りな

りな

洋画中心、ジャンルはなんでも見ます
ドキュメンタリーもアニメも。

ファッション・ガーリーカルチャーを表現してる映画、パステルポップなカラーがたくさんの映画は無条件に好きです。

ハリーポッターとジブリを見て育ちました。これは特別🖖🏻💭

ロンドン・ロード ある殺人に関する証言(2015年製作の映画)

3.3

楽曲・作品全体に不穏な空気感と日常が共存していてわたしは好きな感じだったけど、確かに退屈かもしれない。わたしはミュージカル贔屓だからなぁ。でもこんな作品他にはないし興味深かった。宣伝がトムハ推しの割に>>続きを読む

探偵なふたり(2015年製作の映画)

3.3

単純に面白かった〜笑えた(笑)ただ、2015年の映画で「男が家事をするなんて情けない」という台詞を聞くことになるとは驚いた。韓国はまだそんな国なのか??そういう古くて頑固親父なキャラ設定故の台詞??結>>続きを読む

フェンス(2016年製作の映画)

3.0

ウッ…重…デンゼルワシントンとヴィオラデイヴィス、素晴らしい。二人の演技の臨場感が凄い。50年代のアメリカ、そこで暮らす黒人、そのひとりひとりの人生。働く夫と、家を守る妻、それぞれから見た家族の存在と>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.3

ヒュー様とホルトくんがとにかく可愛い。笑 おじさんと少年の映画はだいたい面白いな〜〜ヒュー様、空っぽなイケメンが上手い。

台北の朝、僕は恋をする(2009年製作の映画)

3.1

台北の街並みが見られて楽しい。ストーリーはちょっと未完成感あるけれど(笑)スージー可愛いし、みんなのやりとりがなんだかほっこりして可愛い。

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

メンヘラばっかかよ。けど自分を見ているような気分にもなる〜〜。みんな行方不明だわ。とはいえ女子高生のとかいまいちわかんなかった〜〜

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

わたしがティムバートン作品で見たい要素ぜんぶ詰まってる!可愛さと毒っ気と不気味さ。馬車に乗っているシーン、水中のシーンが好き。色彩のバランスがほんっとに毎度毎度ドツボすぎる。ブロンドにパステルブルーの>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.3

こんな暗い気持ちになるミュージカル他にないわ…それだけビョークが素晴らしい

俺たちフィギュアスケーター(2007年製作の映画)

3.3

いつの間にか絆が芽生えてるのほっこり。こういうところ男の人は可愛いなって思う。ほんと、りゅうちぇるだった〜〜(笑)

ブロークン・イングリッシュ(2007年製作の映画)

3.0

「怯えて尻込みして自分の道が見つからない状態を抜けるには、前向きになること。町で一番のヒールとルージュを買って派手に出歩くの。”人生最高!”と笑顔を見せて。」

この言葉が最高だった。この言葉だけで女
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

Coccoの名言が止まらねぇ〜〜こんなに邦画で泣いたの初めてかも。自分にとっての幸せって世間体とか一般的とかじゃなくて自分で決めるもの。それによって人生って大きく変わる。最近のわたしは振り回されて迷っ>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

3.8

暴走して迷走する思春期。へんてこりんな演技も、友情も恋情も、バレエも。ただただ面白かった!

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

大傑作。改めて”時間”、”言語”という永続性について考えた。‪‬果たして彼女は時間から解放されたと感じるのか、むしろ縛り付けられたと感じるのか…、もし人が時間から解放されたなら命についての解釈はどうな>>続きを読む

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.5

うあ〜こういう感じか!面白かった〜〜(笑)ウディアレンは毎年映画を撮っていて凄いなぁ。働き者だなぁ。映画が好きなんだな。そんなウディアレンがわたしは大好き。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

一人の人生でもそこにあるのは一人分じゃない。人生しんどいわ。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.7

すごくよかった!吉祥寺も井の頭公園も好きな場所だからたのしかった。ビーサン、トクマルさん、シャムキャッツ、澤部さんなどなど、この界隈の音楽好きには豪華な出演陣で面白かった〜(笑)劇中歌「PARK MU>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.6

