AOIさんの映画レビュー・感想・評価

AOI

AOI

  • List view
  • Grid view

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.3

韓ドラの『それでも僕らは走り続ける』に話が出てきたので鑑賞

真実の行方(1996年製作の映画)

3.9

エドワード・ノートン、これがデビュー作とは驚き
この次の年にはアメリカンヒストリーXに出演してるのも更に驚き

予想外のどんでん返しって言われてたので疑い続けて観たから逆になんとなくわかってしまった部
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

3.8

メイン2人の描き方が丁寧でその分、他の人物は割とあっさり描かれている印象

ギャング・マフィアもののたくさん人が出てきて誰が誰だか状態になりやすい自分にとってはメリハリがあり、観やすかった

前半結構
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.4

現れないソノダくんとヤノくんの存在が桐島を思い出させたし、会話で進んでいく感じ自体は◎

ただ、最後の方のまとめ方が個人的にはなんかしっくりこなかった

Love Letter(1995年製作の映画)

3.8

すごく好きな映画とかここがすごいとか言えるわけじゃないけど、たまに『あ、また観たくなるだろうな』って予感がする邦画が現れる
この映画はその枠

静かな美しさ、そう言う風景が収められている
それに対して
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

悔しくて何度も怒りと恐怖で泣きそうになった

途中からこんなひどいことが起きるのが何故かわからなすぎて戸惑ってしまった

でもシンドラーが兵士たちに問いかける
“立ち去ってもいい
殺人者でなく
人間と
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.8

ジムキャリーがとにかく◎!

頭空っぽで笑える

カリートの道(1993年製作の映画)

3.9

マフィア、ギャングものって人が多くて、派閥もあれこの人どっちだっけってなったり、覚えた人が意外とすぐいなくなっちゃったり、楽しむ前に結構疲れちゃう部分多かったけど、これは割とすんなり観れた

一番最初
>>続きを読む

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.7

USJのアトラクションしか知らなくて、初めて観たけど思ったよりも◎

ディレクターズ・カット JFK/特別編集版(1991年製作の映画)

4.0

裁判で主人公が想いを訴えるシーンは、『評決のとき』のラストシーンがとても印象に残ってるんだけど、本作もそれに並ぶくらい◎

後半になって全体像が見えてきて、テンポがよくなってくる

レインマン(1988年製作の映画)

3.9

根底にあるのは兄弟のクスッと笑えるロードムービー

最初の方のチャーリーめんどくさがる態度は、そうじゃなくありたいけど同じ立場になったら自分だってそうなっちゃう部分もあるだろうなって思わされた

でも
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.0

ロビン・ウィリアムズとロバート・デ・ニーロの共演、2人のバランスが◎

ロバート・デ・ニーロの演技が
レインマンのダスティン・ホフマン
ギルバートグレイプのレオナルド・ディカプリオ
の演技に匹敵する素
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.5

この辺の時代に公開されたギャングものの映画を最近立て続けに観たせいで内容に新鮮さが感じられなかった
(完全にこちらの勝手な理由…自分用メモ)

後半のテンポのよさは◎

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.8

内容はもちろん、画が強い
動きなめらかすぎ…破格の予算かかってるだけある

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.7

ある登場人物が自分たちのいるところを
大きな待合室だと表現していた
夢や自由や、もっと切実に必要なものを待っているのだと

でも彼女はここが好きでここから逃げるのではなく闘うと言う

服装は関係ない
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.8

有名なシーンだけ知っていて、勝手にベタベタの恋愛もの悲恋ものだと思ってたけど、全然違ってよかった

結構コメディな部分もあるし、ハラハラするとこもあるし、(謎解きっぽいとこはすぐわかる)
甘々な恋愛も
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.6

木更津キャッツアイのワールドシリーズはこれのオマージュなのかと今更知った
(もう一回木更津観たくなる)

結構ファンタジー要素強め+映画が支持された地域は野球が盛んだったというのに頷けるくらい野球がキ
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.9

勝手に全然違うイメージをもって観たけど、ドタバタロードムービーって感じで面白かった

ラストも◎

たまたま昨日みたアンタッチャブルにも出てきたけどマッチの箱に重要なことメモするのよくあったことなのか
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.9

文字だけのオープニングが◎

Wardrobe by GIORGIO ARMANI
ってそんなこと映画であるんだ

ストーリーのテンポが◎
スカッとしてよい!

映像の画角やスローの使い方も◎

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.8

前半の訓練パートにも後半の戦闘パートにもそれぞれクライマックスシーンがありどちらも過酷な現実

前半の教官の口の悪さは他の戦争映画に比べても群を抜いて気分の悪いもの

ミッキーマウスマーチをあのシーン
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.2

主人公の表情がリアルで◎

女性同士とか関係ない、普遍的な恋愛の物語

ただ、自分はハマらなかった
好みの問題

トップガン(1986年製作の映画)

3.6

主人公の相手役のチャーリーの服装、車、そして自立して仕事をしている女性というキャラクターが◎

操縦中の青空と戦闘機の画が◎
操縦中の画は離着陸時も含め、臨場感があって◎

音楽の組み合わせ方も◎
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.4

自分の知識不足が理由の部分もあるけど、内容が一度ではとても理解できない部分が少々あり(関係性や想い、登場人物の過去などを正確に理解しきれず解説を読んでわかった感じ)

ただ、この有名なテーマ曲の作品を
>>続きを読む

>|