ひなこさんの映画レビュー・感想・評価

ひなこ

ひなこ

映画(42)
ドラマ(1)

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.7

記録し忘れ。

フライト・ゲームはスマホで観たからあんまり感じなかったけど、今回映画館で観たから迫力すごかった!
前回と同じく犯人と疑われる下りは観ててちょっとつらかったけど、結果めちゃくちゃかっこよ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

チャーチルは言葉を武器にした。やっぱ一国のリーダーになるような人はすごいなあ。
市民と対話する場面がダントツで好き。

ダンケルクと同じ時代の話を別の目線から観れて面白かった。

ターミナル(2004年製作の映画)

3.6

ペンタゴンペーパーズみて、トムハンクス作品観たくなって鑑賞。

愛が溢れる映画。
主人公の英語の習得の早さ羨ましい。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.3

単純だけどこの映画見てマスコミの仕事してみたいって思った(笑)
これだけ正義を持って報道してる人は今どれくらいいるんだろう。

主役のメリル・ストリープももちろんカッコいいんだけど、トムハンクスを始め
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.3

テレビでやってたのを見た人からオススメされて鑑賞。

アクション映画と思いきや心理戦もありよかった。犯人わかってちょっと驚いたあとに、また驚きが。

トレインミッションも観に行きたい。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

暗いイメージの映画かと思ってたけどそんなことなかった!
政治的な内容もあったりしてかなり面白かった。

見終わったあと前で観てた女子高生たちが、ストーリーを美女と野獣と重ね合わせててなるほどなと思った
>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.5

U-NEXTでパッと目についてあらすじ面白そうだから観てみた。かなり古い作品。

浮気相手が推理作家だったから、彼が頭キレキレで大活躍するのかと思いきや、何にも気づいてないのが笑った。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.7

引き続きラッセルクロウ作品。

途中までなんの疑いもなく素直に見てたから、驚いた。どこから彼は精神を病んでたんだろう。
見終わった後に、改めてこれが実話を基にした話だと思うと、すごく壮絶。

肝心の数
>>続きを読む

ディバイナー 戦禍に光を求めて(2014年製作の映画)

4.3

ラッセルクロウ初監督作品という文言に惹かれて鑑賞。とてもよかった。

贔屓目かもしれないけど、ラッセルクロウがとてもハマり役。屈強で強く、愛情深いお父さん。

戦争がテーマで決して明るくない話だけど、
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

最後色んなこと一気起こりすぎて、理解するの時間かかったけど、間違いなく感動できる映画。もう一回観たくなる。

絵がすごく綺麗。映画館で観たかった。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

最初謎に字幕多い。あれ必要だったんかな?

ストーリーは途中ややこしいなーって思ったけど、最後わかって感動した。

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

あらすじだけでも予習して見ればよかった!難しい、、、。

でもこういうストーリー結構好き。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

原作有名だけど読んだことなかったから、全然結末読めず、ドキドキしながら楽しめた。深い。

気になって主演のケネスブラナー調べたけど、ダンケルクにも出てたと初知り。どっちも去年の映画だけど、全然歳違うく
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画は初めてで今まで見てきた映画と並べられないから星はなしで(笑)

普通にびびった!
時々グロかったり、、、

子供達の青春映画としてみると、みんなこれでよかったん?みたいな結末。
だけどホラ
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

ドンデン返しのない良くも悪くも一本調子の物語だけど
不安、苛立ち、苦しみ、友情、愛、誇り
いろんなものがストレートに描かれてて見終わってほっと安心できる映画。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

スーパーヒーロー系特有の現実ではあり得ない描写ありつつ、後半でさらにそれを越えるアクションシーン出て来てびっくり(笑)半分ファンタジー。
でもそんなシーンが感動出来て泣いてしまいました。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.5

シャーロックでもそうだけど、ベネディクトカンバーバッチの孤高の天才感はブレない。
事実に基づいた話と思うと、報われないけど見れてよかったと思う。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

ミュージカル映画の最高峰だと思ってる。
歌から伝わる感情が生々しくて、これは歌手ではない役者さんだからこそ出来ることなんだろうなあ。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.8

泣ける。そしてすごく考えさせられる映画。またいつかもう一度観たい。
主人公を救う中で、同僚の3人が自分たちの悩みにも向き合って行くところはすごくいい。ちょっと詰め込みすぎた感はあるけど。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.2

子供向けの映画だと思ってたけど、グロいシーンも意外とある。
ファンタジーだけどアクションもあって結構好き。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.0

すごく泣けるとオススメされて見たけど泣けなかった(笑)
字幕でみたけど、これは吹き替えの方がよかったのかもな〜。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

楽しいけど泣ける。
ミュージカル映画すごく好き。
字幕版も見たかったかも。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.9

運命と思いきや運命じゃなかったのはちょっと残念だったけど、こういうSF系は結構好き。

追憶(2017年製作の映画)

3.5

終始重たくてやりきれない気持ちになるけど、最後はなんとか救われるような映画。
岡田准一ってジャニーズなのになんでこんな渋いんだろう。すごい。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.3

怖がりのわたしにはホラー要素強め。
ラッセルクロウ好きだから、彼の過去も描いてほしかった。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.7

話がわかりやすく絵も綺麗。
主題歌が合っていてよかった。

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

すごく笑える。そしてちょっと泣ける。
話題のイケメン俳優のゴリ押し映画だと思ってたけど、普通に話が面白いし、まんまとイケメンたちの虜になりました。

>|