ももさんの映画レビュー・感想・評価

もも

もも

映画(201)
ドラマ(0)

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

何回観ても響く。

のんの吹き替えがすずさんにぴったりすぎて。
江波の家族も呉の家族もすずさんの大切な家族。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

4.1

大好きな樹木希林さんはやはり素晴らしい。

母とはいつまでも子供の1番の味方でどんな時でもそばで寄り添う存在なんだと再確認した。

フラガール(2006年製作の映画)

4.0

なんだかんだと見てなかったのですが、とても良かった!

蒼井優ちゃんの瑞々しさ、時代背景、先生と生徒たちの熱意。これが実際のおはなしというところに胸が熱くなります。

蒼井優ちゃんの踊りのうまさよ。そ
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

2.8

すごいね、すごい。全員頭狂ってる。なので、ちょっと感情移入はしづらい。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.8

菅田将暉&小松菜奈の神がかった美しさと、あのど田舎の自然たち。あの年代の頃しか味わえないであろう感覚。方言も相まって胸に響く。なんか最後は切なくなったけど、でもすごく綺麗な映画だった。

凶悪(2013年製作の映画)

4.2

実話。人間の怖さがヒシヒシと伝わる作品だった。知らないだけで、こーゆーことは何処かで普通に行われてるのかもと思ってしまう。リリーフランキー、ピエール瀧共に名演でした。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.1

色々と話の展開が早くて、あの人どーなった?みたいなことがいくつかある。

あのシーンのあの意味は…みたいに解釈が難しいシーンがいくつかあって未だわからず。

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.8

辛いですね…
それぞれの立場、それぞれの考え方。


モッくんの昭和天皇の役も素晴らしかったです。

あん(2015年製作の映画)

3.7

最後の樹木希林のナレーション。
なぜ彼女のナレーションは、こんなにも心に響くんだろう。

世間とは本当に怖いし、でも生きてる価値は誰しも同じ。

わが母の記(2011年製作の映画)

4.0

大好きだった、樹木希林さんがお亡くなりなり見た。名女優という言葉より、人間としての深みをこの母親役をみてますます思いました。

凄いの一言。圧巻の役でした。
なんでだか自分の母かのように見てしまった。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.4

戦争映画でありながら、よくみる戦争映画とは全く違ってみえた。敵陣はほぼでてこず、台詞もほぼない。なのに常に窮地な臨場感は伝わってくるなんとも不思議な映画でした。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

スケールがすごい。時空を超えるとか、想像つかない世界だけど、夢のような話ではないのかもとも思った。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.5

悲しい結末。亡くなられたのはつい最近の出来事だ。守るものはたくさんあるが、自分自身が一番大切だ。ずっと手に汗にぎる映画でした。

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.5

機内にて。シンデレラ役の女優さんの可愛さったら… 思いの外におもしろかった!

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

映像きれいでした。お話しは置いておいて、三葉のピュアな純粋さ にグッときました。

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(2009年製作の映画)

4.1

三部作完結!これが一番面白かった!終わるギリギリまでハラハラ。

ミレニアム2 火と戯れる女(2009年製作の映画)

3.6

見始めると続きが気になり2を。3までみるしかないな、これは…

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

難しいけど面白かった!
終わりの解釈は人それぞれかと思うけど、ラストのセリフは真実で答えかと。誰にでも持ちうる心の傷やトラウマ、それはきっと他人にはわからない深い闇。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.3

行動ってなにをきっかけにやり始めるかわからない。一つ言えることは、行動しないことにはなにも始まらないってこと!

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

4.0

随分前にみて2回目の鑑賞。トムハンクス一人のシーンがほとんどなのだが、演技が素晴らしい。

告白(2010年製作の映画)

4.2

すごいの一言。人間の弱さ、脆さ、浅はかさ、残酷さ、愚かさ、虚しさが一気に露呈する。非常にテンポがよかった。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.7

テンポがよく、おもしろかった。大泉洋、いい役者。舞台となった駆け込み寺は、昔は本当にあったんだね。

悪人(2010年製作の映画)

3.8

見てたけど忘れてしまってたので見直し。わたし的に胸に響いたのは樹木希林さん。名女優だわ…

八日目の蝉(2011年製作の映画)

4.9

やっと見れた。ラスト15分前、涙止まらず。過ちを犯してるが、そこには母親としての愛しかない… ラストの船乗り場での永作さんのセリフ、もうそのセリフに全てが詰まってた。一気に涙でた。こーゆーお母さんに私>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

いかなる状況化でも、自分の信念を貫き通す強さというものはなによりもの勇気だと思う。戦争の凄まじさ、残酷さも去ることながらそういったものを強く感じた作品でした。

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.6

ひたすら絶望。でも何度窮地に立たされても戦うことを諦めない不屈の精神と仲間たち。緊張感がすごい。そしてこれがつい最近の実話ということがすごい。。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.3

飛行機にて鑑賞。
ストーリーは至って普通。ただ、映像はきれいだった。ファッションもかわいい。色彩豊か。

>|