oharuさんの映画レビュー・感想・評価

oharu

oharu

映画(206)
ドラマ(0)

マドンナのスーザンを探して(1985年製作の映画)

-

2nd出してブレイクした直後位のマドンナ
個人的には3rd出した頃が好きだけど
ロングヘアのマドンナもかわいい。

とりあえず ストーリーとかには
つべこべ言わないで
get into the gro
>>続きを読む

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

-

かっこいいし

ステージ構成にしびれるし
ぜんぜん飽きずにみてられる。

こちらが本家オメガトライブ
みたいな気分に

ウイークエンド(1967年製作の映画)

-

人、死にすぎ 怒りすぎ 燃やしすぎ

カラーリングと構図かっこよくて
ひゃ〜! と騙されてるけど。

起きている事はずっと悲惨だしやばい

ロックンロール・ハイスクール(1979年製作の映画)

-

なんでやねん祭
🍕🍕🍕

ラモーンズが好きだぜ〜〜🧨
っていう超シンプル映画👍

サーミの血(2016年製作の映画)

-

やっっとみれたあ〜〜!

1930年代も 今も変わらない
悲しみと 目線と 意識と
それはおかしいよねって いう状態
は今でも ずーっとそこらかしこにある。

観ながら テレビアニメの忍たま乱太郎にた
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

カカオトークとモールス信号

無防備と正当防衛

インディアンの被り物
2人とも よく似合う

音楽(2019年製作の映画)

-

この映画が出来上がるまでの
イメージをまとめていく作業みたいな
ものの 熱量を 勝手に感じて、

う〜〜〜〜!最高っ!ってなってる🥁

責任者は 聖徳太子 👍

ラストレター(2020年製作の映画)

-

想像以上に さわやかな雰囲気でびっくり

色々過去作品 岩井俊二を閉じこめた作品じゃん〜〜 ほへぇ〜〜

また 原作読んでから 夏になったら観よ〜

(犬がいい。犬)

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

愛と寛容かぁ。。はひぃ〜〜


ジョジョとヨーキーが
街で 会う度に ハグするのが かわいい

私もこれからは
友達と街で会ったらハグだな

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

-

インスタグラムが動いてる
みたいな配色の画面 色がきれい

めっちゃ喋るし
こじらせてて笑う。。。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

最高だ。。。

傷が痛むよ。。。

魚が口パクするところ息止まった。。

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

-

2年ぶり4回目くらい。

とにかくステージの上で神様になってしまうJB ステージを降りるとかなりやばいやつなJB

純粋に 音楽が楽しいし
JB役のボーズマン氏の
役への 入り込み方で 感動しちゃう
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

-

どの部屋も 魅力しかなくてびっくりした
建築と部屋

🌴🌴🌴(2020年の今は こんなにはないんだろうな)

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる(2019年製作の映画)

-

もぞもぞからの ライオンで
爆笑してしまった。。。

フランチェスカの絵の技術やばすぎ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

-

なんか忘れちゃったから
久しぶりに観た。

この回の レイア、
ハローキティみたいに見えた

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

-

森本レオが 馬鹿馬鹿しさに拍車をかける
( ぐらでゅえーしょん)

色々分かってねーな感すごい。
高校生女子への消費って
こういう事なんだろうな。

幸福路のチー(2017年製作の映画)

-

終始ドラマチックで波立っているから
振り落とされそうだけど、
どんな国籍の人も震える話だと思う。

あと スーパーな ばあちゃん笑

(自分でも困っちゃうくらい 泣いてしまった)(夢のシーンが多いから
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

息子役の彼が 終始マイペースで
なんか救われる。。

もう勉強したくなぃ〜〜って
テープを口に貼ってごろごろしちゃう
彼の気持ちがまだよくわかる自分に
出会えてよかった。。。

今はパパが好き 今はマ
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

-

しっかり観たの初めて。

スペイン語モードの バズ
かわええ〜〜🌹

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

-

キャリーマリガンに チャチャチャ禁止令出したい。

(山火事の感じ、個人的に最高

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

-

ゴッホが滞在していた街はめちゃ美しいけど、村社会って嫌だな。。。ってどうしても思っちゃうな。。

吹き替えの山田孝之さん めちゃ良い仕事してる。

ザ・タイガース 世界はボクらを待っている(1968年製作の映画)

-

世界じゃなくて 宇宙じゃないか。。。

謎のSF要素、頭痛い。。。
この映画の美術チームよ。。。。

表題文字は完璧なのに。。

転校生 -さよなら あなた-(2007年製作の映画)

-

主演2人は名演技で すごいし
みんないい仕事してるんだけど。

やっぱりセリフが気持ち悪い。

一美の兄が喋る度に
私は悲鳴だった。。

とりあえず82年版を観ないと。

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

とても良かった胸熱。

ポール牧(ドーランの下に涙)ずっと思い出して観てた。

心当たりあるっしょ?な映画

(劇薬&危険 って書いてあるの あんまり納得できてない。起爆剤?かな?)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

楽しい〜〜!
車のスピード感が おとぎ話レベル〜〜

私が 主演2人にあまり詳しくないからか、2人の魅力が高すぎて引いた。

90年代生まれの日本人だからか
この世界観は純粋にぶっ飛ぶ〜〜ヒュ〜

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

-


カメラワークがとっても良い

ダンスキレキレのクソじじいは嫌だけど
なかなか好きな感じ。
(いい意味で すっからかんな時間)

ねらわれた学園(1981年製作の映画)

-

はい?と ええ〜〜?×100
なぜ。。。?

楽しいけど はてなマークがすごい。
1980年の高校生辛そ。。。

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

-

峯田さんが かなりかっこいい!(わ〜〜)

夏のホラー として観るのもいい。

セッション(2014年製作の映画)

-

どんなにドラムが上手くても
彼女にあんな事を言う奴は最低。

2015年に見れば良かったな〜〜
(キャラバンは名曲だしかっこいい曲だよね〜〜)

>|