OGさんの映画レビュー・感想・評価

OG

OG

  • List view
  • Grid view

クルエラ(2021年製作の映画)

4.2

予想を上回るおもしろさで、完全にやられました☺︎

“ディズニー”ということもあり、ポップなテイストなのかと思っていたのですが、音楽のセレクトだったり、ファッションにフォーカスしていたりと見どころ満載
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.8

マーベル作品らしさ全開の“派手さ”はあまりないものの、ブラックウィドウがエンドゲームでの「選択」をした理由に繋がっているのかぁと思うと、なんだか感慨深いなぁと…☺︎

『What If…』なんかを見て
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.3

個人的には鉄板なはずの「ピクサー作品」…のはずが、吹き替えのせい?もあるのか、どうも集中して観れなかった…☺︎

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.4

「期待していたほど…」という印象がありつつも、違った意味で引き込まれた感じ☺︎

予告でもあったように、“飲み込む”はちょいとグロ?なのかホラー?なのか…☺︎

個人的には、ラストが…な印象でした☺︎

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.4

良くも悪くも?民放のドラマっぽさがやけに強いなぁという印象☺︎

もう少しトゲのある仕上がりにすれば、またちょっと評価も変わっていたのではないでしょうか☺︎

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.4

マーベル作品はすべて見ているのに、なぜかX-menシリーズだけハマらないワタシ…☺︎

なので“X-menらしさ”は分かりませんが、全体的にはスローテンポなのかなぁと☺︎

90分くらいの作品なので、
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

4.1

『喜劇 愛妻物語』というタイトル通りだなぁな作品でした☺︎

全体的にコミカルに描かれつつも、時折りまじめなテイストだったり、終始飽きずに観れました☺︎

濱田岳さん&水川あさみさんのコンビが抜群すぎ
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.0

長すぎる103分…☺︎
というか、見終わる前にレビュー書いています☺︎

「予告がピーク」な作品かなぁこれは…。

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

3.4

意外とまじめな作品だったなぁという印象☺︎

「全裸監督」のようなレベルで“エロ”にフォーカスはさすがに難しいか☺︎

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.9

いきなりストーリーがはじまって、開始5〜10分くらいまでのドタバタ感で一気に惹きつけられた☺︎

ジャンルとしては「ホラー」になるのだろうか?☺︎(けっこうグロい)

でもコメディテイストも要所要所に
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.3

映画好き感アピールしたい人が「この作品良かった!」と言いそうな作品☺︎

ストーリー的には、思春期の1ページを切り取ったという感じでしょうか☺︎

もう「“A24”だから間違いない」なんて思い込みは捨
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.4

なんかハッキリしない感じが多い作品だなぁという印象でした☺︎

大島優子さんの少しのお色気シーンあり☺︎

人数の町(2020年製作の映画)

3.2

“このテイスト、〇〇っぽいな”
が詰まったような作品☺︎

もう少しトゲのある仕上がりにすれば面白かったのだろうか?☺︎

よくある「豪華キャスト」とは謳えないものの、そこまで気にはならなかった☺︎

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

3.8

思ってた以上にぶっ飛んだ部分のある作品でした☺︎

ホラーなのかミステリーなのか、だけど少しのコミカルさもあったりと☺︎

ラストの感じとか好き嫌い分かれそう☺︎

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.1

高卒partyのティーン映画かと思っていたら、けっこう攻めた感じもあって、思った以上に楽しめるコメディに仕上がってました☺︎

けっこう際どい会話の内容もあるので、お子様には向かないのかもですが☺︎

アース・フォール JIU JITSU(2020年製作の映画)

1.9

まず、102分の作品です☺︎

なんだか全編にわたってチープさがプンプンで、“C級”な仕上がりでした☺︎

ニコラスケイジに釣られて観ないことをオススメしておきます!☺︎

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.8

面白さと、ちょっとの怖さがmixして、「やっぱ面白い」でした☺︎

もうちょっと各曜日を深掘りして見たいというのが正直な感想です☺︎

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.0

スタートから中盤までの面白さは、ひさびさにヤバいと感じるほどでした☺︎
本当にあっという間!☺︎

ラストにかけてはやや失速かなぁという印象もあったが、総合的には面白かったです!☺︎

“のん”こと能
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

3.1

なんとも言えないチープさが随所に見え隠れしてしまい、ちょいちょい冷めてしまった…☺︎

続編とかやるのかなぁ?☺︎

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.7

やっぱりストーリーとか世界観とかよくわからないんだけど、惹きつけられて見入ってしまう“何か”があるんですよね☺︎

「感想は?」と聞かれたら、「よくわからなかった」なんでしょうけど☺︎

フランクおじさん(2020年製作の映画)

