okaさんの映画レビュー・感想・評価

oka

oka

映画(346)
ドラマ(0)

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.5

Bruce Springsteenの曲がたくさん出てくるのて、曲に思い入れがある方は私の何倍も楽しめたんだろうなぁと思いました

つい3〜40年程前の話、、
イギリスの田舎町でパキスタン人への差別があ
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

Life itself・・・「人生そのもの」

4世代に渡って綴られているので、駆け足で成長していきます。

途中家系図がこんがらがりそうになりましたが、最後にきっちり着地できたのでとてもスッキリし
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.3

3ヶ月ぶりの映画、、
やっぱり映画館は癒される!

若草物語と聞くと古臭いイメージがあるけど、この監督とこの出演者たち
躍動感半端ないです
グレタガーウィグ、シアーシャローナン、ついでにティモシーシャ
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

-

寝てしまったのでスコアつけれません、、
友達からの強いお薦めだったのですが、今回も期待しすぎてしまったのかただただ疲れていただけなのか。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

ホアキンの迫力と演技力に最初から最後まで圧倒されました
バットマンは1度も見たことがありませんが充分楽しめました
狂気と滲み出る涙、いろんなパターンの笑い、、
ホアキン・フェニックス凄い!
まだ胸が息
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

映画評論家町山智浩さんの強いオススメで鑑賞
ドラマも原作本も未体験でしたが充分楽しめました

ぶつかり稽古(昭和ドラマ「寺内貫太郎 一家」)のような激しさと笑い、そして出演者の愛があふれている作品でし
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

4.0

フランス映画あるある
ふわっと終わり じんわりこみ上げる

自転車があまりにも自由に車道を走っており(しかも並列で)てっきり自動車事故でお姉さんがいなくなるのかと思っていました、、

アパートから見え
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.3

評価が高い映画だったのでチラシを手に取った。
「カンヌで高評価」ますます観たくなった。
LGBTの(女の子になりたい)男の子が主人公、、
ん〜 最近私がチョイスする映画はこのテーマが多かれ少なかれ絡ん
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.3

先に原作を読んでからの観賞
マモちゃん かっこよすぎ?
テルコ もイメージと違って??

残念ながら 角田光代原作シリーズの中で弱めの印象でした

やはり私の場合は映画を観てから原作読むといった順番が
>>続きを読む

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード(2015年製作の映画)

3.5

ビルエヴァンスがいつの時代の人なのかさえ知らずに観賞。
大好きなマイルスディビスのアルバムに名を連ねていた事に驚き!
ジャズは一生もの、アルバム毎にビルエヴァンスを聴きたくなりました。

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.6

西ドイツ 東ドイツ、、西ベルリン 東ベルリン
改めて歴史の勉強しつつ、、実話に基づく社会主義国家の恐ろしさを再認識しました
私の親世代、、ついこの間の話
恐ろしい 馬鹿げている でも現実。

教科書だ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

2.5

鑑賞する前 町山智浩さんの解説やこちらでのレビューなど、予備知識をいれつつ鑑賞。

率直な感想は、これがアカデミー賞⁈
前例のないネット配信作品が各賞を受賞、ノミネートするほど??(主演、助演女優賞ま
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんとなくチョイスした映画でしたが ほぼ満席、、実話ということで さらに気持ちが締め付けられました。

主役3人も興味深い役者ですが、脇役として監督も出演、グザヴィエ・ドラン、レッチリのフリーまで、、
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.9

はじめてのブルースリー作品
しかもスクリーンで観れて本当によかった。

リアルタイムの世代ではないので ブルースリーの印象といえば アチョーと言いながら戦っているときの怖い顔か 関根勤のものまね顔。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.6

封切り当時 評判が良かったのに行きそびれた作品
今回 札幌ディノス閉館のため「聖地閉店祭名作上映作品」の中のひとつに選ばれ 感謝です。
映画館で見ることができて本当に幸せです。

80年代のUK音楽が
>>続きを読む

ともしび(2017年製作の映画)

4.0

セリフも音楽もなく心に闇を抱えていると思われる女性の日常が淡々と映し出されていく。
前半、中盤、数少ない会話や表情を逃さないように注視してたけど 内容が理解できない。
クジラ、地下鉄、家族、刑務所、、
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.6

ずーっと なんか気持ち悪い、、
ハネケ作品っぽい不協和音は好きなはずだけど 韓国映画となると 人間の深〜い闇がえぐりだされてくるよう
BGM、夕暮れ、無言電話、
顔(簡単に整形する国民性)、田舎の風景
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

今更ながら鑑賞
娘に裏切られていることすら気づかない一般的(?)な「血縁家族」と、法に触れつつ情がある「万引き家族」
もしかしたら後者の方が 今を生きている感が強く 正しいのかも?とさえ思えてしまった
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

セッション、ララランド があまりにも好きすぎて期待が大きかった分 (2作品に比べると)スコア低めです。

ブリキを張り合わせたようなロケットに乗り込んで爆音から静粛の宇宙に飛び出す体験ができます(笑)
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.2

この映画に関して何の情報も持っていなかったけど たくさん受賞(ノミネート)しているし 評価も高かったので 上映最終日にギリ鑑賞。
観れて良かった!

イギリスらしいどこまでも続く曇り空と、寒そうな季節
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

人種差別だけではない盛りだくさんの内容に満足。

ムーンライトの時と似た 胸を締め付けられる苦しい場面に虚しさや憤りを感じる部分あり、笑える部分もあり、、。

当時の華やかなニューヨーク、南部の黒人に
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

監督のグレタ・ガーウィグが大好き
予想通りエキサイティングで切なくて笑えて泣ける映画でした。
役者もサクラメントと言う町も全て監督のセンスで美しく彩られた映画。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

イギリス王室って面白い
衣装、調度品が素晴らしい!映像が美しい
女優陣素晴らしい!!それぞれが適役

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.3

期待し過ぎてしまったせいか 途中まで??
ラストでぐっときました。
なるほど、、

マダムのおかしな晩餐会(2016年製作の映画)

-

ところどころ笑えたけど ところどころ寝てしまった、、
面白そうだっただけに 悔しい、、
スコアなし

>|