藍沢さんの映画レビュー・感想・評価

藍沢

藍沢

映画(177)
ドラマ(5)
  • List view
  • Grid view

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

20/2/12
悪意しかないストーリー。

きっっしょ!!!!!って感じ。高山。
彼氏が他の女の髪切ってたら吐く。(お仕事は除く)

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

20/1/15

加瀬亮の死亡フラグが立ってから殺されるまでが長くてそわそわしちゃった。

五分の手打ち
ハジキ

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.6

20/1/13
ヤクザがやいやい揉めてる話。

相関図見ながらじゃないと誰が誰だか分からなくなるけどおもしろかった。

ヤクザの車のナンバー8割ゾロ目説。

耳に菜箸刺すのが一番痛そう。

マイ・ルーム(1996年製作の映画)

3.5

20/1/11
Twitterでレオナルドディカプリオの髪をよける仕草がかっこいいみたいなツイートを見てDVD借りてきちゃった。かっこよかったです。

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

3.3

19/12/25

危ないからという理由で制限するのが愛ではないよね。親として、離れていく子どもを追ってはいけないと思う。

最後のシーンのアリエルのそんなつもりじゃなかったのよ、みたいなセリフはもや
>>続きを読む

あの日のように抱きしめて(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

19/12/4
ジョニーが妻だって気付かない理由は、ただ事実として死んでいると信じているからではないと思う。恐らく節々でネリーかもと思う瞬間はあっても、それでもネリーなわけないと思うのは、ネリーに死ん
>>続きを読む

マザーウォーター(2010年製作の映画)

3.2

19/12/3
ほのぼの。
椅子が人と人、時間と時間を繋ぐ。

ポプラ君にはポプラのようにすくすく大きくなってほしいね。

「自分が決めたことならどうなったっておもしろいから」

TOKYO!(2008年製作の映画)

2.1

加瀬亮目的にしても変わったの借りてきちゃったなあと思った。
特に2つ目のメルドはダンサーインザダークを見た後だとぞわぞわしちゃって直視できない。

加瀬亮の昭和天皇の真似うまかったと思う笑

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.4

19/11/29
正義なんて存在しない。

法廷で、ポールとジュディの関係性(同性愛は悪ではないという生き方)がマルコに混乱を与える可能性があると言ってた台詞が引っ掛かった。愛の在り方を一つに定める考
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.2

19/11/27
何も考えず他人の人生を覗き見できる映画。

知ってる場所もでてきておもしろかった。東京って東京っぽい東京っぽさがある。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.4

19/11/27
「完璧な人間は感情におぼれないの」

暖炉(というか煙突)って吸い込まれるようになってるんだ。知らなかった。こわ〜

安泰に暮らせるようになるってどのくらいの金利なのかな。

何回か
>>続きを読む

ポカホンタス(1995年製作の映画)

3.7

19/11/26
ランドのエントランスでcolors of the windが流れてるのを知ってから見た。

ポカホンタスは現状に満足してないんじゃなくて、もっと夢に向かって突き進みたいという意志を強
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

19/11/26
舞台の主人公になるまでは6歩、絞首台に立つまでは107歩。

個人的には、息子の手術は成功どころか実行すらされてないと思う。
眼鏡はセルマにとって"見える目"であって体の一部だったか
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

19/11/25
偽物の愛の中で本物の愛が鈍く光る話。

腕時計は同じ時間を刻んできた意義があるし、装飾品の中でも特別な思い入れがあるもの。腕時計が壊れて、黒崎が手元からいなくなってしまった現実を嫌で
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.4

19/11/24
非行少年たちの学校社会。
私には校舎の屋上に上がる人生も、学校でたばこを吸う人生もなかったから憧れてないわけじゃない。力で制す野生に生きるあの人達が輝いてみえることもある。

自分の
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

19/11/22
夢にくじけた2人が雨の日に出会う話。

大人になればなるほど夢が叶わない現実に気づき始めるけど、時間が経てば経つほどその現実から目を背けたくなる。

そもそも叶った夢ばかり口に出すか
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.0

19/11/22
何をしても空回りのはちゃめちゃな女の話。よく分からないまま終わった。コリンファースかっこいい。

けんかだ〜〜ってわさわさ人が集まるの、小学校でよくあったなと思った。

南部の唄(1946年製作の映画)

