地球のお魚ぽんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

地球のお魚ぽんちゃん

地球のお魚ぽんちゃん

望み(2020年製作の映画)

-

し、し、しんどい……
自分が親ならどちらを望むのだろうか

堤真一のどんどんやつれていく感じがすごかった

14歳の栞(2021年製作の映画)

-

とある中学2年生のクラス全員に密着したドキュメンタリー。
私は14歳の頃の記憶や思い出がほとんどないんですけど、この映画を観て「わけもわからず何かに焦っていたな」「そういえばずっと目で追ってた人いたな
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

-

井上真央の演技の幅が素晴らしいと思えた作品でした

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

-

良かった。
わたしはヤクザのギラギラした部分が観たくてヤクザ映画やVシネを好むが、「ヤクザと家族」は視点がそれとは全く違う。

栄枯盛衰…光と影…始まりと終わり……。

ヤクザを描くときに排除されがち
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

-

何度も何度も繰り返した先に、何があるのだろうか。
素晴らしい作品。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

-

キャラクターがみんな愛おしい
寝る時、あの銅像の真似した

凪待ち(2019年製作の映画)

-

香取慎吾にはこういう汚い役をこれからもどんどんやってほしいと思いました

ビバリウム(2019年製作の映画)

-

「『夢』ってなに?」って聞いた子供に対して「自分にしか見えない頭の中で流れる映画のようなもの」って答えるシーンがあるんですけど、この映画ってまさしくその夢だし悪夢だよなって思ったよ

劇場で観賞後、無
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

全てが画面上のキャプチャで展開されるストーリー
無理矢理感が意外と全くなくて、臨場感がすごい
この手の映画って、一度ストレスを感じてしまったらそのまま集中力なくなるパターンな気がしてたけど、本作は集中
>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

-

柳楽優弥って本当にものすごい役者だなあ
柳楽優弥なのに、柳楽優弥に見えないシーンがたくさんあって素晴らしかったです

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

かなり良かった。
ララランド好きな人には刺さると聞いていたが、見事に刺さった。
ただ、天竺鼠を好きな人が、「自分がストリートビューに映り込んだこと」をあんなに嬉々として自慢するか?とか、ナンバガとZA
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

-

奥から女の幽霊が転びながらこっちに来るシーン、今までに観た映像の中でいちばん怖かったな!

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

-

「絶対殺せる男」と「絶対死なない男」
この設定でもっと面白いものできそうな気がするよ〜

ザ・ハント(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

“主人公顔”からドンドン死んでくのがめちゃくちゃ良かった。
『ザ・ハント』、結構アタリです。

獣道(2017年製作の映画)

-

須賀健太さんの制服の着方・シワが美しくて目を奪われました

>|