間違いなくアツくなれる映画。エミネムとフランクオーシャン間違いねぇ。ジェイクギレンホールってほんと役作り凄すぎて引くレベル。レイチェルはちょっとしか出番ないから残念だったけど、彼女の存在をず〜〜っとビ>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.3

自分らしく在ることが必ずしもいつも幸せで在れる理由とはならない。けれど自分への誇りを捨てなかったこの時代のこの人たちがいたから、いまの世界がある。わたしは、なぜ同性愛がおかしいことにされるのかが解らな>>続きを読む

最愛の子(2014年製作の映画)

3.7

誘拐犯の妻が馬鹿で苛ついた。自分の感情だけで親になれると思ってるのどうかしてる。

「桃は食べさせないで アレルギーだから」

とはいえこの双方の愛の言葉に胸が締め付けられた。子供に罪はない。愛する気
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.4

将也くんを含め、硝子ちゃんの周りの同級生はみんな、良くも悪くもあ〜いたな、こういう子、って思い返してくたびれる。川井さんみたいな子いちばん嫌い。わたしはどの位置だったかなぁ。なんだかんだこうして学生時>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

深読みしすぎて拍子抜けした感ある。動きひとつひとつも気味が悪いし気になってあっという間に見たんだけど、鑑賞後考えるとミスディレクションのための余計なシーンが多いかなと思った。とはいえみんなクリーピー…>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

音の使い方が素晴らしかった。カメラワーク、魅せ方も。クラシックからヒップホップまで様々な音楽の使い方も好きだなと思った。静寂の中で登場人物の感情を描く演出も切なげで、自分の身を守るために身体を鍛えて大>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

知ってほしい、知りたい、知られたくない、知りたくない。99分の会話劇でその気持ちのもどかしくて悲しい混線具合が見事でした。マリオン良かったなぁ。ヴァンサンカッセルがもう泣けて泣けて…。

ドランの画面
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.0

東出さんは演技下手だとわたしは思うんですけどなんで大きい役が途切れないのだろう…声と話し方もほんと苦手。でもこの前バラエティで見たらめっちゃいい人そうで嫌いにはなれない。笑
しょーもないくせに長かった
>>続きを読む

ギミー・ザ・ルート ~NYグラフィティ~(2012年製作の映画)

3.4

グラフィティがもっと出てくるんだと思ってたけどグラフィティをするためのお金集めがメインでそこに辿り着けるかどうか〜的なストーリーでした。でものほほんとしたな〜〜悪いことしてるのに憎めないし、なんか可愛>>続きを読む

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.4

めっちゃ面白かった〜!軽快なドタバタコメディ(笑)ナイスキャスティング!オーウェンウィルソン、はまり役だ〜こういう役やらせたら彼は最高に輝く(笑)わたし的には全体的にウディアレンを感じる好きな雰囲気で>>続きを読む

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.5

サプライズ続きで面白い!題材はさみしいものだけど、コミカルなので全体的に軽い。けど笑っちゃうところもたくさんあったし、素敵な映画だった!可愛い!

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.7

名作。ずっと泣いてた。笑
大人の方が泣けるやつだこれ…
時代に添い色褪せることないディズニー作品の素晴らしさをきちんと背負ってます。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.1

面白かった〜〜笑った〜〜「キャー!」とか言っちゃうゴズりん可愛すぎ〜〜(笑)酒浸りで探偵でそして娘を持つシングルファーザー…設定がサイコー…もっとコメディやってるゴズりん見たいです…サイコー…最初に映>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.8

自分の中の真っ当な正義感を有無を言わさずぶつけてくる感じ、わたしのお姉ちゃんに似てた。器用じゃないからひたすら一直線で、上手くいかないこともあるけど、だからこそみんなに好かれる。周りに影響を与える、単>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

5.0

最初から最後まで、一瞬の取りこぼしもなく全てがお気に入りの作品。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.8

すっごく面白い(笑)心優しくアタマやばい奴が主人公なんだけど、それを理解して横に並んでくれる周りの人たちの優しさにも心がポカポカする。大人になる、叔父になる、そういった時の流れの変化についてラースなり>>続きを読む

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

3.5

頭脳は大人なのにおみくじ信じちゃうしちゃんと覚えてるコナンくん可愛い

>|