3.5

19/11/17
スプラッシュマウンテンの題材になった映画。乗り物は好きだけどお話は知らなくてうさぎくんときつねどんの関係性を全く分かってなかったから見てよかった。
bgmが良い。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

19/10/16
暗夜行路の「若い二人の恋愛がいつまでも続くと考えるのは一本のろうそくが生涯とぼっていると考えるようなものだ」のロウソクと駅舎の中で灯すロウソクが交わるのが良い。
あと二人の別れのきっ
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.6

19/10/15
キラキラが時間とともに廃るお話。

製作者側の整形や作られたものに対する大きなヘイトをひしひしと感じた。完璧なものに向かって少し足りないくらいがちょうどいいとか言いそう。
単純に顔が
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.7

19/10/14
地獄を揺蕩う女の子を背景にサイコパスちっくな井浦新を眺める映画。

ピアスの穴を開けたりタトゥーを彫ったりするのは自傷に近いところがあるよね。現代は装飾の意味を持たせることが多いけど
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

19/9/16
映画館で見たから迫力があって良かった。
女を見くびらないでってとこでぼろぼろ泣いたわ

孤高のメス(2010年製作の映画)

4.1

19/9/9
技術も医療機材も不足している地方病院でオペ看として働くことに罪悪感さえ感じる中で、患者に真っ直ぐに向き合う医師から、命と命を繋げる一端を担う喜びを学ぶ。


"慣例"を技術不足の逃げ口上
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

19/9/7
おうおうおう、難しいな

「シングルマン」が過去最高に好きだからトムフォードの映画を見てみようと思って手に取ったけど、、まだ何も言えない。

プール(2009年製作の映画)

3.1

19/9/6
時間の流れ方が独特。

お母さん(小林聡美)が自分勝手かなと思った。決めたことは曲げないなら、子を産んで育てると決めたなら途中で辞めちゃいけないと思う。自分だけの人生ならそれでいいけど、
>>続きを読む

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.3

19/7/17
記憶が80分しかもたない博士と愛の深い家政婦の話。

数字に美を見出せる人が羨ましい。数字は生きてるんだろうな。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.2

19/7/15
頑固で怒りっぽいお爺さんが、自殺を思い立ってから社会や人間の美しさや暖かさに気付く話。

話の流れが「シングルマン」に似てる。
シングルマンを明るくしたらこの映画になりそう。

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.2

19/7/14
第二次世界大戦後、仕事をなくし飢えてゆく家族を養うために盗みに手を出してしまう父親。

世界は上手くいかないことばかり。
息子が不憫でならない。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.8

19/7/13
いつのまにか大人になって、いつのまにか夢に想いを馳せることがなくなって、いつのまにか死が見えてくる。

親は子どもに自分に似てほしくないと思うものなのかな…
私と母はものすごく似ていな
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.3

19/7/13
家族や友人とぶつかりながら将来を見ていく話。

親との仲の悪さが私と似てて主人公に同情する。全く分かり合えないし、否定ばかりなのに親は愛ばかり押し付けてきて不快。あなたのためあなたのた
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.2

19/7/12
連鎖短編ラブストーリー。
タカキくんもてもて。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

19/7/12
愛ゆえに嘘に嘘を重ねた父娘。

突然死体の画像が出てくるのがトラウマ。サスペンス映画向いてない。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

19/7/11
家族とは、血の繋がりか過ごした時間か、はたまた金か。

それぞれの人生が描かれてるけど、結末は描かれてなくてぼやっとしてる。でも終始雰囲気が強烈で好き。

拾った子どもたちに違う名前を
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.0

19/7/4
毎日違う人に憑依する中で、同じ学校のリアノンに恋をする話。

十代の弾ける毎日が楽しそう。大人になると良くも悪くも中身だけで恋愛をするのは難しくなるし、アメリカのティーンの恋愛羨ましい。
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

19/7/2
子どもの取り違えから6年。父とは。家族とは。

私にもいずれ来るかもしれない子育ての方向性について考えさせられた。子は親の理想を叶えるためのものではないけど、やっぱり子育てに親の思想が介
>>続きを読む