shuさんの映画レビュー・感想・評価

shu

shu

今は分かりやすいのが好み。点数つけるの難しい。得点つけやすいジャンルとつけにくいジャンルがある。ジャンルごとに採点基準をかえるべき?

映画(26)
ドラマ(0)
  • 26Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

クリープ(原題)(2014年製作の映画)

2.0

ただ気持ち悪い男につきまとわれる。なぜ男がおかしいのか探ったりしたら面白かったかも。途中がだるめだった。

リバース(2016年製作の映画)

2.1

変な自己啓発セミナーに参加させられる話。とってつけたような展開で、驚きがないのが残念。結局ハマってるし、親友が主人公を参加させた理由もなんだか納得いかない。

死霊館(2013年製作の映画)

3.7

幽霊がたくさんいる家の話。色々なお化けが出るのは珍しい。インシディアスよりもビックリは少ないけど、終わった後の感じがいい。ヴェラ・ファーミガは素敵ですね。

リピーテッド(2014年製作の映画)

2.9

コリン・ファースの涙にやられた。2大スターの共演だが、ちょっと地味〜なサスペンス。怪しいと思ったらやっぱり怪しいで、さらに何かあっても良かったかな〜と思った。

白い沈黙(2014年製作の映画)

2.7

誘拐された家族の辛さがわかる。誘拐犯の動機がなあ。家族の絆みたいなのももう少し表現されてれば良かった。サスペンスとしてもう少しスパイスが欲しいところ。

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.3

男はやるときはやるもんだっていうノリがいい映画。甘酸っぱい青春ホラーといったところか。サマラ・ウィーヴィングのくどいくらいの可愛いさがホラーに合ってる。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

罪は償われべきか。認知症のお爺さんの復讐劇というのは異色。地味な作品だが良作だった。認知症って大変だなあ。

ソウ2(2005年製作の映画)

2.7

ジグソウが何者か知っているため1のようなサスペンス感はなかった。どんでん返しはあったけどなあ。 ジグソウなりの悪のポリシーは感じた。

ソウ(2004年製作の映画)

3.0

ひたすら密室の話かと思ったがそうでなかった。オチは有名なので知っていた。ホラーではあるがビックリするような感じはあまりない。むしろミステリーに近い。誰がジグソウなのかというところで伏線を張っている。ジ>>続きを読む

デッド・サイレンス(2007年製作の映画)

2.8

ジェームズ・ワン。古典的な正統派ホラー。最後にもビックリがある。演出がやや単調。父親の後妻が美人。

インシディアス(2010年製作の映画)

3.3

父親に何かあるとは思ったが既に狙われていたとは。最後まで飽きずに見れた。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

解剖される女は何者なのか。解剖ミステリー。そこまでグロくなかった。もう少しいろいろあっても良かった。90分でおさまっているのはいい。

意表をつくアホらしい作戦(2018年製作の映画)

3.9

新しいことを生み続けていくことの大変さがわかる。死んだ後に周りの人に愛されていることに気づくなんて悲しい。楽しい雰囲気で重たい感じにならなくて見やすかった。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.3

伊藤英明のサイコパス感が良かった。二階堂ふみが可愛い。フラグ潰していくハスミンは良かった。学生側に何かあれば良かったなあ。

ラスト・ワールド(2013年製作の映画)

2.5

予告編が面白そうだったけど、本編はイマイチだった。現実なのかどうなのかっていう危うさは関係なくて、最後まで普通のディスカッションだった。

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

3.2

密室からどう展開するんだろうと思ってが意外と展開があった。トラウマを克服していい感じの終わりだった。

リトルデビル(2017年製作の映画)

2.7

子供に愛情を感じていくのは良かった。コメディ感が強くて、知らなすぎた男みたいになるかと思ったけど、そうはならなかった。

1408号室(2007年製作の映画)

3.2

なかなか怖かった。安定感のあるホラー映画といった感じ。サミュエルが何かあると思ったけど、特になかった。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.4

そこまでかなと思ったら割と面白かった。恋愛とサスペンスどっちもある感じ。まあサスペンスかな。とりあえずパソコンのカメラにはテープを貼ろう。

サイン(2002年製作の映画)

3.5

久しぶりに見たが、最後まで思ったよりも長かった。初めて見た時はラストのインパクトにやられたが。子供の演技がすごいのと、所々のジョークセンスが良かった。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

静かなファーストコンタクト。世界を1つになるのは感動的だけどそのきっかけを何と伏線はれてたら名作になってた。どちらかというと観念的映画。映像きれい。ソラリスとかそっち系。エイミーアダムスは良作に出てる>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.7

スプリット、グラスの予告編と見て数年ぶりに鑑賞。やっぱり音楽の盛り上げ方と伏線の張り方がいい。中盤がやや退屈なのはラストへの盛り上がりに向けてということでいいかな。とはいえ、そこまでダラダラせずに見れ>>続きを読む

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間(2016年製作の映画)

2.4

コメディホラーて感じであまり緊張感がなかった。ギャグに振り切ってもいいかなと思ったり、微妙だった。

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

マカヴォイの演技が素晴らしい。アニヤ・テイラー=ジョイも可愛いくていいです。
アンブレイカブルを事前に見ておいた方が楽しめます。
多重人格で女性がいるけど、他にもオネエがいるのって面白いですね。