おちまるさんの映画レビュー・感想・評価

おちまる

おちまる

映画(600)
ドラマ(1)

座頭市地獄旅(1965年製作の映画)

3.9

言葉にしない(できない)気持ちや関係性をあらわすのが巧みですよね三隅さん。
そんでもってストイックでサイコパスなライバル役がかっこいい!成田さん、メモ。

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼(2007年製作の映画)

2.9

殺人依存症×二重人格な主人公
もっとゾクゾクさせて欲しかった〜

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.0

冒頭笑った。真昼間から家の近くのラブホ使ってる父親ヤバすぎ。そしてその現場目撃してペラペラと母親に話しちゃう主人公もヤバすぎ。それからずーーーっと主人公やべえ…のドン引きが続く。坂上くんは典型的なダメ>>続きを読む

座頭市逆手斬り(1965年製作の映画)

3.0

偽座頭市が出てくる,しかも演者は藤山寛美ということで面白いに違いないと期待に胸膨らませすぎた。全然活かしきれてなくない??

座頭市二段斬り(1965年製作の映画)

3.8

オン眉の小林幸子かわい〜!!
躍動感あるカメラワークが面白い。三木のり平も最and高。

座頭市関所破り(1964年製作の映画)

3.2

爺さんがよかった。あと,平幹二朗のギラギラした感じがたまらんね。
ストーリーはすぐ頭に抜けてく…

劇場(2020年製作の映画)

3.0

この2人が住むアパートの隣人にはなりたくない!!の一言に尽きる。

大阪出身なのにバリバリ標準語の山崎賢人とか,そういう小さな穴がたくさんあって,どうも映画に入り込めない。
松岡茉優はいつも通りの「男
>>続きを読む

生きものの記録(1955年製作の映画)

3.9

齢35(?)で爺さんの役(しかも頑固じじいから狂人じじいまで)を演じ切った三船に拍手。しかしお尻のラインがプリケツのそれだったので,年齢は尻に出るな…と改めて心にメモ。

三船がジュース買ってくれるシ
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.8

SF恋愛モノな設定で心配だったけど、案外すんなり入り込めた。まさか上野樹里に会えるとは思ってもなかったです。
チェコに行くシーン「毎日顔変わるのにパスポートどうしたんやろ?」とか思っちゃった。よくない
>>続きを読む

恐怖と欲望(1953年製作の映画)

3.0

一体全体、キューブリックは
どんな狂った人たちを見てきたんだ?

パンデミック・フライト(2015年製作の映画)

1.0

TSUTAYA行ったら取り上げられてたんで借りてみました。機内パンデミックとか面白くないわけがない!と思って…
感染したら100パー死ぬとか言ってる割に感染者めちゃめちゃ元気。
自分の中に湧き起こる5
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

3.8

サイコが一家虐殺するあるあるムービーかと思ってたけど,ちょっとそこらの作品と一線を画す感じがしました。
ラスト観てから冒頭思い出すとちょー怖い。
しばらく卵見るたびに思い出しそう。

技術者たち(2015年製作の映画)

3.0

全然ドキドキしないアクションムービーで驚いた(笑)
中堅ユーチューバーみたいな顔した主人公が頑張って伏線回収してた。

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

内容すっかり忘れてた。
ちびっ子おデブなアメリカンキッズは永遠に可愛いです。

mellow(2020年製作の映画)

3.2

おっさんずラブ以降,田中圭のツッコミが芸人のそれにしかみえなくなってきた。
全員片想い,ってハチクロかな?
それにしてもお父さん,「やりたいことやれ」って死ぬ前に気付いてたなら娘に言ってやれよ…手紙じ
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.9

ストーリーそっちのけで,無敵な主人公に心持ってかれた。まるで女性版ランボー。
クギとミキサーのシーンは思わず笑ってしまった。
題名の出し方も超クール。B級感あって良きでした。

