お雛さんの映画レビュー・感想・評価

お雛

お雛

映画(758)
ドラマ(50)

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.1

あんなんでも、生きようとする気持ちがあることが不思議でたまらなかった。それが、頑なに言い続けた「私の子」「私が育てた」「私が産んだ」なら、
どれだけ親は素晴らしいんだろう。
勝手だ

周平役の、奥平大
>>続きを読む

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

4.6

始まって早々から引き付けられる演出
大物俳優は裏切らない、見事でした
とにかくヒョンビンがかっこいい

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

-

うーん、簡単に「善とか悪とか、正しいって何なのか分かんない」とか言えたら楽だけど、
私がこれを観て思ったのは、自分の人生において生じたことは遺すんじゃなくて、
きちんと最後まで責任をもつことが
重要だ
>>続きを読む

左様なら(2018年製作の映画)

-

ゆきちゃん可愛い
マッシュいい奴で惚れる
遠足カオス
赤いシャツ着てた奴がplentyのライブT着てて、色違い持ってるー!って少し嬉しくなった笑
キャストの雰囲気が本当リアル。

映像がきれいだったし
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

5.0

少しずつ薄れていく。
もう戻れないと気づいた時には、今の自分ととてもかけ離れていて昔の自分が遠い存在になった気がして。あの時考えてた未来のことも、思い出せなくなってたり、覚えていてもどうでもいい事にな
>>続きを読む

グローリーデイ(2016年製作の映画)

-

そもそも、カーセックスしてるならあんなにブレーキランプ点かんし

愛してる、愛してない(2011年製作の映画)

5.0

「大丈夫」ってやさしいけど、やさしくない。

この手の韓国映画の、あとはお前の想像力に任せる!!感だいすきです。私は、この2人は今でもあの家にいると思ってる。

とりあえずこの家に住みたい

よこがお(2019年製作の映画)

-

じめっとしてた〜
美容師役の池松壮亮ハマりすぎ

メソッド(2017年製作の映画)

-

想像の100倍はすごかった。軽い気持ちで見たから余計。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.9

終盤、挿入歌のThe second sunが泣ける。本編前後にドクターヘリのドキュメントを見て余計、胸にくるものがあった。どんな仕事も素晴らしいと思うけど、人の命を救ってる人達って本当にすごい。作品と>>続きを読む

体温(2011年製作の映画)

3.8

過去 終わらない青の方が好きだったけど、こういうの見ると愛出てしまうなぜか。

パターソン(2016年製作の映画)

-

過去
体調不良で寝込んでた時に見たからほとんど覚えてない リベンジしますいつか

魚と寝る女(2000年製作の映画)

4.1

過去
キム・ギドク作品は中毒性ある。
変な話なのにすごい引き込まれるんだ〜

執行者(2009年製作の映画)

2.4

やさしいね、最後に食べたいもの食べさせてやるなんて。被害者は突然殺されてしまうのに。

レイトオータム(2010年製作の映画)

4.2

終盤のキスシーン、
こっちにまで熱さが伝わってくる。
ハオと、ファイのとこも良かった

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.3

やっぱ子供って必要だな。そこではじめて人間らしくなるような気がした。ああ、良いもの見た

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

-

園子温を知らぬ人には不向きですね。
逆に過去作見てきた人からすると、盛りに盛り込まれた贅沢作品。既視感だらけだが。

実際に虐待をする人間のリアルを感じた。殺されていなくても、あんな風に支配され続け抵
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.9

こんな話だったんだ…感。
何にでも都合よく同情する奴、いるよね〜と思いながら見た。みんな掌返したように急に必死になるから案外おもしろい。これから仕事なのに、朝からすごいの観たわ。。
観た後に、実際今後
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

LGBT
最近やはりこの手のものが一気に増えて、ドキュメンタリーだけのものでいい気が私にはしてしまうなーといつも思ってる 過去記録

Dressing UP(2012年製作の映画)

-

この尺でこれ、この歳でこんなん!っていう驚きをずっと感じるやつ。過去

>|