金子悟さんの映画レビュー・感想・評価

金子悟

金子悟

映画(21)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.0

呂布カルマに似てる人がいた。失恋を機に着想したと聞いているが、さすがにここまで悪意が極まってると引いてしまう。こんな映画が流行ってることこそ映画で、特に画が綺麗とも思わない。モザイクがあったのが個人的>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

森田剛がガンギマリ。グログロにグロいけどちゃんと希望がある終わり方だった。劇場で見たら悲鳴あげてしゃくりあげたとおもうから家でよかった

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作知ってるけど原作より主人公の理論武装がバキバキに割れててスカッとしたしそれだけじゃない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年製作の映画)

5.0

深夜に放送された映画から入りました。試験前のマジックでなんでも面白かったというのは否めませんが、ブラック会社から眺める景色が凄くかっこよくて、上京したいなと思いました。ネットは嘘をつきやがることがあり>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.0

映画秘宝のレビューを見てあーそうだなあ!と思いましたが、貧困を描いた点ではこの映画が好きになりました。たしかに綺麗な描写ばかりですけど、どうして「そうじゃないんだよなあ」と思うようなオチなのでしょうか>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

5.0

芸術家に限らず、全人類、とどのつまりは人間性によって評価されるものだけど、草間彌生ほど最初から最後まで正しさを貫いた人間は居ないんじゃないか…とこの映画で学びましたが、草間彌生の映画だからそりゃそうで>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画秘宝のレビューでなんとなく話の概要を掴んでいたので「あー!そういうとこだよね、そんな感じだから失敗するんでしょー!」みたいな気持ちが先走りして、序盤から涙で見ていられませんでしたが、観賞後数ヶ月経>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エル・ファニングのメアリーが忍耐に忍耐を重ねてやっと本を出した、というストーリーだけど、全員どこか苦虫を噛み潰しているのが印象的でした。だからこそメアリーのハッピーエンドが素直にうれしく思います。

愛を歌うより俺に溺れろ!(2012年製作の映画)

3.0

バンギャだったら履修してほしい。大野いとの素が垣間見えるシーンがあって、賛否両論あるだろうがわたしはそのシーンが光って見えます。

イメージの本(2018年製作の映画)

-

お腹が鳴るくらいの沈黙と鼓膜がひりひりするくらいの爆音の強弱がトラウマでした。この世界を知るにはわたしは世界のことぜんぜん知らないなあ…と落ち込んで帰りました。パンフレットが欲しかったけどお金がなくて>>続きを読む

くりいむレモン(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

くりいむレモンシリーズはこれと中国からの帰国子女が主人公のやつを観ましたけど、女の子とお兄ちゃんの距離感が絶妙ですよね。それだけでふわふわと幸福感を得られてしまう。でもこの回はお兄ちゃんがクソなので星>>続きを読む

君はゾンビに恋してる(2011年製作の映画)

5.0

なににおいてもアナーキーで節操がなくてすばらしかった…!映画だから

赤×ピンク(2014年製作の映画)

5.0

原作の結末の向こう側を描いたのが、わたしは感動しました。さまざまな女の子が闘っている中、キャッツファイト興行団長もまたかっこよくて、男性性に希望を見いだすことができたのも感動しました。映画が好きすぎて>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

わたしからすれば、思想が無理だった。そんなにこの世はひどいですか?
なにより、女の子の世界を大事にするために女の子ならではの個性をそれぞれのクリエイターが作品として切り取った割には、女の子として生きる
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

4.0

悪趣味ときいていたけど、そこまではない。普通。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キスシーンで泣いたのは黒歴史

松永天馬殺人事件(2018年製作の映画)

5.0

枯れ葉も山の賑わいという気持ちで書きます。
なんで評価の点数をつけなきゃいけないのか。この映画は面白いかどうかで見る映画です。
私は面白かったです。
多分文句言っている人のつまんないと思っている箇所っ
>>続きを読む