mAさんの映画レビュー・感想・評価

mA

mA

復讐の記憶(2022年製作の映画)

3.3

うーん、、中途半端な雰囲気、、
復讐したい気持ちはわかるけど、、
歴史に対しての切り込みも浅めなので社会的意義はあまり感じられなくて、爺ちゃんのあくまで個人的な復讐心しか感じられなかった。
相棒にされ
>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

4.0

無言で闘う子どもたち、、とにかく雰囲気が良い
最初から不穏な空気漂ってる、、化け物みたいに見える影とか。子ども目線の恐怖心がリアル。

658km、陽子の旅(2023年製作の映画)

3.5

終盤の親子、さりげなくアシストした中学生の坊やよかったな、、
もっと簡単に青森いく方法が色々ある中、ヒッチハイクという人と関わる手段を選び続けた彼女の意思や強さ、みたいなのは響いた。
菊地凛子って雪が
>>続きを読む

怪物(2023年製作の映画)

3.6

ん?期待し過ぎたかも、、?
幼き頃の煌めきと切なさと思い出と、、、、
あまり心に響かず、、涙
子役の子たちは良かったなあ

悲哀の密林(2020年製作の映画)

3.5

木肌が肉みたいだった🥩
ブンミおじさんの森みたく、もう少し神聖な感じや対自然な描写欲しかったなあ

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.6

過去と現在がリンクしていくのは面白かったし、ジオラマやら博物館やらモチーフがステキ。最後はもう少し続きを見たかったな。

ほつれる(2023年製作の映画)

3.5

さあ離婚しよう!(笑)と言いたくなる。
人物の描き方リアル
この夫ムリだな、、、笑

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択(2016年製作の映画)

3.7

クリステンスチュワートすき。
それぞれの生活が部分的に描かれている
良質な短編小説読んだような気分になれた
馬の話が好き🐎

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.0

怒鳴るたびに音量調整しまくり。。(笑)
マリコの魅力がいまいち伝わってこなかった。。

ロスト・ドーター(2021年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ気持ちわかる。母親なら、この感情は誰しもあるんでは、、
(とか言うとバッシングされる世の中だが笑)
90年代ぽい雰囲気がイイ。

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

4.2

哀しき人間ジョンの空虚さにぞっとし続ける
予備知識0で観たのでラストはびっくり

雪山の絆(2023年製作の映画)

3.8

これは実話かどうかがポイントですね、、
実話でよかったです。そして、実話ならば本当に凄いこと、、
若さと体力と団結力と知性が生に繋がるのね、と。

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.8

一見爽やかなロードムービー的な雰囲気だけど、彼女の生い立ちや影のある人物像により重みが出てる、、
どうあがいても生きないといけないなら、自分と向き合って生きよう、、
安っぽい邦題はどうにかならなかった
>>続きを読む

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.7

ディストピア感
いつ、こんなことになるか分からないんだよね
たまに思う。自分の人生、のほほんと平和に一生を終えるのか、恐ろしい混沌やパニックにいつかは見舞われるのか、、、
ラストシーン好きだな

告白、あるいは完璧な弁護(2020年製作の映画)

3.7

ナナかわいい😍❤️💕
オリジナル観てないので楽しめた。
複雑に真実と嘘が混ざり合ってスリリング。

(2022年製作の映画)

3.7

山崎ナオコーラの小説の手、すごく好きな話だった気がするので、まさか映画化されているとは!
ポルノ仕立て?!と思いきやそこまでエロくはなかった。
おじさんと父親との関係性の描き方が絶妙。おじさん好きな女
>>続きを読む

聖地には蜘蛛が巣を張る(2022年製作の映画)

3.9

冒頭、イランの街の美しい景色に心を奪われたが、、、その後はずっと苦しい映画でした、、、ニュースで目にしたイラン女性の生きづらさがまんま伝わってくる、、
ラストも禍根を残すような終わり方。鬱映画🎬

苦い涙(2022年製作の映画)

3.8

やっぱりオゾン監督好きだなあ。恋に狂うオッさんの純粋さと醜態が、煌めく。
この作品も漏れなく皮肉な感じや容赦ない毒っ気が漂ってル。カールの存在感が素晴らしい。後半めちゃくちゃになる感じとか、初期の、焼
>>続きを読む

スティルウォーター(2021年製作の映画)

3.8

面白かった。優しくで不器用な主人公を愛おしくは感じるけど、最終的に女性を幸せに出来ない男は好きじゃない。
人生は冷酷だ、パパはダメな人、
という言葉に尽きる、、
俺たちは正しいと正義を掲げるアメリカへ
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.6

世の中良い人も悪い人もたくさんいるんだな、と。。

サバイバー 極限の生存者(2022年製作の映画)

3.3

飛行機事故シーンがやたら気合い入っていた!
そこからは全然サバイバルではない
美男美女なのが救い、、むしろラブストーリーに寄せた方が良さそうな展開

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

3.9

静かなのにギョッとさせて途端に緊張感でる。
人の描き方がリアルで好き。
深田晃司監督の作品好きだなあ
そう、死ぬ時は皆1人。

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.8

普通のサスペンスかと思い観ていたらブッ飛んだ展開
娘のバンドかわいい
歪んだ形の家族愛

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

3.6

悪魔祓いモノは深夜に限る!
わかりやすく面白いのはいいんだけど後半アクション要素が凄すぎて少し違和感、、
カンドンウォンの神父服姿(ずぶ濡れ)は中々嬉しい、、(笑)
悪魔が取り憑いた女子高生役の子の狂
>>続きを読む

ポエトリー アグネスの詩(うた)(2010年製作の映画)

3.7

アルツハイマーを発症した年配の女性が主人公。とても静かで地味だけどズッシリきた映画 
リリイシュシュ観た時の感覚、、
暴力な現実からの美しい詩が一層えぐい

Winny(2023年製作の映画)

3.7

winnyについてこんな裁判があったことは知らなかった、、
つくる人の時間を奪うのは憎い、、
ラストの金子さんのリアル映像とメッセージはグッときた、、、

セールス・ガールの考現学/セールス・ガール(2021年製作の映画)

3.7

初のモンゴル映画。ほんのりと漂う色気と素朴な感じが憎めない映画。
主人公の行動が唐突な感じがして、やや気持ちの流れはナゾだったけど女子の気持ちなんてこんなものなのかな(笑)
バンドがやたら出てきたのが
>>続きを読む

コンパートメントNo.6(2021年製作の映画)

4.0

寝台列車旅行きたくなる
破滅的でエキセントリックで不器用で優しいリョーハが魅力的。
主人公はこのままインテリたちと交流する日々にまた舞い戻っていけるのだろうか。。

ソワレ(2020年製作の映画)

3.4

邦画特有のドロンとした空気感
犯罪からの逃避行はなんだかんだロマンチック(笑)

真白の恋(2015年製作の映画)

3.4

富山が舞台らしいので観てみた。
個人的にはホラー。
こんなに周囲に見張られながら生きるなんて地獄だなw 親戚一同に見張られて防犯カメラよりツラい監視生活!

撮った写真のカットがあったらもっとエモーシ
>>続きを読む

人でなしの恋(2022年製作の映画)

3.1

人間くさい話
もう少し妖しげに色気たっぷりに仕上がってたら好みだったかな、、

高速道路家族(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

SAでキャンプ🏕ちょっと楽しそう、、、
韓国映画ってなぜすぐ怒鳴るんだろ、、
厄病神みたいな父ツラいな、、
韓国は格差社会凄いからこういう人たちは沢山居るんだろーな、、、
どんな時にも子どもには罪ない
>>続きを読む

>|