mstkさんの映画レビュー・感想・評価

mstk

mstk

Twitter:mstk_newsoul
所有しているBD、DVDをClip!しています。

#2016年映画ベスト10 (新作・鑑賞順)
◾️キャロル
◾️ボーダーライン
◾️緑はよみがえる
◾️クリーピー
◾️団地
◾️ブルックリン
◾️スポットライト
◾️ハドソン川の奇跡
◾️退屈な日々にさようならを
◾️鳥類学者

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

2017/11/23
@ヒューマントラストシネマ有楽町。何となくの食わず嫌い故の初ホドロフスキー。マジックリアリズムとリアリズムの闊達なる混交!
ラテン的マチスモとユダヤ的家父長制の中、自分であろうと
>>続きを読む

夕暮れのとき(1957年製作の映画)

-

2017/11/23
@FILMeX。まさに夕暮れのとき、灯されるネオンに怯えるように身を捩らせるアルド・レイ。話しかけてくる男、バーでのアン・バンクロフトとのやり取りといったあたりの雰囲気は快調。
>>続きを読む

ファンさん(2017年製作の映画)

-

2017/11/23
@FILMeX。ロバート・アルトマン『ウエディング』を思い出したがアレは結婚式でした。一応リリアン・ギッシュの死もあるけど。
祖父母は全て亡くしたが、如何せん遠く離れて暮らしてい
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

-

2017/11/19
@シネマート新宿〈大音響上映〉。焦燥が焦燥を生む、痛切なるコメディ。共依存のように見えた関係が、あるいは兄からの一方通行であったかも知れないというラスト。
元カノ、クリステン・ス
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

2017/11/07
@角川シネマ新宿。エイミー・アダムスが住むLAの瀟洒な邸宅も、かつては元夫が書いた小説内のテキサスと変らぬ景色だったに違いない。まるで重なる裸体(死体)のように、あるいはバスタブ
>>続きを読む

人生の乞食(1928年製作の映画)

-

2017/11/03
@ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション(フィルムセンター)。

パンドラ(1950年製作の映画)

-

2017/11/02
@ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション(フィルムセンター)。

クイーン・ケリー [スワンソン・エンディング版](1931年製作の映画)

-

2017/10/31
@ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション(フィルムセンター)。

静かなふたり(2017年製作の映画)

-

2017/10/27
@新宿武蔵野館。日常の小さな違和がさざ波のように静かに広がっていく雰囲気。『パターソン』を思わせもするし、恋愛を題材にした小品としては『ポルト』よりもイイと思っちゃう拾い物。
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

-

2017/10/06
@TOHOシネマズ日本橋。軽い、ひたすらに軽いがそれこそが魅力で普通に面白い。舞台版にそこはかとなく漂っていた(ような気がする)説教臭さが一掃され、軽く明るいスポ根モノとして、一
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

-

2017/10/06
@シネマカリテ。‪ストゥージズのアルバムを3枚とも持っているのは何故だろう?買ったのは90年代の終わり頃の筈だからイギーがジャームッシュ『デッドマン』(95)に出ているのを観て、
>>続きを読む

汚れたダイヤモンド(2016年製作の映画)

-

2017/10/05
@ユーロスペース。‪シェイクスピア的父子の物語を、アントワープのユダヤ人ダイヤモンド業者の世界で描く犯罪物だが、強烈な色彩含めダグラス・サーク『風と共に散る』を思わせもして面白い
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

-

2017/10/05
@ヒューマントラストシネマ渋谷。まるで過剰な感情移入を拒むかのように多くの人物がモザイク状に入り組んでいる事もあり、一人一人については決して多くは描かれないないにも関わらずそれぞ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

-

2017/10/04
@TOHOシネマズ日本橋。‪『ライトスタッフ』のチャック・イェーガーは確か大卒ではないという理由で宇宙飛行士の候補にすらなれなかったが、ここでのヒロイン達は性別と人種の二重の壁に
>>続きを読む

>|