ぷよさんの映画レビュー・感想・評価

ぷよ

ぷよ

映画(344)
ドラマ(3)

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.0

USJの映画由来のアトラクションがどんどん消えて行くので、次回乗ろうと久しぶりに見ました。
50年代の映画は平気なのに90年代の映画は独特の古臭さがあるな…
今も変わらず活躍する人と思いの外ブレ
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.0

来月台湾に行くので視聴。
聖地巡礼に行きたくなるような映画ではないけれど、フランス🇫🇷の監督さんが韓国マフィア🇰🇷の人をかっこよく撮っていたので点数高め。
スカーレット・ヨハンソンが飲んでたお茶
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

おまけが可愛いくて前売り券まで購入して楽しみにしていた作品。
かっこいい映画を見に行くはずが、なぜか可愛い可愛いと評判らしく見に行ってみればすごく怖かった!ぬらぬらしてるし…
昔読んだ漫画に出
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.6

13年前の映画なので、役者さん本人の未来も見ることができる本当のタイムスリップムービー。
あんまり変わっていない、瑛太、のだめ、佐々木蔵之介。
売れると思ったのに、川岡大二郎。
大ブレイク中、
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.3

大ファンともいえない程度のファンなのでアクションするポアロもとても良かった。あんな有名な原作&映画化作品の後のリメイク作なので評価高め。
映画を見てこに場所に行きたい、この食事をしたい🍽と思えば大
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.0

バーフバリ!
デニスの上野さんと平井堅さんみたいな人が実質主人公。だけど、そんな人ばっか。ヒロインすぐにモブみたいになるし!
ゲームオブスローンズと北斗の拳のミックスをインド風味で…濃いよ!
>>続きを読む

ファンタジア(1940年製作の映画)

4.0

ミッキー 映画祭2018
言わずと知れた名作で、ミッキー のお人形もこの洋服着ているけれど、物語自体はお仕事をさぼっちゃったり、今のパークにいるいい子のミッキー とはえらい違い…
魔法使いのお師
>>続きを読む

ミッキーの移動住宅(1938年製作の映画)

5.0

ミッキー 映画祭2018 4本目。
楽しさいっぱいの移動住宅にクレイジーな3人が住んでいます。
今回の映画祭で一番気に入った話なのにオチが思い出せない…
人間だったらこんなクレイジーな3人が近所
>>続きを読む

ミッキーの造船技師(1938年製作の映画)

5.0

ミッキー映画祭2018 3本目
グーフィのキスが熱烈💋でびっくり。
やっぱりポジティブクレイジーなミッキー 。

イコライザー(2014年製作の映画)

4.2

見るつもりはなかったけれど評判がとても良いので。
楽しいー。やっぱりキャラクターを好きになれるかどうかは大きいな!
すごい楽しそうなホームセンター!アメリカの映画だと接客業が雑に扱われがちだけど
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

1.0

試写会で。海外の批評家の評判が悪く期待せず行ったら、自分も乗れず…
ここの評価が高くてびっくり。
深夜のライブエイドを見ていた記憶が蘇ったけれど、その時点でクィーンって懐かしい…みたいな感想だっ
>>続きを読む

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

3.0

平成も終わるという時に昭和ギャグ満載の大正乙女アニメを楽しむという贅沢。
せっかく作り直したのに作画がテレビ放映されている深夜アニメ以下なのは残念。
かけ足すぎてダイジェスト版みたいだけれど十分
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.5

今年見たサメ映画、MEGに求めていたことは全てここにあった!4dxで映画館に観に行けば良かった名作。
おっことぬし様をイメージしてオオカミを作りました的なことを監督が言っていた気がするのだけれど、
>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

4.5

四半世紀前の作品。ひさびさに視聴。
グレイヘアを流行らせようみたいな記事を最近見たけど、ハリソン・フォードの様な美男子でも染めた方が若返るのでそこそこの年齢までは染めた方がいいかもと再認識した。
>>続きを読む

8人の女たち(2002年製作の映画)

3.4

豪華なニューハーフショウを見ていたような気分になる。
美熟女の見本の様なファニー・アルダン好き!
エマニュエル・べアールは美しさと実力の割に作品に恵まれなかった女優さんの気がする。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.0

ドーナル・グリーソンがかなりかっこかわいい映画。
田舎に住んでいるのでピーター達は来たら当然追い出します。
007の候補にあがってもいいくらい若マクレガーさんの移動シーンはかっこよかったです。有
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

1.0

性格がめんどくさくて仕事が減ってしまったという、マイケル・キートンとエドワード・ノートンの出落ち映画に思えた。
おしゃれなはずのドラムのBGMも最後の方はまたか!みたいな感じでイライラしてきた。
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.5

2時間弱でずっと心をつかまれる作品。
とりあえず、歯医者さんの予約の日を変更して英国フェア🇬🇧に行ってしまうほど雰囲気が素晴らしい。
SFの世界に住む、古風な生活をする人たち。話がちゃんと伝わら
>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

