あさんの映画レビュー・感想・評価

あ

映画(1063)
ドラマ(11)
  • List view
  • Grid view

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

原作未読
テーマは全然興味ないどころか嫌悪感抱くレベルだけど、面白かったです
店長がちゃんとした人間だったから安心して見れるしコメディ要素もちょうど良くて面白いし、あきらとちゃんと向き合ってそっと背中
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.0

あんなに歪な形でも子どもには優しいMAMAに見えてるのかな?なんであんな歪な形になったのかがわからないけど
母親が子どもを思う気持ちが強いのはわかるけどそれよりアナベルの優しさというか頑張りに感動しち
>>続きを読む

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

2.1

テーマは面白そうだけどベタ
最初から最後までベタ、オチもベタ
主人公のローラは常に友達に囲まれてる子だけど、めちゃくちゃいい子だし友達の数をステータスに思ってるわけでもないから追い詰められていくのが
>>続きを読む

PANDEMIC パンデミック(2016年製作の映画)

1.9

ただのゾンビゲームだし主人公に全くもって共感できないし視点があっちこっち変わるからよく分からなくなってくる
ゾンビ映画にしてはグロ要素少ないし

ヒトコワ3-ほんとに怖いのは人間-(2013年製作の映画)

2.7

前作と繋がってる場面とかシリーズものならではで良かった
ダイエットが1番リアルに人間の嫌な所が出てて胸糞悪い 地味なのが1番くるなぁ

ヒトコワ2 -ほんとに怖いのは人間-(2013年製作の映画)

2.7

前作よりも後味の悪さがあって面白かったけど、どのお話もありそうであり得なさそうな感じになってるというかリアリティがなくなってた
ポイ捨てに関しては自業自得すぎてヒトコワとかじゃないのでは??

ヒトコワ -ほんとに怖いのは人間-(2012年製作の映画)

3.0

トリハダ系映画
つまらなくはないけどながら見するのにちょうど良い位の感じの面白さ
痩せてるのにおっぱい垂れてる男の人のキモさだけ別格で震えたし押入れには荷物パンパンに入れようと思った

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.5

ひたすらに狙撃されまくる映画
ツッコミどころは多々あるしなんの救いもないしなんの謎も解決しないけど、ワンシュチュエーションなのに全然飽きないで見れる面白さ

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.5

犯人探しは最後の方だけで、ほとんどはホテルの仕事紹介みたいな内容なのでミステリー要素を期待して見るとあまり面白くはない

TOKYO!(2008年製作の映画)

3.2

どのお話も東京の怖さが詰まったダークファンタジーで世界観が素敵だけど、世界から見たら日本はこう映ってるんだな〜と改めて異様さにも気付く

ドント・ヘルプ(2017年製作の映画)

2.2

タイトルからしてドントブリーズ的な感じなんだろうと思ってみたら悪い意味で違った
オカルト要素強めで言葉責め多め
ラストのぞわぞわっと来る感じは好きだけど全体的に新鮮味がない

キャッツ(2019年製作の映画)

2.0

劇場鑑賞9本目
元のミュージカルも見たことなく猫に思い入れもない私にはなかなか理解、共感するのが難しい映画でした
ストーリー性が希薄で、音楽やダンスもそこまで惹かれるものがなく時間が長く感じた

his(2020年製作の映画)

3.9

劇場鑑賞8本目
最近日本でもLGBTがテーマの映画やドラマがたくさん制作されているけど、日本は先進国の中でもLGBTへの理解や関心はかなり低いと思います
人が人を普通に愛するということが普通に出来る世
>>続きを読む

シグナル100(2020年製作の映画)

2.9

劇場鑑賞7本目
こういうサバイバル系映画ってキャスティングでだいたい誰から死んでいくのか分かっちゃうのが嫌だよねえ
原作未読ですが、自殺のバリエーションがめちゃくちゃ豊富で初めて見る死に方もあってそこ
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.9

オスカーとエリ役の子が子役っぽさがない自然な演技でめちゃくちゃ感情移入してしまった
エリがオスカーと仲良くなりたい気持ちは純粋なものであると信じたい…けどそう言いきれない切なさを感じる
一応ファンタジ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.0

劇場鑑賞6本目
人生の再スタートを機に山奥の家に引っ越すのはやめなさいっての…絶対なんか起きるんだから…
現在進行形で起こっている出来事も十分衝撃的なんだけど、それ以上に過去のトラウマの印象が強すぎて
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

3.2

パラサイトと設定が似ていると聞いて見たけど、こっちの主人公は可哀想で追い詰められていくのが見ていて痛々しかったし近年稀に見るレベルの胸糞悪さ
元はといえばあの御曹司がすべての根源なんだけどさ、だってさ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

