なさんの映画レビュー・感想・評価

な

面白くなかったら途中で切るのやめたい

映画(86)
ドラマ(0)

ローンウルフ 真夜中の死闘/レイト・フェイズ(2014年製作の映画)

1.9

どんだけ気合い入れた狼男なんかと思ってワクワクしてたら出てきた狼男の特撮物でよく見るレベルのクオリティに笑顔になってしまった、そしてジャケに堂々と載ってる犬は序盤ですぐ狼男に殺されるので互いに手を取り>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

ホラーと笑いがいい塩梅取れてて疲れず観れたけどもやもやするところも残った、父親が終始空気読めてなくて役に立たないけどバランスの良さは彼あってこそ、音楽の気持ち悪さが最高に不安煽っててよかった

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

中々グロいし数ある殺人鬼の中でもただのおっさんって言うのが結構新鮮で真新しさもあり、ミックテイラーってキャラもよく立ってた。
途中主人公が荒野の一軒家に住む老夫婦に拾われるシーンがあるけどミックテイラ
>>続きを読む

ラスト・デイズ・オン・マーズ(2013年製作の映画)

3.8

まぁまぁ楽しめた何でそんな評価低いのか又は俺の感性がヘボなのか、みんな違ってみんないい

MAMA(2013年製作の映画)

4.2

GIF動画でよく見るママが超高速で近づいてくるところ観れたのとごりごりのホラー映画で最後まで押すのかと思ってけど映像がきれいでめちゃ切なくていいホラーファンタジーだった🙆‍♂️

カルト(2012年製作の映画)

4.5

この胡散臭い感じとちゃっちいCGとふざけてるとしか思えないキャラ達と演出全てが最高すぎる、最後ぶん投げたのも白石晃士監督だからこそ許せる所業

オカルト(2008年製作の映画)

4.0

めっちゃ天気の子ってSNSで言われてたけど確かにおっさん同士の汚らしい天気の子って感じはした、個人的にはチープなCGも含めてこの作品の好きな要素でプラスに捉えてる所があるのでよし
怖さというよりおっさ
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

4.0

思ったよりしっかりファウンドフッテージしてたし、アンガールズや超能力の番組も実際にありそうに作られてて見せ場だけにちょっとだけCG使ってて殆どが演出の仕方や設定の気持ち悪さなどが怖くてよかった、あと何>>続きを読む

クリムゾン(2015年製作の映画)

1.1

叔母の居る島に三姉妹が向かって100年後に復活する予定の謎の化け物に襲われるけど三姉妹が喧嘩ばっかりしててずっと煩いので化け物とかどうでもよくなって置いてけぼり食らって途中で見るのやめちゃう話

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

いろんな疑問や意味わかんないとこもあるし何より主人公の帆高くんは年相応のガキの言動を超えててヤバ杉内俊哉股関節亜脱臼全治三年なのであまり好きになれない人もいるかも、ローソンで売ってる陽菜のおもてなしチ>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

金かかってるフルパワーモンスター映画なのでとりあえず飽きずに観れたのは良かった。

2人で1人みたいな感じで一緒に戦ってた相方は弓使いの方がチヤホヤされすぎて本来の目的見失ったので愛想つかしていじけて
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

2.4

本当はトイストーリーが死ぬほど見たかったけど友達がどうしても一緒に見てほしいって駄々こねるからそいつとポケモン全く知らない友達と3人で観たけど、すげぇ眠いって事と懐かしいって感想だけで俺が汚い心の大人>>続きを読む

0:34 レイジ 34 フン(2004年製作の映画)

3.2

2、3年前に見た映画だけどめっちゃ断片的にしか覚えてないただ印象に残ってた記憶があるようなないような。
身近な地下鉄って場所で終電逃してこんな事起こったら怖いよねみたいな洒落怖っぽさがあってよかったっ
>>続きを読む

コールド・スキン(2017年製作の映画)

2.8

思ったやつと違った

クリーチャー絡みの人間ドラマとか恋愛はちゃんとジャケとか予告はシェイプオブウォーターみたいにドラマの方を推してます感出して欲しい、毎回クリーチャーホラーと思い込んで見てしまうから

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.2

デンゼルワシントンが流れ作業の様にサクサク無双するのがこの映画の一番のミソでそこを楽しむものなのでそこに言及するのは野暮なのである
タクシー運転手として色んな人達を乗せてその人達の携帯でのやり取りを聞
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.9

