おゆきさんさんの映画レビュー・感想・評価

おゆきさん

おゆきさん

  • 160Marks
  • 22Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.6

20年近く前のCGはこんなレベルだったのかなぁと思いまた。

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

4.0

最初は内容的に難しく付いていけるか心配だったが、映画で問われていることは明確で分かりやすかった。
事実か元になってるが、イラク戦争について真実を把握していなかったため、恐ろしくてクラクラした。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.1

とても良い映画だった。
今後はアバウトに生きるんだと言う恋人の言葉から見つけた映画。
最初は平凡な映画と思い見ていたが、最後まで見ると胸に暖かく大事なものが残っていた。
今を大事に生きなくちゃ。

天外者(2020年製作の映画)

2.6

映像の統一がなく、綺麗な細かい作りのものと、テレビレベルのセットの箇所と違和感を覚える。知っている内容の物語なだけに、映像と脚本とで世界に連れていってもらいたかった。

罪の声(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ポツリポツリと出てくる証言を辿って解決に至るが、昔のことをそんなに覚えてるかなぁーと、推理を持って解決するわけでもなく、未解決になったのが不思議。
この映画は事件の解決を見せるのではなく、勝手な信念や
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

3.6

テレビシリーズを観ているすべての人が納得するような内容。
ここまで上手くまとまるのかと、感心した。嫌な気持ちが残らない、素晴らしい最期だった。

ロックンローラ(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

同じ穴の六科が共食いする様なお話し。
こうなると良いなぁーと思ってる展開で話しが進む。
まあ、そこそこかな。

マイ・ビューティフル・ランドレット(1985年製作の映画)

2.5

出口の見えない内容で、ちょっとつらかった。テンポは良くないのに盛り込んでいるので、ゴールできない感じ。

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

3.4

とても静かな物語り。
とても心に染みました。
海辺の村の風景と物語り、とても良かったです。
2回は観ないけど、観て良かった映画。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.5

ケイトが良い。
家族皆が純粋。
悪い人が誰も出てこない。
希な映画だと思う

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.8

騙しあい、殺し会いの話だが、それだけでない面白さが詰まった映画。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004年製作の映画)

3.5

面白かった。日本ではあまり有名じゃないファンタジー?残された子供達が強い。

グリース(1978年製作の映画)

3.0

ジョントラボルタかっこいい。良くあるストーリー。

完璧な他人(2018年製作の映画)

3.3

秘密は秘密のままが幸せ。知らなくて良いことの方が世の中多いのだろうと思う。
とても脚本が上手だなと思った。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

4.0

面白い!
恐いようで恐くない。
痛快なストーリーで心地よい。
音楽も最高!

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.0

不幸の連鎖で何もかも上手く行かない。
全米一位、何でかな。
あまり好きな映画じゃないかな。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

名作です。大好きです。
一編の映画の中に多くの要素がぎゅぎゅっと詰まっていて、だけど無理やりではなく、見やすい作りになっている。

スティング(1973年製作の映画)

4.0

今で言うコンフィデンスマン。
視聴者がどんでん返しを食らうことはないが、作り込まれていて非常に面白い。時代に左右されない名作。

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.5

現在と過去を上手く織り混ぜて綴られる物語。
お金持ちが周りにいてドン底の気持ちにはならないが、辛い心の機微が伝わる演技力で訴えかけてきた。

やわらかい手(2007年製作の映画)

4.2

とても好きな映画。
孫の為に奮起するおばあちゃん、心暖まる。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

多くの情報を詰め込みすぎていないので、テーマが分かりやすく見やすかった。

ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜(2009年製作の映画)

3.0

モーガンフリーマンが秀逸。
どんな役にもピタッとはめてくる。
ストーリー自体はそこそこ。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

二つの要素がある映画。
ハッカー同士のマウンティングと伏線を張ったどんでん返し。
面白かった。

アミスタッド(1997年製作の映画)

3.3

強く記憶に残る作品ではないが、人の尊厳を考えさせられた。

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

3.7

実話という事で見いる事が出来た。
目標のための犠牲の大きさ、可能性を信じる先生の強さに感動。
見て良かった。

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.0

好みの映画ではなかったけれど、好きな人は好きなんだろーなぁー

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.3

なんとなく選んで見てみたが、凄く良かった。
配役も完璧。
若草物語をよく知らないからかもしれないが、描かれていない登場人物一人一人の物語までが感じられる。
トロイメライが最高!

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

秀逸なミステリー。
話の大枠は良くある話だが、内容はとても上手く出来ていた。テンポはあまり良く無いので、集中しにくかったかな。

奇跡(2011年製作の映画)

3.0

最初から引き込まれる感はなく、ジワジワと段々と気がつくと見いってる。