パシフィックさんの映画レビュー・感想・評価

パシフィック

パシフィック

映画(16)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

夏が来るたびに観たくなる作品
主演のシャラメがとても麗しくスクリーンで一目見た瞬間、感電したように痺れた
私のベストムービーです。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.5

雨とジャズの雰囲気、画角や内容も良かったけど、「おれには排気ガスが必要なんだ」みたいないちいち捻った言葉選びや会話劇が面白かった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.0

日本の社会問題のほとんど全てを詰め込んでいるのに、重すぎず、明るすぎず、でも問題提起はしっかりされていて、そのたくさんの問題提起を受け取ることや、1つ1つについて考えること、くるくると変わる視点につい>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

ラストも映像も蒼井優ちゃんと森山未來くんの演技も最高で、一回でいいからあんな夏を過ごしたいし、百万円と苦虫女したい。
優ちゃんは絶対に映像の方が可愛いと思う、私は。ドーナツくわえてるのめちゃくちゃ可愛
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.0

音楽とラスト15分以外の映像美はすごかった。グロ耐性のある人や、あの行為を観るのが好きな人にはきっとラスト15分も綺麗に映るのかな。
わたしには合わなかったけど、ネオンデーモン大好き!って人もいたし、
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.0

文学作品を映画化するのは相当難しいと思うんだけど、効果音や伏線、衣装の変化でうまく表していてすごいなと思ったし、水の音がとても良かった...大杉漣さんとふみちゃんの表情も...
ネタかな?っていう展開
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

伏線符牒が素晴らしかったし、なによりとんでもない不快感や嫌悪感から号泣するくらいの感動に持っていくのがうますぎる...
白石和彌監督すごい
そして蒼井優ちゃんの演技がうますぎる

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カメラの前でしか息をすることができない夏芽が、カメラの前と同じ表情をコウちゃんに見せていたことが分かった時ゾッとした
カメラとコウちゃんの前でしか息ができないんだよその他は無いも同じ
表現が本当に秀抜

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.3

いい映画を観ると、当分は他のことなんか考えずに余韻に浸っていたくなります。

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

-

もーーーどハマり
今の気分にすごくフィットする雰囲気だしストーリーも初めから最後まで最高に面白かった。何故か爽快な気分にさせられるラストシーン、グッと心を掴まれて涙が...

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

4.3

ストーリー、音楽、ファッション、世界観、キャスト 全てが大好き🎞

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

バッドエンドがよかったな

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

幸せな結婚を結末に持ってくる点も、それが自身の生涯と相反する点も、ジェイン・オースティンと同じ。ずっと邦題ダサいなぁと思っていたけれど鑑賞後には「これは正しい。」と、すっかり心変わりした。照明の明暗で>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

社会情勢がよく表されているため話題になるのは分かるが期待しすぎた
消化しきれない感がある、ダヘは可愛い