前のシリーズと比べてゲームの質というかドキドキ感が控えめなのが否めなかった、時間軸とか絡んでくると脳みそめちゃ疲れる
でも最後のB級臭い処刑装置だけ好き

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

最後のステイサム対サメのシーンだけ好き
マシオカが時空間制御して無双してくれた方が面白かった

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.2

プレデターキラーでクソでかプレデター殺してほしいと思いました。
プレデターが住んでる星のいっぬはプレデターにそっくり、その理由は本来プレデター星のいっぬはプレデターに全然そっくりじゃないんやけど品種改
>>続きを読む

ゲヘナ(2016年製作の映画)

2.2

ワクワクするシチュエーションは揃ってるのにめちゃ微妙だったし、とにかく終盤までダレすぎだし、眠くなったので途中まで観て寝落ちしてまた途中から見るくらい退屈だった。
モキュメンタリーで撮ってグレイヴエン
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.5

キアヌがお気にの車取り返したけどその車で躊躇なく敵に突っ込むし、弾き飛ばしたりするので別の車でもよかったのではってなるけどキアヌが100パーの力を発揮して無双できるのがあのマイカーなんだよって事で自己>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

3.5

シャベルで彼女殺しきれないからファイアーするって発想にヒェッ…ってなった
漫画のキャラみたいな保安官のパツキンのちゃんねーの髪めっちゃもふもふしたすぎたお( ^ω^ )

イグジスツ 遭遇(2014年製作の映画)

3.7

前半見にくい暗いシーンが多かったので常に自分の顔がiPadに反射してたけど後半からビッグフットがめちゃアグレッシブに攻撃してくるし、B級ありがちなちょっとしか見せんくて終わりってこともなくそれどころか>>続きを読む

血を吸う粘土(2017年製作の映画)

4.1

中学くらいの時に観たアンインストールのクレイアニメ思い出した、カカメの何考えとんか分からん😐←こんな感じの顔がキモカワデザインしててよかった。
邦画ホラーそんなに観ないけど低予算でかなり面白い設定のス
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.6

いつ食われるかわからん極限状態に置かれたら自害するのはまぁあるなって感じだけどシコリ出すおっさんは何なんや
1番最初に目つけられて食われた奴可哀想だなって思った

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

1.9

御都合主義とかあんまりこういうこと言うのあれだけどミュウツーがあんまりにも万能感ありすぎる所とか他にも色々挙げだしたらキリないけどうーんって感じ
でもゲンガーがカッコ可愛いすぎてそこに関してはほんと文
>>続きを読む

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

4.1

レオンとクリスの戦闘シーンがいちいちすごいスタイリッシュにわちゃわちゃしててよく分かんないけどかっこよくて良かった、レオンがゾンビ犬チェイスのシーンで一般市民巻き込みにした挙句にオーバーキルしたせいで>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

4.2

こうゆう映画の家族パーティーのキッズってなんか起こるたびにやかましい上にめっちゃ足手まといになるのに序盤のブラピの家族パーティーの末っ子は銃見つけてきたりセーフハウス確保したりお助けキャラとして凄い有>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.8

前日譚から先に観とけば良かった
けどクリーチャーが最高にTHE化け物って感じなのでそれだけで楽しめたし満足だった

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.6

ドンパチの後始末依頼の事をディナーって言うのかっこいい、俺も今度から積極的に使ってこ

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

人種差別という重たいテーマだけど軽く観れるロードムービーだった、2人の軽快なやりとりとテンポの良さで2時間以上には感じなかった。
道中度々起こる何気ない日常のシーンがとても和むしそんなことでだけで人種
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.1

エマワトソンのショートヘアーめちゃ似合ってて最高だった、主人公に共感してしまいそうになるシチュエーションが多々あったけど僕は学生時代全てウルトラ陰キャラだったのでそんな経験は特になかった。

日本でリ
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

4.1

1人1人のキャラが立ってて設定も斬新で面白かった、アルバトロスなのにちゃんと観れる良作
ザ ウォーキングデッドで数々の修羅場を潜り抜けたグレンにとってこのくらい屁でもないのだろう
Zと付いてるけどゾン
>>続きを読む

レッド・ドーン(2012年製作の映画)

2.4

途中からクリヘムがソーに変身して北朝鮮軍相手にムジョルニア振り回しながら雷落として無双してたら最後までみてたかもしれない

PANDEMIC パンデミック(2016年製作の映画)

3.2

感染者が5段階のレベル分けされてるの面白かった、レベル1はまだちゃんと喋れて治療可能でレベル5までになると28日後みたいなのになっちまう。
でも主人公の女がくそなので他の割といいキャラしてた隊員達が振
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

5.0

デンゼルワシントン演じる正義のホムセン店員が沢山の悪党達をめっちゃスマートにぶち殺していくんですけど、マジで殆どの殺し方に無駄がなさ過ぎてマジですごい痺れたしマジで最高にやばかったぜ。
高飛びフェイク
>>続きを読む

>|