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.0

スクリーン1人で独占。
マヤ文明を感じながらの冒険アクションサメムービーかと思ったら,全く遺跡関係なし(笑)
パパがモブすぎて,なんも言えねえ…

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.5

死んだ先でもグループディスカッションさせられんの最悪だな。
みなさん仰るように,(海外版)世にも奇妙な物語。ラスト10分くらいのレベルが高かった。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.7

「姫の犯した罪と罰」って,すごいキャッチコピー。かぐや姫ってあまりにも有名すぎて、どうなん?って観ずにいたけど、思ってた20倍良かった。

たけのこ〜たけのこ〜って可愛すぎ。ジブリは子どものかわいい仕
>>続きを読む

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

3.2

菅田将暉出てきたとき声出た。
上映当時、映画館で観たはずなのに
なーんにも覚えてなかった…

ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978年製作の映画)

3.8

ポンコツなヘリボーイのドヤ顔にイラッとしつつも、ゾンビ化した時の演技がうますぎて笑った。
ポップなBGM×臓器。みたいなサイコパス加減がグッときた。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.8

途中から、精神科医の人がヌーの井口にしか見えなくなっちゃって…
なんでなんで星人の間宮から漂う犯罪者臭が良かった〜

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.9

ソフィーが淡々と過去を語るシーン,演技力に圧倒された…すごーく綺麗な緑色の目。
過去の自分がした大なり小なりの「選択」の先に今の自分がいること。

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.5

「胸糞映画」にカテゴライズされてる映画,なにみても「どこが胸糞なんだ?」って思っちゃうからなんか損した気分になる…胸糞したい!!
今作もまさしくそれ。どちらかというと「やられたらやり返す…倍返しだ」が
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

小学校の場面が自然でいい感じだった。発言とか喧嘩の仕方とか。
丁寧なリンコさんの口から時々出るワイルドな言葉がグッとくる。信頼できる人柄が溢れてる。

HACHI 約束の犬(2009年製作の映画)

3.3

中学生の時,何故か映画館で観てボロ泣きした思い出があり…
改めてみると,なんで海外に秋田犬いるんだ?とかなんか余計な気持ちがいろいろ湧き上がってきて,良くない。純粋な気持ちを取り戻したい。

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.1

黒澤明の作品は最後の最後まで目が離せないというか,むしろ最後のシーンが1番最高みたいな。今回もなんだ,最後の最後でスコア20くらいつけたい気持ちになった。
シリアスなシーンでコミカルな会話挟んだりとか
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.5

自分でもびっくりするくらい悲しみに侵食されていたので映画館に駆け込んだ…
平日レイトショーなのに満員御礼状態で,ジブリの集客力すげ〜なと。

にしてもだ,シシガミ様登場シーンで「トイレ行きたーい」って
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

言語学概論、みたいな映画。
未来がわかってる人生、、、ラスト5分は切なかったですな〜。

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.2

最後のシーンのための100分だった。
オリジナルが大好きなので楽しみにしてたんだけど…そもそも展開がほとんど一緒だし,パロディですか…はい。みたいなテンションでしか観れなかった。
そしてなんといっても
>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

3.4

最初の30分くらい情報量多くて疲れた。。
情報収集能力ぱないアダムドライバー,っていう映画。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

カーターのルームメイト,誰かに似てる…って思ってたら織田信成か。納得。
今回は信成ストーリーかと思いきや,しっかりツリーのヒューマンコメディ映画。ホラー要素どこいった?
殺人犯と果敢に戦うツリーが好き
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.7

清々しいビッチが主人公なので
気分よく観られる。
繰り返してるとカーター可愛く見えてくる…
これは2も観なきゃですな、、、

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.0

劇場deランボー!
もう嬉しいってもんじゃない…無敵なランボーを大画面で拝めることにワクワクが止まらなくて,観る前から1800円分回収した。
昔みたいに森を縦横無尽に駆け回ることはできないランボー,今
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.8

アダムドライバーだから観れたようなもんだった…
モノトーンに拘りすぎな奥さん怖すぎ(笑)
ラストの永瀬さんのアーハンに
100分全ての記憶持ってかれた、、、
なんだあれ、、、

>|