劇場鑑賞5本目
ナチスドイツだとかユダヤ人とか戦争とか、私はドイツの歴史については学校で習ったレベルの知識しかないから、知識のあるなしで見方が変わるのかなあ
ヒトラーに心酔しているビビりで間抜けなジョ
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.7

これぞ韓国映画って感じのバイオレンス全開な演出が最高
犯人ではないと分かっていながら警察の面子のためなのか知らないけど頭の悪い人を犯人に仕立てあげていくというのがめちゃくちゃ胸糞悪い
警察は国民のため
>>続きを読む

日本製造 メイド・イン・ジャパン(2018年製作の映画)

3.3

30分という短い時間だけど色んなテーマが描かれていて、めちゃくちゃイライラするけど好き
ヤンキーは友情に熱いというか仲間はどんな手を使っても守る!みたいなイメージを持ってるけど、実際はこんなもんだろう
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.9

劇場鑑賞4本目
20年以上も前に実際にあった出来事の話だけど、現代にも通じるテーマですごい考えさせられていい意味で頭が疲れた
リチャードが完璧な善人として描かれていないところが良いし、どんな思考をして
>>続きを読む

シーサイドモーテル(2010年製作の映画)

3.2

はあ〜〜この邦画独特のゆるい空気感めちゃくちゃ好き
同じモーテルに泊まっている人達のお話なんだけど内容はあまり記憶には残らない
でもこの頃の邦画の空気感がとにかく好き
キャンディちゃんはお店変えたほう
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.5

劇場鑑賞3本目
1作目2作目と比べると、ゲーム自体もしょぼいしカイジの閃きや人望を使った逆転トリックもなんだかしょぼいというか、え?それで終わり?って位あっさりしてるし緊張感が全くなく残念
カイジの演
>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.0

恋人でもないけど友達でもない絶妙な感じが見ていてもどかしくてリアル
レンタル友達として割り切っているつもりでも嫉妬の気持ちが芽生えたり、、恋愛も友情も難しいなあ
主人公に共感はできなかったけど。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

劇場鑑賞2本目
132分と長めの尺だけど無駄なシーンが一切ない、予想のできない展開の連続であっという間すぎました
社会風刺要素が強いのに、全体を通して皮肉の効いたコメディ感が強くて、映画としてめちゃく
>>続きを読む

チャイルド・プレイ3(1991年製作の映画)

3.4

チャッキー、ちょっとメンヘラが過ぎるだけなのに毎回毎回色んなところをちょんぎられたり液体ぶっかけられたりもう踏んだり蹴ったりでそれでも諦めないところがすごい健気に思えてきてもうチャッキーを応援したくな>>続きを読む

Dressing UP(2012年製作の映画)

2.9

中学生のときの破壊衝動みたいなものがわかりやすいし突然のB級スプラッターみたいな描写も面白かった
主人公の女の子の目付きがゾクゾクして素敵
演技は皆ヘッタクソです

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.1

劇場鑑賞1本目
新年1本目これにして良かった
内容はほぼないようなものというか、落ちこぼれ麻薬捜査チームが潜入捜査のためチキン屋さんとなって…という単純なストーリーなんだけど最後まで飽きることなくめち
>>続きを読む

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.7

前作よりも人間らしさを増して帰ってきたチャッキー
鼻血が出ることに気付くシーン最高だし今作はチャッキーに対する責め方のバリエーションが豊富で楽しい
あとチャッキーボコボコにされまくっててめちゃくちゃ可
>>続きを読む

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

1.5

ただ面白くないだけではなくグロくもないし福士蒼汰は規格外の大根
血がビーズ?になる意味がわからないんだけど

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.6

劇場鑑賞162本目
テッドが人を殺めるシーンがほぼ出てこないから、見ているこちらも言葉巧みに騙されそうになってしまって上手くできてるなぁ。本物のサイコパスってこんな感じなんだろうな
この映画の中のザッ
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.3

劇場鑑賞161本目
浜辺美波大天使を見るために1200円払って鑑賞したと言っても過言ではない
そして浜辺美波大天使の可愛さで元取れた
中村倫也さん目当てで見たファンはがっかりしただろうな〜
ストーリー
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.6

劇場鑑賞160本目
コメディというほど笑えるシーンはないけど映画好きとしては映画を好きな人達のお話ってだけでワクワクするし見ていて楽しかった
映画がまだサイレントだった時代に活躍していた活動弁士という
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.0

劇場鑑賞159本目
これホラーじゃないじゃん…
ゾクゾクくるような怖さは全くないし設定にも乗り切れなくて、しかも尺が長い
ホテルの内装や双子のシーン等前作を見ているとワクワクするシーンもあったんだけど
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.7

ラストを知ってから改めて考えると深い愛や優しさに溢れすぎててめちゃくちゃ辛い
ホラーやミステリーというよりヒューマンドラマという方がしっくりくる
ホラー要素はほぼない
出てくる人みんな優しくて悲しい

>|