pageさんの映画レビュー・感想・評価

page

page

すっきりほっこりする映画がすき。

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.9

闘わないと世界は変わらない。
偏見とかだけの話じゃなくて、個人のことに置き換えても全部そうで、闘わなくても生きていけるけど、闘うことで見える景色とか、解放できるものがあるって再確認した映画でした。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.1

なんかいいようにまとめた感があってちょっと自分的には納得いかなかった。けど台湾の景色だったり空気感はすごく好き

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.0

ひたすらエル・ファニングが綺麗。綺麗すぎると嫉妬を通り越してしまうのだなぁと。想像以上にグロい系でびっくり。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

見た後に疲労感があった。戦争の場にいるような感覚。すぐそばで銃の音が聞こえる気がする。そして一回見ただけじゃ理解できなかった。もう一回見たら新しい発見がありそう

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

ゲルダのアイナーへの愛があったからこそ、リリーとして幸せになるための後押しができたのだと思うと胸が苦しくなる。
自分の中に世間から見られている、望まれている像とは違う本来の自分がいるって、想像するだけ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.6

映像がキラキラしててとにかく綺麗。色の感じがハウルって感じ。キャストも好きな人たちばっかりすぎて私得。満島ひかりとか最高すぎる。
内容はよくある感じだったけど…

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.3

ドキドキするけど、前作??より大人しめというかあんまりドキドキしなかった。

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.6

女の子の綺麗事じゃない表も裏も詰まってる。見かけ以上にめんどくさい生き物なのですーて感じ。好きな男が変わるたびに服の雰囲気も変わるのってやっぱふつーなのかな

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

いつも通りぶっとんでるし、海も綺麗だし、夏ー!!って感じでこの季節、みたくなるよなぁ。ハラハラドキドキ、くすり笑いとともにちょっとじんわり。バルボッサのいいやつ感と、ターナー夫妻の最後のシーンがよかっ>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

映像が本当に美しくてどこがCGかわからないくらいリアル。ストーリーもアニメ版に忠実なのに、ちゃんと掘り下げたりしてあってすごく感情移入しやすかった。皆さんキレーな顔してるのに歌も上手いしただただ目と耳>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.3

時々クスッとなって、時々心が痛い映画。いろいろ考えるためにたまに見直したい。
そして、煩悩編んでみたいなぁ

ハートビート(2016年製作の映画)

3.9

美男美女すぎる。目の保養。友達役の人も好きだなぁ。地下鉄でのダンスバトルのシーンとか最高だった…

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ところどころ暗い部分もあるけど、清高のキャラのおかげで全体的にサクッと爽やかで見やすい感じ。男同士の友情素敵だなーー。
暴れて、仕事辞められたらハッピーエンドだったんだろうけど、辞めないっていう選択肢
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

3.8

ちょいちょい出てくるキャストが豪華で、しかも役にはまりすぎで笑ってしまった。時任さんの、渋いけどちょっとお茶目な感じとても好き。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.3

映像すっごい綺麗だし、人と人の関係性、話のテンポもすごくよい…

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

4.7

最初、「なんだこの妄想の激しい痛いやつは。設定も意味わからんし。クソ映画か?」と思ってたけど、時間が経つにつれてすっっごい引き込まれて、終わる頃には全員愛おしく思えた(上司以外)
仕事できついことがあ
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.0

ところどころキャスパーぽい部分がありつつ。ホルツ?がめちゃ魅力的。

ベイマックス(2014年製作の映画)

2.9

ベイマックスは可愛かったし、街並みもすごく綺麗だったけど、話の展開がまさかすぎて。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

さっくり、あっさり、頑張らないでさらーーっと見れる。時々クスッとする感じがすごく好き。

イントゥ・ザ・ウッズ(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

映像は綺麗だし、歌も耳に残るけど歌のせいでですごく長く感じた。
そして物語を寄せ集めました感がすごい…

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

途中でなんとなく最後が予想できて、しかも割とその通りになってしまって、衝撃も何も残らなかったなーという感じ

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2013年製作の映画)

3.8

発想の転換で物事はいろんな捉え方ができるし、どうにでも対処の仕方はある。
仕事や自分の生き方に誇りのある人は素敵。

予告犯(2015年製作の映画)

4.0

あまり期待してなかったけど、すごくいい意味で裏切られた!!パッケージ見て、予想してたジャンルと全く別ジャンルだったりとか。
そして出てる人が好きな人たちばかりでとても嬉しい…

>|