4.0

『フランクおじさん』という邦題からコミカルな作品だと勝手にイメージしていましたが、なんともイイ作品でした☺︎

この時代は現代と違って、理解されないことも多かったのだろうと思いますし、そういう人らにと
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.7

テーマが重いだけに、もう少しトゲのある仕上がりにしても良かったのではと思ってしまいました☺︎

窪塚さんのオーラがすごいですね☺︎

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.8

「どこかで見たような…」な気もするストーリーではあるものの、しっかり楽しめる仕上がりでした☺︎

クリス・プラットがやっぱりイイっすね!☺︎

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.1

なんだかストーリーがぜんぜん頭に入ってこない…。
設定はおもしろくできそうなのに…☺︎

藤原竜也さんの無駄遣いとしか言えんな☺︎

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

3.8

“下ネタおり込み済み”なアメリカンコメディ作品でした☺︎

アンハサウェイ&レベルウィルソンのコンビが絶妙でした☺︎

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

ややコミカルな序盤と、中盤以降のシリアスさのバランスが絶妙だった☺︎

こんな家族だったら羨ましいなぁなんて☺︎

二宮さんの7変化っぷりにも注目ですね☺︎

罪の声(2020年製作の映画)

3.4

ストーリー中盤くらいまでなんとも話にのめり込めずでしたが、終盤にかけてはまずまず☺︎

ちょっと長かったせいなのか、なんともハマらなかったなぁ…という印象☺︎

銃2020(2020年製作の映画)

3.2

雰囲気ぷんぷん!
だけどなんだかようわからん…☺︎
そんな作品でした☺︎

日南響子さんを見るだけの作品☺︎

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.2

「たしかにコレは…」と言った仕上がりかなぁと…☻

まぁこれも“福田監督らしさ”なのかもしれませんが☻

キャストは相変わらずの豪華さで、ヨシヒコ並みにポンポン出てきます☻

クレジットに載っていない
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

4.1

ただただ良いお話☺︎

“全裸監督”なキャストが真逆な役柄で登場しているのも面白いですね☺︎

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

4.2

Netflixですかさず鑑賞!☺︎

デリヘルの“エロ”の部分ではなく、そこで働く人たちの“人間性”がフォーカスされていて面白かった☺︎(スコア平均値が低すぎないか?☺︎)

なにげ、最近の般若さんが
>>続きを読む

デンジャー・ゾーン(2021年製作の映画)

3.5

“ファルコン”じゃないアンソニー・マッキーが、もはや違和感しかない!(いい意味で☺︎)

けっこう設定は面白そうなはずなのに、どうもいまいち…という部分が多いのか。
レンコンのようにところどころ穴が空
>>続きを読む

ファザーフッド(2021年製作の映画)

3.5

この手の作品はハズレなしと見始めたものの、なかなか作品に集中できないまま終盤に…。

結果的にラストにかけての展開が良かったので、なんとかスコア平均もこの結果に☺︎

コメディとシリアスのバランスが難
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.5

ただのゾンビ映画ではない反面、ちょっと長くて中だるみ感…。

“ラストの先”も少し気になりますが☺︎

真田広之さんはチョイ役でしたね☺︎

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

4.0

ほのぼの系な作品で、見ていてホッコリさせられます☺︎

こういう役どころを演じれるのは、「俺たちニュースキャスター」から今や「アントマン」にまで上り詰めてしまったポール・ラッドならではなのかなぁと思い
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

“ヤクザ映画=ドンパチ”というのがお決まり?なイメージとしてありますが、良い意味で裏切られた感がある作品でした☺︎

駿河太郎さんがヤクザ系映画の常連となりつつある気がする☺︎

>|