-

何年ぶりかで視聴。
ケビン・スペーシー目当て見たのになかなか出て来ないのでやきもきした感覚を思い出した。相手役、サミュエル・L・ジャクソンだったんだなあ。

シェーン、見なきゃーって思いながら
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

1.0

こじらせものは大好きなのですが、この娘は苦手でした。
めんどくさそうなお母さんをコントロールしてくれるお兄さん、幼なじみの親友、チャーミングで懐の深い先生、美形で才能があって大金持ちのボーイフレン
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.9

バースデークーポンでGEOで借りてきた昨年の話題作。
基本映画は着たい・食べた・行きたいな気持ちになればOKなので、本当、TV放送でカットされているのか?みたいな脚本のこの映画もなんか楽しかったで
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

5.0

じゃがいもみたいにまん丸くかわいいラッセルや、小島よしおっぽいガイ・ピアーズよりも、サイモン・ベイカーがちょい役の男娼で出演しているのにびっくり。
あんなにかっこよくてもなかなか芽が出ないもんなん
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

-

この映画の前に見た二本があまり合わなかったのでずっと見たかったこの作品をチョイス。
…なぜかこの作品も最後の最後で、??なことに。いけずおばあさん無茶苦茶役にたってるし。
ドーナル・グリーソン
>>続きを読む

若葉のころ(2015年製作の映画)

-

この一本前に見た青春映画が全く合わなかったので、口直しに。
頭の中でビージーズはずっと流れてるし、途中まで満点をつけようと思っていたのですが、アレレ…?この作品に求めていなかったあんなことやこんな
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

TSUTAYAのバースデークーポンで借りて見ましたが、配信だったら途中で絶対くじけてた作品。
低い点数つけると自分の感受性を疑われそでつけにくい映画では?と思いました。
ビスコンティの姪やわたし
>>続きを読む

ヘラクレス(1997年製作の映画)

5.0

ディズニーオンクラシックを見に行くので久しぶりに視聴。ちょっぴり地味な時代のディズニーの作品。
動物が動物なんだけど、人間っぽい表情するの本当に素晴らしい。CGよりも何よりもこの技術はディズニーだ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.5

かったるい高校生パートを乗り越えれば、もうそこは楽しいジュマンジワールドですよ!
大人4人はすっごい楽しいのですが、冒険から帰って来ると高校生組もちょっと好きになってる…単純!
吹替で見たのです
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.5

初めての台湾旅行に行けそうで、ずっと気になっていたこの作品を視聴。まぶしすぎて目がつぶれるのではないかと切れ切れに見たけれど、映画館で見たら号泣していたであろう作品。恋の輝きを大切にして、愛にはしな>>続きを読む

生きのびるために(2017年製作の映画)

2.0

とんでもなく美しい絵柄で、とんでもなく不自由な生活を強いられる人々の物語がつづられる。
こんな世界で生まれてきて幸せを感じることが実際あるのだろうかと傲慢にも考えてしまった。実際、人権や教育なんて
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.0

続編がくるというので、前に途中でくじけたのを再トライ。
最初のインパクトが強くて途中から飽きてしまった。メキシコものだと現実の写真の方が残酷だからだろうか?
ダサいSF映画みたいな音楽が嫌いだし
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.7

公開当時も見ているはずなのに、記憶以上にメロドラマだった。
もっともっとギスギスしているかと。
まだ、10年前の映画なのですね。
当時はカンバーバッチやレッドメインのことこれっぽっちも知らずに
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.8

最初のナレーションの部分から全てのプーさん映画をチェックしてきた人間にとっては号泣もの。
反対に、プーさんってぬいぐるみなの?くらいの認識の人には退屈かも。
たまにフィルマークスのイメージ映像に
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

-

点数がつけようのない不思議な映画。全く思い入れのないコリン・ファレルがブレイキング・バッドの人みたいになってて、久しぶりーって思ったらファンタスティックビーストでも出てたよ。本当に興味ないんだなっと>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.4

ケチケチしないで4dxで見れば良かった。
バービー風美女・ファイナルファンタジー風刺青美女・東洋美熟女・エンジェル幼女といろんな美人がいっぱいなのにエロシーン、一切無し!ジェイソン・ステイサムが一
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.0

ヒュー・グラント、全く踊ったり歌ったりのイメージなかったのに気づけばミュージカルスター並みにソング&ダンス。
今回も1番ワクワクのシーンになっていました。
マダムの魅力がわかりづらいのでこの点数
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

生真面目な母がなぜか「氷の微笑」にはまっていて、真犯人を見つけるって何度も見ていたのをふと思い出した。
画期的な映画だったよなぁ!
シャロン・ストーンが逆指名でディカプリオを指名してウェスタン映
>>続きを読む

>|