aoiさんの映画レビュー・感想・評価

aoi

aoi

daigakusei ほとんど洋画

映画(416)
ドラマ(2)

ズートピア(2016年製作の映画)

4.1

ほんとうに素晴らしい映画だった
ディズニーらしくポップなのに初めからハッとさせられるシーンばかり
偏見があるのは事実だけどそれを超えることもきっとできるんだなって思える、何度でも見たい!

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.4

とんでもない映画です
めちゃくちゃ元気でるし現世のことは大抵どうでもよくなる 1もちゃんと見てから見たけど1は完全に今作の為の布石
わたしもアイディア人間兵器やりたい〜!

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.0

三世代おなじ俳優使ってるから脳みそが混乱 はやく次作を見ないと死んでしまう呪いにかかる

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

やっと見れた!
さすが集大成 今までで1番わらえて面白かった!途中バナーが君たち家族の問題だろう!って叫んでたけどほんとそう 脳筋家族のいざこざは大変だなあ

ただ前作どころかマーベル映画そこそこ見て
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.4

石を取られないように必死かと思ったら飛んでったまま放置したり、スーパーマンが目覚めたら最強すぎて戦いが一瞬で終わったり、納得いかないところもたくさんあったけどエズラミラーが可愛いので許すよ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

今までのアベンジャーズとは全然違う、これからどんな顔して過去作見ればいいの?もう一回見たい

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.3

フェミニズムが題材で、性差別の描かれ方も大胆。だけど男が悪で女が被害者って簡単な話でもない。旦那さんはかわいそすぎでは

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

純粋におもしろさでグッと引き込まれた。みどり色の世界で一際目立つ赤色の描写にはハッとするものがある。差別に焦点を当てつつも観客の共感をさそう脚本はさすが…

奥さまは魔女(2005年製作の映画)

2.5

花びらがひらひらするなか降りてくるシーン、うっとりします

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.7

ルイの気持ちを考えると胸が締め付けられた。めちゃくちゃ泣きながら見ました。
絶対ネタバレしたらダメな映画。

サラガトンは女から嫌われる女の役がうますぎ もちろんそれだけじゃないんですが、色々語るとネ
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.2

この壮大な兄弟喧嘩、嫌いじゃない
めっちゃくちゃオフショが好きな映画です 作中バチバチの兄弟が笑いあってる写真とかキュンとするどころじゃないですよね

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.2

なんて素敵なお母さんだろうと思った
豪華キャストなだけあって安定感がある映画でした。エディが飛ぶシーンでは思わず腰が浮いちゃう、手に汗握る臨場感。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

It was beautiful mistake. But mistake. ってセリフがこの映画を物語ってる それでも愛情がそこかしこに溢れていて素敵でした

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.0

みんなが手を繋ぐシーンで泣いてる時にふと隣を見たらお父さんも泣いてた
3作の中で1番すき

アズマ 息もできない恋(2014年製作の映画)

2.4

ザ雰囲気映画、映像もBGMも素敵で楽しいけど物語から入ってくるものがちょっと少なかった
クリステンリッターのファッションと脚のタトゥーがかわいい。最初の方のBGM、空耳かと思ったら日本語だった!なんの
>>続きを読む

ハルク(2003年製作の映画)

2.3

とにかく強いけど とにかく脳みそが小さい!

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.2

ドライブのシーンが最高
ジャックレイナーやっぱりかっこよくてトキメキが止まりません。王女として生きる責任の重みがずっとのしかかったまま話が進んで行くけど、ラストシーンで全部吹っ飛ばしてくれる。

マグダレンの祈り(2002年製作の映画)

3.0

自分の生まれ年までこんな施設が存在していたことに驚き。まだ遠い昔の話じゃない。理不尽なことって本当にたくさんあって、誰かが声を上げるまでそれが当たり前のひとつとして存在し続ける事実が本当に怖い、目を凝>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.0

眼前にマーゴットロビーが来たら多分コート盗られても気がつかないよ

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.8

少年のようなヒューさまが見れる
物語は王道ラインだけど音楽に文句なし。OSTは買いです

アントマン(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最近の作品なのでしっかり他作品との繋がりが見えてておもしろかったなあ

アントニーが逝ってしまった時泣いたけど巨大化したアリを家で飼うのは無理オブ無理

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

ミュージカル系に対して涙腺が緩いのは自覚してるんですがぼろぼろ泣きました

あーーータロンは歌もうまくて最高だなあ

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.8

シュールなわらいとブリティッシュイングリッシュ、ちょっとざらっとした画面、全部好みで困った!ドンピシャ!

カンフーのあいつの黄帯とか小物にもエッジがきいてて最高

いい意味で映像作品ぽさがない美しさ
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

4.1

意味の薄いワイヤーアクション最高
だいぶ前に見たけどここ三年これを超えるおもしろ映画はなかった 抜群のセンスに脱帽

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.2

どっかで見た、スターウォーズは宇宙を股にかけたひとんちの家庭問題っていう言葉が今回かなりチラついた
BB8、相変わらずかわいい

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.8

こういう王道、やっぱりいいよね
文句なしによくて ちゃんと考えるところもたくさんある映画

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

2.5

ジャックレイナー見たさに手に取ったけど覚悟してた500倍は重かった、話の筋としてはよくある感じだけど主人公の描き方に妥協がなく丁寧なだけにその苦悩も葛藤も必要以上にすんなり入ってきてしまう 苦しさに顔>>続きを読む

>|