むらじさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • むらじさんの鑑賞したドラマ
むらじ

むらじ

映画(3)
ドラマ(14)

昭和元禄落語心中(2018年製作のドラマ)

-

役者たちの落語がすごかった。そして、人間模様。見応えあるドラマで、終わるのが惜しかった。

0

ちゃんぽん食べたか(2015年製作のドラマ)

-

味のある、いいドラマだった。
芸大バイオリン科受験の為に長崎から千葉に出てきて高校生活を送る雅志。
父そして母にバイオリンを辞める決意を切り出すまでをドラマの半分以上の回数を費やして丁寧に描く。
やめ
>>続きを読む

0

天国の階段(2003年製作のドラマ)

-

『愛の不時着』きっかけで観た。
2人の男の間で揺れ動くチェ・ジウが本当に何百回もオッパーと叫ぶ。
チェ・ジウの子ども時代を演じる子役が成長して、のちの『アルハンブラ宮殿の思い出』のヒョンビンの相手役と
>>続きを読む

0

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)

-

『愛の不時着』と人気を二分しているような話を聞いて、先に不時着を見たものだから、いろいろな行脚の後、数ヶ月観た。
初パク・ソジュン。
ヒョンビン演じるリ将校とパク・ソジュン演じるパク・セロイ。
南北堅
>>続きを読む

0

トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2017年製作のドラマ)

-

公明正大な援助交際の話。
サニー役のユ・インナはシークレットガーデンでハ・ジウォンとルームメイトの百貨店店員。

0

アルハンブラ宮殿の思い出(2018年製作のドラマ)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヒョンビンを辿る旅、Nつながりで『私の名前はキム・サムスン』と同時に、ぼちぼち見た。
スペインロケと仮想現実という設定がマッチしていて、意外と面白かった。ゲームの中でやられた人がリアルの世界で死に、そ
>>続きを読む

0

雪の女王(2006年製作のドラマ)

-

70年代フォーク歌手のような、髭生やした長髪ヒョンビン。なんかずっと泣いてる印象のドラマ。

0

ジキルとハイドに恋した私(2015年製作のドラマ)

-

ヒョンビンを辿る旅、第三弾。ヒョンビンが多重人格をどう演じるかという興味でU-NEXTにわざわざ入り読破。徴兵から復帰第一作、ヒョンビンの顔が大人になっている。ロビンとソジン、髪型をちょっといじるだけ>>続きを読む

0

シークレット・ガーデン(2010年製作のドラマ)

-

ヒョンビン行脚第三弾。ハ・ジウォンと入れ替わるヒョンビンがどんなふんに女性を演じるのか、の興味で見た。また過去の事故でトラウマ抱えた御曹司か、とちょっとデジャブだったが、キムサムスンのサムシクとは全く>>続きを読む

0

私の名前はキム・サムスン(2005年製作のドラマ)

-

ヒョンビン行脚の旅、第一弾。
37歳の大人の魅力のヒョンビンからスタートしただけに、21歳のヒョンビンはただ、ただ若くかわいい年下のサムシク。酔っ払ってサムシクを小突き回し、顔にご飯吹きつけまくるうち
>>続きを読む

0

愛の不時着(2019年製作のドラマ)

-

初めて見たのに、なぜか懐かしいヒョンビンの顔。男の顔に見惚れるなんて経験、はじめて。
ストーリーもよくできている。ユン・セリもよかった。
でも、顔のどこかにいつも小さな傷があるリさんの顔をひたすら見て
>>続きを読む

0

青春の記録(2020年製作のドラマ)

-

『こんな陳腐な理由で別れると思わなかった』
というセリフが残った

0