ぺいさんの映画レビュー・感想・評価

ぺい

ぺい

映画(587)
ドラマ(13)

やっさだるマン(2018年製作の映画)

3.5

なんかすごいアニ声

って思ったら

声優さんでした



ラストダンスシーンと
主題歌

いい感じでした



これもまた、成長の話
なかなか良いです

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.0

ずっと好きなのは
片想いだからだ

嫌いになる程
その人のことを知らないからだ












だから
私のこと
好きにならないでね

私は
あなたのことを
ずっと好きでいたいから

だから
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

4.7

倉科カナさんに惹かれて鑑賞

そんなに期待してなかったけど

その意に反して
とてもとても良かったです

じわじわときて

最後一気に来ました








荒ぶる主人公に

せいちゃんと一緒にヤキ
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.8

脇役なんかで出てても
つい目にとまってしまう

気になります
岸井ゆきのさん

そして
やっぱりこういう役が
はまります


おじいちゃーん!!
の叫びに
ちょっと涙腺が緩む感じもあり


お葬式のバ
>>続きを読む

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

4.0

ラスト
武田玲奈さんの笑顔に全部持っていかれました


成長を描いた作品って
清々しい

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.8

やっぱり、蒼井優さんに惹かれる
かも




つい、観てしまう

独特の雰囲気



フェンスを越えた先にあるものは
希望

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

3.5

原作既読

とはいえ、内容はかなり忘れていた

「飛ばすから、しっかりつかまってて」からの流れもそうだし

2人のやりとりに
ニヤニヤ

からの展開






新しい彼女の話は、予定調和的に
すぎて
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

4.5

原作でも、涙腺崩壊

だったけど

この作品も同じく

孤高のメス(2010年製作の映画)

4.0

見始めは

いまいち?

って思ったけど

意外と良かった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

そう

小松菜奈が可愛い

渇き

とは違う



走る黒髪美少女に

トキメク

犬猿(2017年製作の映画)

3.2

悪くはないけど
よくもない
兄弟姉妹もそういうものかも

君が君で君だ(2018年製作の映画)

4.0

平日です。
明日は仕事なんだけど。

見始めたが最後
一気にエンディングまで。


こんな風に愛したことも
愛されたこともないけど

彼らを否定できない。


思ってた以上にヘンテコリンで
思ってた以
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.2

なんか
すごく自然な感じだった


自然な感じが懐かしく


昔々
そんな時もあったなぁって


踊ってるしぐさ
可愛い

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.4

幽霊オチとか、夢オチとか
そういうのでなくて良かった。

タイトルのセリフからが
そこそこ長かった。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.5

なんか泣いちった。

前田さんとか
高畑さんとか
とてもとてもいい味出してます。

最後のメルヘンはいるのかな、とおもわなくもないけど。

松嶋さんもあんな子沢山の母を演じる年になったと思うと、感慨深
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.2

うまく2時間の作品にまとめていると思う。
原作未読。
反発してた2人が良いバディに。







そして
よりしろとは。
史実かと思うような説得力。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

時間を作って、全9作とスピンオフの
ローグワンと、ハンソロを通しで見直してみたい。

お疲れ様でした。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

刑事が単独で突入すると、確実に死亡フラグ。
目の見えない元警察官と
素人の若者がなんとかしちゃうのだから凄すぎ。

最後もかなり一か八か感。

でもあれだけ無理をしないと、助けるの、間に合わなかったの
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.2

それほどひどくはなかった。
それほどは。

なんとなくハッピーエンドな感じに。

確かに。
予告から受ける印象とは違う作品。

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

3.2

悪くないけど、良くもない。
割と普通な感じに。

話の展開はゆっくり目。

続編出たら、レンタルで見る程度。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.5

涙あり、笑いあり
ほのぼの、ウルウル
好みの映画でした

久しぶりにゲームもしてみたい

家族と一緒になら、なお

(2017年製作の映画)

3.4

音声ガイド作るのって難しい
ってことを知った

映像の説明が必要

でも、余白も必要

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

かなり年の離れた妹
兄貴想いでいい味出してます

親友2人もそう



確かに
サマーはその時点では嘘をついていない
のかも知れないけど。

でも
少なくとも、自分に嘘をつかない子ではあるのだと
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

レオンとかに及ばない

敵も味方も、捕まえた時に確実に殺さないから悲劇が起こる

もう少し、賢くやれば
人死にも少なかったと思うけど

罪の余白(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ツレチョイスの一作。

一か八かで
死ななきゃハッピーエンドみたいなのは、どうかと思う。

後、悪役はも少し美人の方が良いのでは、とも。渇き みたいに。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり、キムタクの立ち位置に違和感。
似合いません。

そして、ストーリー展開も強引すぎるよな。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.5

それにしても
榮倉ちゃんの可愛らしさよ



妻が死んだふりしてる理由は

ご想像にお任せしますって
言われても 笑


同じパターンの繰り返しにちょっと
飽きるとこもあったのですが

やっぱり、身近
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

テレビシリーズの出演者色々出るも
ちょっと既に忘れかけ。
最後のオチも、ちょっと想像つきそうなとこもあるけど。
金だけのためじゃない
彼らの仕事にかける情熱がいい感じ。
長澤まさみの新しい一面を切り開
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.2

リカと響の仲直りのシーンで
ウルウル。
ふみと響のシーンも。
名言も多い。
そして、平手さんのシングル。
今の平手さんだからこその作品。な気もする。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.5

観終わった後、もう一度観なきゃってなる

でも、今日はもう遅いし
また今度

何より、立て続けで観るの
ちょっとしんどそう

予想より相当よかった

>|