おばさんの映画レビュー・感想・評価

おば

おば

映画(38)
ドラマ(1)

もののけ姫(1997年製作の映画)

3.8

「風の谷のナウシカ」観た勢いで続けて観たけど、頭の整理がつかない…

Twitterでアシタカ大喜利流行ってたせいで、「我が名はアシタカ!」で雑念だいぶ感じた。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.6

初めてナウシカを真面目に観たけど、
王蟲めっちゃ怖かった…

そして原作読みたい!

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

2.3

「大人でも楽しめる!」
「初めてでも全然大丈夫!!」
「泣ける!!!」
前評判が高過ぎたかな…

各キャラクターの良さが埋もれ気味な印象でした。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

あーー、青春そのもの。

ところでオシッコて抹茶味なん?

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

ヒトラーに詳しくない自分にとっては
淡々と続く「心地良い怖さ」だったけど、
ドイツや周辺国の人にはどう映ったのだろう?

オチ含めて終始引き込まれた。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.1

『しんちゃん映画No.1』の大評判が
ハードルになったかな…

ひろしの過去に胸がキュッてなった

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.0

最後外交問題までいったのは奇天烈な感じもあったが、阿部サダヲが世界観を終始ぐいぐい引っ張っててGOOD。

婚前特急(2011年製作の映画)

1.5

ありふれた宅飲みシーン、それぞれ携帯を持っていたがそれが全部ガラケー。
それだけで遠い昔話に見えてなんだか白けてしまった。

物語も好みじゃなく最低点の1点!
と思ったが、吉高由里子がベロちゅーしてい
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.3

青い空、特に雨上がりの空が好きになる映画。

自然界最大の「天気の力」と
人類史を一変させた「銃の力」と
それらを与えられた若い彼らの運命に
もっと説得力が欲しかったかな。

「僕らの生活に、何もひか
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.1

ほんのり苦い後味、、、
ウッディーの心変わりは、誰のせい?

とりあえずもう一度観たい、

アラジン(1992年製作の映画)

2.4

コソ泥のアラジンがなぜ「選ばれし人間」なのか、、
パン屋さん怒ってるだろうし、
ずるくない?笑

ただジーニーが面白い

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年製作の映画)

3.8

子どもが夢を見られなくなった時に、
オトナがいよいよ立ち上がる。

オトナの夢とは?
そして、子どもの真の夢とは?

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.6

心で惹かれ合った2人が、舞踏場で手を取り合う様子を見て、これが「永遠」なのだと思った。

野獣がお城の図書室を紹介したり、ガナトンと戦う場面など「歓びを与えること」、そして「守ること」、愛情に裏打ちさ
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.4

裁判直後にエルが記者に言う「〜のルールは簡単よ、女ならみんな知ってるわ」のなんとまぁ格好良いこと。

エルの生き方が眩し過ぎて、就職してから情熱持ってない自分が恥ずかしくなりました。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.0

高校生のとき初めて観て衝撃だった作品。

中盤を境にテーマが愛へとぐっと迫っていく。ノーベル賞を取るほどの天才でも、愛こそが何よりも救いだったという。

身近にある愛と、その愛を感じられるマインドがあ
>>続きを読む

プリンセスと魔法のキス(2009年製作の映画)

3.0

香港ディズニーランドの「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」で1番尺を使っていたため気になって視聴。

ホタルとワニのキャラが被ってる。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.6

この映画が想定してる観せたい視聴層ではなかったのかなぁ。。

「風船は役に立たないけど、持っていると幸せなんだ。」
そんな感覚、無くしてしまったなぁ。

火花(2017年製作の映画)

1.9

昔「もし大学に入れなかったらNSCに入ろう」と言われたことを思い出した。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

音楽は心に寄り添ってくれる、
心の声に耳を傾けてくれるって意味で、
「音楽は耳を傾けてくれる」ってセリフ、たしかになぁと思った。

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

2.3

セバスチャンてばうっかり者なんだから、、

父と娘の物語ですね。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どんなに遠く、長い時間離れ離れであっても、決して変わることのない親子の愛情。。

それはさておき、


ユージーン「君が僕の新しい夢だ。」

2人の出逢いはまさに自分の夢を追い掛けているその最中に起き
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

1.5

あまり没入できず。。

普段、いかに便利な生活をしてるんだなぁという感想。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.1

知人と関わりの深い人が自殺した今日この頃に視聴。

辛さの渦中にある全ての人がヤマモトに逢えますように。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

濱田岳「何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない(映画『海の上のピアニスト』)。最後の一本なんて存在しない!あり得ない!そうやって続くんだ、僕らと映画の関係は。 >>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

自分だったらルーのようにできるか自信ないし、
自分だったらウィルのような決断はしないと思う。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

町長である父に
三葉が説得するシーンがとても好き。

レオン(1994年製作の映画)

2.8

ファンが多いため、
観ておくと得することも。

>|