baronさんの映画レビュー・感想・評価

baron

baron

  • List view
  • Grid view

ハード・ターゲット(1993年製作の映画)

3.5

割とド派手かつグロい。
彼のバイク乗りかっこいい〜〜〜かつおじちゃん面白。
ユーモアで笑いが好きな男っていいなあ。

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

3.8

恋愛って、感情って、ほんと人をわけわからなくさせるよね。
リアル〜。
恋愛ほど成長させてくれるものはない。

フューリー(2014年製作の映画)

4.0

圧倒される。

彼の顔つきが最初と最後では全然違う。

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

4.0

bravo 美しい。


私的にすごく好き。
映像美、音楽、流れ。五感に響いてくる。
彼女の手の動きや感情のすれ違い、繊細な心の様子や欲望、情熱。
素敵な時間、空間、衝撃をありがとう。

ツイスター(1996年製作の映画)

3.3

まあまあ笑 でも音楽で感情爆発、気分全開な感じ最高。

アビス(1989年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不思議〜な世界観。
なぜかよくわからんけど最後まで見たくなってしまう。
何層ものハラハラドキドキ感動場面が。
特に暗闇で未知の深海領域に潜ってくとこ、蘇生、最後など。
ジェームズキャメロン監督はいつも
>>続きを読む

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(2021年製作の映画)

3.1

ブキミーーーーー。でも何か最後は急にホラー感で少し雑な気が。笑

エイミーアダムスの演技はいつも見入ってしまう。

ワンス・アンド・フォーエバー(2002年製作の映画)

3.6

予想以上にショッキングな描写。やはり戦争なんてやるべきでないと感じざるをえない。命以上に大切な物って何ですか。

メルギブソンの変わらぬ透き通った目、素敵です。

オスロ、8月31日(2011年製作の映画)

3.6

so many choices から彼が選んだ選択肢。

オスロ滞在中の映画クラスで見た作品。

オスロにいながらにして2011年のオスロ市内を俯瞰する。不思議な感じ。311と同じ年でもある。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.4

2度目
最高に好き
前回とは全く違う感じで今の自分に素直に入ってくる。
見入った。かっこよすぎるし、この作品凄すぎないか。

クロコダイル・ダンディー(1986年製作の映画)

4.0

今の私にはすっごく面白かった。
笑ったな細かいところ、すべてがうまくできてるなあ。awekwardなところを笑いに変えちゃってジョーダンじみてても、すごくピュアで繊細で、自分軸がしっかりしてて。
とに
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.5

変化や影響には時間がかかるなあ。
so much work to be done
思うように、一筋縄ではいかないのかな?
うまくいかないんだったら自分がサイクルを回せてないか、あっていないか、やりか
>>続きを読む

クイック&デッド(1995年製作の映画)

3.3

復讐劇 
執着という地獄からの解放を求める。
死に対する”常識”の違い
でもこんな時代はいやだなあ。

なんだか独特な世界観。なぜか見るうちに癖になるような世界観

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

3.7

すごくわかる。今の自分
試してみないとわかんないよ・・・
社会の「常識」にとらわれずに、自分の気持ちに正直になりたい。私は。

倍音の世界なんだから。個人も社会も全て。

好きなのはこの人だけだなんて
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9

久しぶりの二度目のの鑑賞。

こういうロマンス好きなんだよなあ。ローマの休日だよねw

本心と表向きのセリフはほとんど空回りしてることが多いけど、素直に自分の気持ちを相手に言えたときに本当の愛が見える
>>続きを読む

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)

3.9

おおお。
honor
名誉とは
御恩と奉公?
でも死んじゃったらどうしようもないよ、、、他を守ることにつながっても。犠牲とは?
でも残された奥さんは、、、。

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.5

復讐に駆られる男
アクションが割とド派手。
アパートの3人、アパーとでの大男との激闘ド派手で好き。
3人のコンビがいいんだよなあ。

日の名残り(1993年製作の映画)

4.0

いやあ、すごい考えさせられるなあ。
不器用なんだよな。
本当に
すれ違い
そこに愛はあるのに。そのときの一言で全てが変わる。
自分を偽って、それすらも仕事を通して気づかず、あるいは見ぬふりをして、避け
>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.9

映像美。
自由 誇り 愛
それにしてもますますラッセルクロウかっこいいなあ。矢を射る時の目!

2012(2009年製作の映画)

4.0

かなり見入った
最初から最後まで盛りだくさんでハラハラ。
これぞ体感作品っていう感じ。
映画館で観てみたい気もする。
ちょくちょく面白いキャラクターの言動に笑う。
すごくリアルな人物たちばっかなんだよ
>>続きを読む

パリより愛をこめて(2010年製作の映画)

3.7

わりと予想外で面白かった。好みなテンポ感。

適度な上映時間にアクション満載で楽しめる。

カオス(2005年製作の映画)

3.6

ラストそういうことかー
でもちょっと無理やり感が否めない。ステイサムはあんまそういうの似合ってなくない?笑

アポロ13(1995年製作の映画)

3.9

身一つ。命さえあれば。
神秘なる月に思いを寄せる。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.4

ドラゴンタトゥーの女シリーズのほうが面白いかも。

グローリー(1989年製作の映画)

3.8

威厳 尊厳 プライド
モーガンフリーマンのデンゼルワシントンに対する言葉が響くなあ。
「お前だけだ、めそめそ黒人ぶってるのは。」 

全て、物事は捉えようだな。エゴか否か。己。

いつか晴れた日に(1995年製作の映画)

4.0

情報伝達の難しい時代ならではの困難がひしひしと。
密度の濃い時間をありがとう。

エマトンプソン素敵だあ。

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.6

なんか好きだな。シュールで面白いね。
人間にみえてくるんだよなあ。
人間をバカにしてるとこもなんか面白い。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.0

リンと鑑賞。
ん〜笑
血繋がってるかもしれないのに友達以上の好きでいられる?

>|