okeiさんの映画レビュー・感想・評価

okei

okei

映画(175)
ドラマ(1)

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

ごくごく私的で、特別さもなくありふれた話のようだけど。

ジョーが家族や隣人を大切にしてるからこそ、生まれた物語なのだと感慨深い。

夢と家族と、寂しさと、悲しさと。

結婚=幸せではないかもしれない
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.7

ゾンビ映画、初体験。

キャストの面々を堪能。
わかりやすい設定で、最悪の結末。
監督らしいのかな。

ゾンビになりたくないー!


ゾンビ映画は撮影現場が楽しそうだな。

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.3

何度観ても好きすぎる!
目を離す隙がない!

音楽が素晴らしくて、余韻感が半端なく、気持ちがいい。

大きめの帽子も、カラフルな衣装も、ミニスカートも、かわいくてかわいくて。
恋に生きて、偶然が重なっ
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.9

ドランの好奇の目、背負う感情の撮り方が好きだなと改めて思う。

孤独は寂しい。
理解者が1人いてくれるだけでどんなに救われるか。
スターじゃなくても、みんな自分を偽ってる。
偽らないでいられる場所がほ
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.9

当時の映画と雰囲気があってよいー◎
当時は民衆もこんな感じだったんだろうか。

衣装もかわいい。

撮影方法や編集も、今では出来ないし、斬新だったんだろうなと思う。
ラストの長尺のダンスシーンは、現代
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.3

オープニングが素晴らしい!
雨の街が素敵と思えるなんて。

ちょっと得した気分。

音楽も好き。

冴えない主人公も良い感じ。

憧れのパリを体感したような、夢を見てるような、心地が良い。
衣装も、ダ
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.9

今回もリアルなふたり。
切り取られた日常と、会話に感情移入してしまう。

段階を経て、今回もふたりに流れる空気が違う。
あたりまえだけど、守るものができて、我慢することも悩みも増えるけど。

こんな風
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.3

こわかった。
音と、映像の歪み方と、直接的な映像にドキドキしながら鑑賞。

現代だからこそできる映像表現がすばらしかった。

終始、綺麗な映像と、衣装と、踊りと、装置の中で進むストーリーと、私たちの概
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.9

丁寧でとても良かった。

1人暮らし始めてからの、お父さんとのやりとりがなんか泣ける。

華ちゃん、年齢によって雰囲気違くて、すごいなと。

毎日が良い日。
今日が一度きり。

長い年月をかけて、分か
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

二度と会わないと思ってた。
男は半年後にやってくる。
女はきっと現れない。
男はまっすぐ女を想い、女はうまく余韻を残す。

半年後に会えない2人に続きがあるとは思いもしなかった。

売れっ子になって、
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

スケールがでかかった。

みんないい声してるなー

とぼけたお父さんの源さんと、お母さんの麻生ちゃん。
華ちゃんも、違和感なくて、すばらしい!

子供のころの記憶って、時間が秒で流れてたな。
赤ちゃん
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

好きすぎるとうまくいかないのか。
幸せになりたいし、相手の幸せも願うのに。
むずかしいな。

長ゼリフで、自分の思いを吐くところ。
言いたくもないことを言ってしまうこと、言わせてしまったこと。
つらす
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

予備知識が少なくて、半分くらいしか味わえなかったかと思うと悔しい。

停電の演出も、売れていくスピード感、取り巻く人のノイズ感。

ストーリー展開はありがちなんだろうけど、彼女のキュートさが、時間も家
>>続きを読む

アンナ(1966年製作の映画)

4.0

うだうだしてて好き。
空想で踊りながら、あーでもないこーでもない、日常が流れていく。
アンナ、すごくかわいい。

音楽もファッションもかわいい。

セルジュの母親?の衣装が衝撃的にかわいい笑

フラン
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.2

好きな人のために、みんなが幸せになるようにと思っても、うまくいかない。
パズルのピースが合わない感じ。

結局、出会わなければよかったの?
それなら、本当につらすぎる。
好きな人のためなら、それを選ぶ
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.6

かわいい。
シド、こわい。

おもちゃたち、キャラがいい感じ。
バズがおもちゃだと気がつくシーンがせつない!

最後の車を追いかけるシーンがスリリングで、ドキドキする。

さよなら子供たち(1987年製作の映画)

3.8

悲しい。

現実にあったのかと思うとなおさら悲しい。

よくありそうな悪さや、ふざけや、いろんな人が絡んでいく。

守られていたものが、守れなくなる。
音を立てて崩れる時、それぞれの心情は冷静ながらも
>>続きを読む

薬指の標本(2004年製作の映画)

4.0

変態で奇妙でエロい。

人との距離感がとても不思議に描かれて、常に誰かに見られているような緊張感がとても良かった◎

いつ標本にされるのか、この女性たちはなんなのか、この男は何者か想像を掻き立てる…
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「キネマと恋人」を観劇してからの鑑賞。

設定も、キャラクターも、かわいすぎる。
夢見がちなシシリアも、コミカルな展開もとってもキュート!

