YOSHIKIさんの映画レビュー・感想・評価

YOSHIKI

YOSHIKI

映画(54)
ドラマ(142)
アニメ(0)

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

4.5

騙すスケール、騙し合いから何を得たか。という面では前者はロマンス編、後者はプリンセス編に劣るけど、1つの映画として1番面白かったのは英雄編。
プリンセス編が自分的には笑えて感動して騙されたから、そこで
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.2

騙し合い。という内容だけでみればロマンス編よりは劣るけれども面白かった。
何より主題歌のLaughterの「膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター 今日も歌い続けた 自分自身に勝利を告げるため
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP ロマンス編(2019年製作の映画)

4.0

自分史上1番好きなシリーズ。
中だるみはあったけど全体を通してやっぱり面白い。
騙されたというスケールでは連ドラ含めロマンス編が1番。
何より1番の驚きが主題歌のPretender流れて、いいなぁこの
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.3

騙し合いはあったけど
あらすじと予告が煽りすぎて、正直高度な騙し合いに思えなかった。
もしくはコンフィデンスマンの影響で自分の中での騙し合いのハードルが自然と上がってるだけかも(笑)

名探偵コナン ハロウィンの花嫁(2022年製作の映画)

4.4

コナンが好きすぎるため深い感想は省略
昔ほどトリックや犯人などに重きを置いていないが、ここ近年のコナン映画の人気キャラを出して内容は二の次という、ちゃんとしたファンの違和感を払拭してくれた。
あと主題
>>続きを読む

ごくせん THE MOVIE(2009年製作の映画)

3.0

シリーズ2、3と鑑賞済み。
懐かしい顔ぶれが見れたのはよかった。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.2

古沢良太作品だから鑑賞。
娯楽映画として楽しめる。

世の中にたえて桜のなかりせば(2022年製作の映画)

3.3

「桜の季節に反戦を訴える」
季節的にも時期的にも絶妙にマッチしてて、感動する内容だった。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.4

家族の形は色々とあり
それぞれ違うけど愛が溢れてお互いを思いやれる家族は素敵だなと思った。
邦画にありがちなお涙頂戴ではないのに泣けた。

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.0

連ドラは面白かったけど映画はイマイチ。
綾瀬はるか、西島秀俊のアクションは良かった。

キングダム(2019年製作の映画)

4.1

長澤まさみが美しい。
配役が完璧だと思った。特に吉沢亮と本郷奏多がピッタリ。大沢たかおもよかった。
スケールが壮大でこの映画を機に原作も読むようになったくらい面白かった。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.3

総理の傲慢極まりない態度や言動をもう少し増やせば、さらにギャップが生まれて面白くなったと思う。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

任侠映画かと思いきや、ただの任侠ではなくヒューマン要素があり、最後はクスッと笑えるすっきりした終わり方だった。
キャスト全員素晴らしいが特に役所広司、松坂桃李、真木よう子が圧巻だった。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.7

池井戸潤作品ということで鑑賞。
組織という中での正義をどう実現するかは、組織が大きければ大きいほど、トップが腐っているほど困難性が伴うと思った。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

ツッコミどころはあるけれどテンポが良く飽きずに2時間見ることができた。
時効では癒えない被害者の心境が焦点。

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

長澤まさみの魅力抜群だし、四姉妹全員役にはまっていた
春夏秋冬、どの季節の描写も美しく
古民家の鎌倉での生活を舞台とした人間模様によって、今ある自分自身の家族のあり方を考えさせてくれ

永遠の0(2013年製作の映画)

4.0

この時代と比べれば現代は快適に暮らすのに十分な環境や自由があるのに、さらに上を求めている自分。
発展を求めるからこそかもしれないが、有り難さを忘れているとこの作品で気づかせてもらえた。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.6

ステータスが高い家族と、愛情力が高い家族
子どもにとって社会的成功と、家族的成功はどちらがいいのか。もちろん後者だろう。
20代前半の今の自分と、結婚して子どもができているであろう未来の自分とでは考え
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.0

