もんすみんさんの映画レビュー・感想・評価

もんすみん

もんすみん

映画(43)
ドラマ(0)
  • 43Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

4.2

ゴチャゴチャした映像とガチャガチャした展開が最高。まろやかさが全く無い、めちゃくちゃ歪でゴツゴツした手触りの映画だけど非常にスパイシーで最高。

ロボット2.0(2018年製作の映画)

3.5

演者の緩慢な動きを最新技術でしっかりアクションして見える様に仕上げているあたりが個人的にツボでした。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

終盤の父と子の会話で涙腺にきた。ラストのラップシーンの展開が圧巻。リリックが熱い。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

冒頭のワンカットシーンが最高。映画全体の不穏な空気感が一発でしっかり伝わってくる。滑り出しが非常に秀逸なので、そこだけでも必見。
登場人物が誰もまともじゃないけど、ストーリーと展開がしっかりまともなの
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

4.0

グッときたポイントは映像美じゃありません。ストーリーの構築美です。展開が最高でした。想定以上にずっと丁寧に作り込まれていたので感服しました。観れて良かった

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

らしさ全開で満足!どんな展開もこの監督なら許される感があるけど、そんな気持ちになれるのは実績と才能があってこそ。さすがです。

惡の華(2019年製作の映画)

3.5

本作をおもしろいと思えない自分のつまらなさが悔しい。本作に追いつけない自分の感性が悔しい。

亜人(2017年製作の映画)

2.5

塩抜きした塩ラーメンを食べている様な感覚になる映画でした

エル・トポ(1969年製作の映画)

4.0

謎展開しかないのに最後まで惹きつける求心力が一番の謎

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

戦場記者のドキュメンタリーだが漂白された薄い正義感や嘘臭い人道主義ばかりがフォーカスされて描かれていない。葛藤や苦悩もしっかり掘り下げられていてとにかく生々しい。本作の主人公メリーコルヴィンが疲弊し精>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

そうです。この家族が万引きしたのは貴方の心です。っていう感想を言っていた友人とは最近距離をとってます

パピヨン(2017年製作の映画)

5.0

しんどい展開の応酬。心身のコンディションが万全で観ないと、鑑賞後まぁまぁ削られる

貞子(2019年製作の映画)

3.0

もっとアクの強い展開を期待してたので
若干の肩透かし感は否めないものの
笑いどころはしっかり安定感がありました。ラストシーンの貞子はさすがです。

最強のふたり(2011年製作の映画)

5.0

「最高」じゃない。「最強」に意味がある。社会的に立場の弱いマイノリティのふたりだからこそ最強なのだ。当たり前が当たり前じゃないからこそ最強なのだ。

ラストシーンの美しさと清々しさに涙。

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

観てるだけで消耗する、削られるしんどい映画

>|