tmrさんの映画レビュー・感想・評価

tmr

tmr

4.5〜 最高
4.0 とても良かった
3.8 もう一度観たい
3.5 損はしてない
〜3.0 うん

映画(42)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

僕がどれだけ幸せか分かる?

美しくて悲しい映画だった。
オリヴァーの気持ちが狡さが覚悟が理解出来てしまう。エリオの純粋さが見て取れてしまう。
エリオはきっと純粋に恋をして、オリヴァーは自分を知ってい
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.8

主人公をどこまで普遍的な人間と見て、ウサギを何と見るかで解釈が変わる映画。
特に気に入っているのは孤独が怖いなんて可愛い少年のような理由で、よく出来たキャラメイクだなと思った。

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

環境に流され続けた女が最後には自分の意思で動く話 かな

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.0

公開時映画館で観たのを思い出したので。
役所広司の最後の一言をよく思い出す。

美しすぎる母(2007年製作の映画)

3.0

エディが素晴らしい。造形物のような人だなあと成長した今でも思う。
好意と嫌悪は紙一重の背中合わせだと常日頃感じているが何方からも逃れられなかった人の末路。という感覚。絵はとても好きだった。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

失礼ながらハリポタを見たことがない自分でもとても楽しかった。最高の世界観とキャラクター。どこにいてもエディが素晴らしい。続編は映画館で。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

きっと、まるでその人だった。声が大きい人で世界は染まる。政治の世界に入るよりメディアで奮った方が影響力は強い。過ちとはなんだろう。所詮結果論か。指導者だけが悪いのか。今の日本は(だけ)かもしれないけど>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

絵が綺麗で壮大なMVを観ている感覚。音楽と映像の美しさにはため息が出る。マイノリティの描き方が足りない、というか、心は本当に繋がったのか?という感想。

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.0

映画の内容や諸々は兎も角、普通の恋愛映画を見た気分。無理だよって言うのは健常者だって同じ。現実見ないのは健常者だって同じ。話はそれから。何度も行うストーリー切り替えに意味があったかとか、ラストのファン>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.0

良かったんだけど中途半端なところは幾つかあった。ピーチとか鬼とか。全体的には面白くて、現代社会を巧みに練り込んでる点は観てて身震いした。もう一押しほしかった...

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

自分の夢と2人の夢どちらかしか選べないなら自分の夢を選ぶよ。
お互いきっと唯一無二の愛すべき人だったんだなあ。よかった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

心なんて放っておけば散らかるし、整理するのすごい大変だし、すぐにそうやって悲しみを悲しいと思える人は凄いと思う。

すべてのものが象徴に見えるから分解して中身を見たい。良い。折り合いなんていつまでたっ
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.5

そういえば観てた。
個人的にはすごくすきだったのと、当時童話系の海外ドラマにハマっていた事もあって解ることに面白みを感じてたのかも。
サムライリーが良いです。

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.5

すきだけど、紐解いてくワクワク感はなかったな。だからコナンっぽくない。事件性とか推理とかは前作からどーした?ってなってる。
そろそろ組織を無視してられる時期じゃないしそんなことより一本の映画としては普
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

うーーん。自分が男だったらもっとちゃんと楽しめたのかなって思った。
最後に彼は多分きっと大人になったんだろう少し。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

最高だった、観に行ってよかったしもう一度観たい。庵野は上手く既存のゴジラの利点を生かしたと思う。最高。最後めちゃくちゃ怖かったです。

予告犯(2015年製作の映画)

3.5

いいんだけどわるい、原作知らないからこそ、一歩足りない気分になる。中村さん時々登場人物の感情後回し感出るね。
生田斗真はすごいなあ。

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.5

救われなさ。ミシェルゴンドリーって素晴らしいな。もう一度観たい。

孤独のススメ(2013年製作の映画)

3.8

監督のこのインタビューがとても印象的で観に行きました。
http://m.huffpost.com/jp/entry/9434956
じんわりと変わっていく話。
何度か気付いて突き放そうとするのに結局
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

ヒーローものとアクションものは勝手に苦手だと思ってたけど、思ってたより人間臭い話で、とてもすきだった。メカメカしさや作業する様とかすきだった。シビルウォー観る。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

あなたが私を美しく、そして強くしたの。
みたいなニュアンスのセリフがとても好きだった。エディレッドメインが本当に美しくて心奪われた。
ゲルダように強さを持つ女性は格好良い。
内容は、多分時々あっけない
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.0

ポジティヴって、声に出すからこそそうなれるものなんだと思えた。

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

雰囲気とか間違いなく好き。ごちゃ混ぜの言葉選びのセンスとか。色とか。グロいのは苦手だけど。
結局なんだったのかと聞かれると困るけど、「縁」の話だなとも、思った。
三上博史と渡部篤郎がもう、最高に格好良
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

3.5

胸がいっぱい。満足。
中盤笑いと気恥ずかしさが凄かった。
シェイクスピアはあまり知らないけど、この作品はとても美しくて可愛らしくて純粋で良かったです。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.5

自分もズタズダに傷つくことよ
傷つこうと思った。好きなら。

太陽(2016年製作の映画)

3.5

とても重たい。けど良作。何がそうさせたのかとずっと考えてしまった。何も解決しない、村の歴史の一部の話だと思った。
直接的な表現が多くてちょっと手で隠しながら観てました。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

終わりが呆気ない。ああそう...。
恋愛に関しては最高だったと思う。相手が何であれ、恋はするもの落ちるもの、依存するもの。それを描くのが上手かった。主人公の職業は、面白いしロマンティック。

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.5

久々にめっちゃ笑った気がする。
言葉選びが良かったなぁ。シェフ系の映画で一番好きかも。ジャンレノ目当てで見ました。

桜蘭高校ホスト部(2012年製作の映画)

3.0

放映

キャストも演出も最高、ドラマの時から思ってたし、最初の馨とハルヒの「もし分け合えなかったら」ってくだりが原作に忠実すぎてときめいた。
原作もアニメもすきだったしドラマも最高だったなあ。女装のシ
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.5

放映/dTV

ヨーロッパ(の役者)が好きなので、いつでも満足に見られる。最初の醸し出す感じは少しくどいなと思うけど(今回が2度目の鑑賞だから尚更かも)、全体的にはやっぱり好きだなと思う。謎が残らない
>>続きを読む

>|