


幸せとはほど遠い感じで辛い方が圧倒的なのに目が離せなくってすっげえ面白かった、映画館で見たかった

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.2

大学の課題で、NZのラグビーについて分析してるときに、南アのラグビー、アパルトヘイト問題にたどり着いたのをきっかけに見ることに

南アのラグビーチームと大統領の実話に基づいた作品

スポーツの持つ力を
>>続きを読む

ハッピーログイン(2016年製作の映画)

2.8

好きな人の投稿にいいね押しまくるのも、ストーリー見て勝手に予想するのもあるあるすぎるし、そういうシーンがとっても微笑ましかった(笑)

SNSで簡単に連絡取れるけど
やっぱり直接自分の気持ちを伝えるこ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.5

初めて見たのは10年前の小3のとき
きっかけは音楽祭でエーデルワイス歌う、この劇をするってなったから

それまで内気で人前に出るのが苦手だった私が、マリア先生役を演じて、殻を破れたというか、明るく社交
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

痛々しすぎるけど私もこういう経験あるなあ、って刺さりまくった
どんな関係性でもいいから好きな人と繋がってたいのもめちゃくちゃわかる

正解じゃない、報われないって思ってても好きなものは仕方ない、でも苦
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

2.5

王道の胸キュンストーリー

どんな入り口でも何かに夢中になれたら別に良いのかなあ、と。
でもきっと高校生とかが見ないと面白くないのかな、とも思いました

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

2.0

うーん、
王道なんだろうけど、やりすぎ感が否めなくて苦手でした😔

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

「死」がいつどこでやってくるのかなんて誰もわからない
今この瞬間を大切にしよう、って思えた





留学なくなったからって落ち込んでないで今を楽しまなきゃ🤧

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.9

"タラレバ"言ってたらもったいない
自分で選んだ道なんだから楽しまなくっちゃ🤞🏻

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

わたしも多様性を受け止められる人にならないとなあ、

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

"No"ということで気づかないうちに可能性を潰してるかもしれない
やってみないとわからないことも沢山ある
全部"自分次第"だ

ターミナル(2004年製作の映画)

3.6

誰しも何かを待ってる
自分のためだけじゃない、愛する人のためにも
待つことは無駄じゃない

ビクターみたいに素直でまっすぐな、自分の気持ちをきちんと伝えられる人になりたい