なかじさんの映画レビュー・感想・評価

なかじ

なかじ

映画にハマりました。
最近は海外ドラマに浮気しがち。

映画(175)
ドラマ(15)

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

声優・のんが素晴らしかった。
聞いていてとても心地よい声。

画面は優しいタッチのアニメだが、
時代の苦しさ、空気感が伝わってきた。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

1.2と比べるとイマイチ。

ピエール瀧しか印象に残ってないw

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

まさに集大成!!
最初から最後まで常に面白い。
高いハードルを見事に超えてくれた。

各ヒーローに見せ場があったし、
ユーモアを交えたヒーロー同士の絡みも◎
悪役のサノスの内面性もしっかり
描いていて
>>続きを読む

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.3

冒頭は良かった。
現実と脚本がおり混ざって、
途中どんな話かよくわからなくなった。

ラストはそれぞれの登場人物が
かっこよかった。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

ソー覚醒!

緊張感を保ちつつ、コメディな要素が
随所に見られて退屈しなかった。

ストレンジとの絡みもワクワクした。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.3

女ってコワイ。
追いかけるところなんてホラー笑


キアヌの無駄遣いが光っていた

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.6

杉咲花の演技が良かった。
随所で涙が出そうになる。

ラストは狂気を感じた。

個人的に宮沢りえ演じる母ちゃんが
あまりハマらなかったのが残念。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.1

邦題が素敵でレンタル。
15歳の少年がライターとしてツアーに
同行してバンドを取材する青春物語。

ウィリアム、ラッセル、ペニー…
登場人物たちの距離感がなんかよかった。

音楽×思春期の青春ものは良
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

テンポがよくて退屈しなかった。
音楽すごく良かったし、
ヒュージャックマンが最高!!

観ていて沈む部分が少なかったし、
何度でも気軽に観れる内容。

バーでの勧誘のシーンが好き

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.1

賞金首を引き連れた賞金稼ぎが
猛吹雪の中黒人と保安官を拾い山小屋へ
行くも…

密室ミステリーとあるが、
ミステリー感よりも会話とか描写が面白かった。
タランティーノは合うのかもしれない。
グロいので
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.5

ブルースブラザーズがバンドを
再結成して養護院のためにお金を稼ぐ話。

なにも考えず、ノリを楽しむ映画。
思っていたよりコメディだった。
こういうのを観たいときにはいい。

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.5

眠くなりつつも最後まで。
独特なカメラワークは徐々に慣れた。

埋葬に対して日本人とかなり感覚が違うから、そのことしか頭にないサウルに感情移入はいまひとつできず。

本当にこんな時代があったのだと思う
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.4

愛を知ったOS、サマンサ。
セクシーな声の正体は
スカーレットヨハンソンだったか。

感動はあんまりしなかった。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.4

どんでん返しがあると知って観てたから、先がすごく気になった。要所要所で流れる80年代の曲が良い雰囲気出してた。

肝心のオチは、見事に騙されたものの、もっと怖くてもっとインパクトのあるやつを期待してい
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.5

タランティーノらしい?と思った。
夜BSとかで観たい。
ラストらへんが良い。

ヒミズ(2011年製作の映画)

3.9

なぜだかすごくひきこまれた。

世界観?メッセージ性?
役者の演技は間違いなく良かった。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

序盤からドミニクが裏切るも、ファミリー崩壊の予感なく、みんなどこかでドミニクを信じている感じがして安心して観れた。

ブライアンがいないのは寂しいが、ホブズの馬鹿力やローマンの三枚目感に磨きがかかって
>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.4

キャストが豪華。

冒頭の爆発シーンとトラボルタの乱射シーンが印象に残ってる。

全体的に、惜しい感じがした。
どんでん返しもあったが、もう一押し。

リトル・マエストラ(2012年製作の映画)

2.5

ストーリーは、もう一捻り欲しかった。
ところどころ寒かった。

有村架純ファンなら楽しめるかも。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

冒頭から終わりまで色彩豊かで、
視覚的にもかなり楽しめた。

ユーモアかなりあったし、
ストーリーも面白い。

ヨンドゥにはしびれました。

グリース(1978年製作の映画)

3.5

これぞアメリカ、これぞ学園ミュージカル。
古くてちょっとダサいのが、また良い。

踊るジョントラボルタがかっこいい。
スタイル良すぎ。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

他のヒーローと比べると、若くてフレッシュで空回りしがちなスパイダーマン。
今後のアベンジャーズとの絡みが楽しみ。

ストーリーは、若干物足りない感じ。
トニーやっぱりかっこいいな。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.5

とにかく殴る。理不尽な暴力。
見入ってしまう、魅力はあった。

男2人ともクソ野郎だったけど、
柳楽優弥はどこかかっこよく見える。

怒り(2016年製作の映画)

3.8

キャストが豪華だった。
3つのパートそれぞれ重みがある。

信じるのか、疑うのか。

インベージョン(2007年製作の映画)

3.4

設定は面白い。
感染者が非感染者をじっとみつめるの怖かった。

寝てはいけない、感染してるのかしてないのかパッと見わからない、いやらしいウイルス。

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

冒頭からジェイソンステイサムの
ヤバさがわかる演出、クールだった。

ラムジー役がセクシー。
次回以降も出てほしいなぁ。

ポールに捧ぐ…ラストは泣けた。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.9

ドミニクのために、今の生活を捨ててみんなが飛んで集まってくる、、、冒頭から最高だった。

どんどん演出が派手になるが、毎回飽きずにハラハラドキドキさせてくれる。

敵も回を重ねるごとに強くて賢いの出て
>>続きを読む

WASABI(2001年製作の映画)

3.4

リュック・ベッソン×ジャン・レノ。

半分殺し屋の凄腕警察と若い女の子…
レオンを連想してしまうよね。

若き日の広末涼子が意外と良かった。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.2

ドミニクが醸し出すファミリー感最高!
特にヤマ踏む前夜の和気あいあいの感じは思わずこっちもにやけてしまう。

毎回期待を裏切らず面白いのは、やっぱりそれぞれのキャラクターが魅力的だからなんだな。

>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

突っ込みどころというか、これはどうなってるの?ってなったところいっぱいあった気がする。

映像は圧巻。ワクワクした。

時間操れるのは強すぎ?

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.7

このシリーズ、だんだん面白くなっていく。

1作目の登場人物がカムバックしたのが嬉しい!ドミニクいてこそのワイルドスピードだね。

バレエ・シューズ(2007年製作の映画)

3.2

養子3姉妹のお話。
ストーリーはそんなに面白くなかった。
みんなのママが、最後報われて良かった。

バレエシューズはエマワトソンのじゃないのね笑

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.5

どうやって東京で撮影したんだと思ったら、カーチェイスのほとんどはロサンゼルスで撮影したそう。納得。

他のワイスピ作品とは毛色が違うけど、
これはこれで面白かった。

ハリウッド、しかもあのワイスピが
>>続きを読む