男って…って思ってしまうラスト涙
女も強いな…

ラスト、
>>続きを読む

コンチネンタル(1934年製作の映画)

3.8

女の子たちがかわいい!

途中アンジャッシュみたいで、ベタだけど好き。
踊りが見事!

人形指ダンス、かわいい。

トップ・ハット(1935年製作の映画)

4.1

名曲!!

先日観たお芝居の影響で、たまらなく観たかった作品!

アステア、若かった。

アステアとロジャースのダンスがかわいすぎる。

話もいい感じにこじれて、それぞれのキャラクターもたってて、
>>続きを読む

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

3.8

ザッツエンターテイメント!

名曲だなー。

ラストのトニーを迎える歌も沁みる…!
ビールの歌も三つ子の歌もかわいかった。

舞台のあれこれ。
失敗も成功も過程も含めて
舞台って魅力的!

めまい(1958年製作の映画)

3.8

ストーリーも俳優陣も、カメラカットも音響も良いー!

ドキドキしながら観ました。

それぞれのキャラクターの設定も、ファッションも魅力的!

また観たい◎

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

宇宙モチーフの子供部屋、イラストレーションがかわいい。

太陽な人、いるなー笑

持って生まれたものによって、立ち位置が違う。
バランス取りながら、いい流れができるし、いい軌道に乗れる!

一緒にいて
>>続きを読む

オー!ファーザー(2013年製作の映画)

3.4

ありえない話だけど、ほんとにこんな家族いたら、愛おしすぎる!

アラジン(2019年製作の映画)

4.4

すばらしい!!!

吹き替えで観てしまったけど、山ちゃんの声も素晴らしかった!

ジーニー出てきて、一気に魔法にかかったかのように引き込まれてた。
魔法のじゅうたんも、時空超えすぎちゃってて、分かって
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

久しぶりの鑑賞。

ロボトミー、こわい。

みんな理由があって、それぞれに戦ってる。
楽しく生きたい!
正解が何か分からない。
それぞれの立場も、理由も分かる。

ほんと何が正しいのか分からない。
>>続きを読む

昼下りの情事(1957年製作の映画)

4.2

女の子が憧れる恋!笑

背伸びするところ、お茶目なところ、とにかくオードリーがかわいい。
カルテット引き連れて、踊って、お酒飲んで…って、素敵すぎる笑

カルテットとの距離感もセンスありすぎ!
オープ
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

3.8

想像した内容とは違う、オトナないい雰囲気。


恋人を探し回って、夜の街を徘徊するシーン。
車を盗むカップルのシーン。
印象的な場面が多かった。

地下鉄のザジ(1960年製作の映画)

4.2

かわいくて、たまらなかった。
ザジがとにかくかわいかった。

タンポポ(1985年製作の映画)

4.1

忘れられないシーンが多い。
刺激強め。笑
ちょっと笑う。

山崎務、かっこいいー

また時間をおいて観たい。

(1954年製作の映画)

3.6

ジェルソミーナの素直さ!
かわいらしかった。

全く違うタイプの2人だけど、しっかり繋がってた。

喧嘩もするし、すれ違うけど、大切にしてたのが分かる。

小石の話、よかった。

サンセット大通り(1950年製作の映画)

4.1

マックスの愛!!

巻き込まれた男!笑

夜の映画のセットの散歩のシーン、好きだな。
ノーマ、怖かったー
見事にラストまで、貫いたなー

お茶目なノーマも良かったよ

8 1/2(1963年製作の映画)

3.8

忙しく朦朧と追われ、
愛を知らない
愛せないと自身を追い込みつつも、奥様と手を取るラストのシーンは監督なりの愛の形なんだろうな。

ラストのシーン、好き。
ああやって、人生のエンディングを迎えたい。
>>続きを読む

テス(1979年製作の映画)

3.5

テスがひたすらに美人。
衣装も好み。

何も悪くないのに、とても辛い。
美しい容姿ゆえ、周りをそうさせてしまうのか。

真摯に想いを伝えようとするも、手紙も運が悪いとしかいえない。

何処へ行っても居
>>続きを読む

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

3.9

流れに身を任せ、たどりつく先で、
少しでも誰かの記憶に残りたかったんだろうな。

3人は奔放で自由な旅に見えるけど、
合間に挟まる土地の人の日常や生活。

ここが人生の中でも特別な時間なんだと思わせる
>>続きを読む