対照的な2人の美しさが肝で沢尻エリカが綺麗。
美しさを重要視する人には見る価値があるけど、ストーリーや人物の掘り下げを期待する人には少し物足りなさがあると考える。

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.8

人間社会は白か黒かという単純なものではなく、それぞれの事情や経緯、人間関係が複雑に絡み合ってその中で皆必死に生活している事を考えざれられる。
悲しい親子の愛情が切ない。

余命1ヶ月の花嫁(2009年製作の映画)

-

感動はしたけど映画ということもあって少し美化しすぎではないかと感じた。
記録として残します。

悪人(2010年製作の映画)

3.2

ストーリーは普通。予測に基づいた行動規範を持たない人の物語。役者の演技が圧巻。
アカデミー賞で最優秀作品賞・脚本賞は受賞してないけど最優秀主演、助演賞を受賞したのは納得。

告白(2010年製作の映画)

4.0

特定の宗教に縛られない奔放な自由が生み出す偏った育児や教育思想のリスクが描かれており、偏差値、キャリア、品行方正のどれを上位において我が子に期待するのか、バランスを欠いた偏重教育がモンスターを生むとし>>続きを読む

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008年製作の映画)

3.3

江戸川乱歩作品とは別物と考えれば面白い(笑)
パラレルワールドとして違和感がなく、映画の世界に入り込むことができた。アクションもよかった。
Oasisの主題歌が好き。

沈まぬ太陽(2009年製作の映画)

3.7

実際に起きた飛行事件をもとに作られており、会社の中での人事問題、労働組合との問題、不正融資といったテーマが盛り込まれていた。
その中で、遺族に対して真摯に向き合い、寄り添って誠実な対応していく主人公が
>>続きを読む

アンフェア the end(2015年製作の映画)

2.9

劇場版3作品の中では1番ナシ。
率直に内容が酷い。アンフェア醍醐味の裏切りはあったけど、いつから愛に重点置くような作品になった?

アンフェア the answer(2011年製作の映画)

3.7

前作のthe movieよりはTVシリーズを見ていなくてもわりと理解できると思う。
アンフェア本来の謎解きや騙し合いが物語に含まれていて満足した。

アンフェア the movie(2007年製作の映画)

3.3

連ドラからの伏線回収を上手に行えているけど、映画から見た人は理解できない場面が多いと思う。
2時間の映画で見るのがちょうどいい。

怒り(2016年製作の映画)

4.1

犯人は誰、どのようなトリックで動機は何かよりも、タイトルの「怒り」が自分に対しての怒りなのか、他者に対しての怒りかなどを考えさせられる作品
「三度目の殺人」と同じく映画に何を求めるかで評価が別れる。た
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

人の心の有り様、真実を捉えること、それを裁く司法の難しさが伝わってくる。
最後まで見てタイトルの「三度目の殺人」の意味を理解できた。犯人役は役所広司しかできないのではないかと思うくらい演技が圧巻で、正
>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

3.8

ニノが本当に素晴らしい。
戦争の無残さや無情さを親子の情愛と共に描かれている。ファンタジーではあるけれど、反戦の意思を強くて受け取れる作品。

モテキ(2011年製作の映画)

3.7

7年前の世界の中心で愛を叫ぶの2人が今作ではこんな関係になってるのは驚いた(笑)
人間関係がしっかり描かれていて、映像・音楽・編集全てがよかった。

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.4

見るきっかけは齋藤飛鳥(笑)
高校時代のノリと勢いを思い出させてくれた。青春の具現化。
それぞれのキャラが際立ってた。
浜辺美波出演してたのはなんで?って思っだけど。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.8

原作読んでたから配役逆の方がいいと思ってたけど、見終わった頃にはこれでよかったとなった。反省。
正直内容よりもエンドロールの凄さに驚いた。

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.5

まず百田直樹がこんな恋愛小説書いてたことにびっくりした(笑)
単なるラブコメかなと思ったけど終盤は運命に抗う主人公と、導き合う2人の真実と捉えることができるような場面の移り変わりだった。
主題歌良すぎ
>>続きを読む

>|