リンドウさんの映画レビュー・感想・評価

リンドウ

リンドウ

映画(77)
ドラマ(0)

チワワちゃん(2018年製作の映画)

2.8

音楽が素晴らしいので、クラブの喧騒を楽しんでいる感覚になる。役者たちの演技力も凄いので、よりリアルを感じた。

ただ、この作品で描かれている若者たちのように、本当に中身が無い。奇抜な演出で誤魔化してい
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガが、登場人物そのものにしか思えなかった。演技がとにかくリアルで、ジャクソンとアリーの本当の人生を切り取ったように思えた。

そして何と言っても、ライブシーンが凄い
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.4

とにかく20大ライダーの勢揃いは圧巻。クライマックスの連続必殺技はかなり見応えがある。
前半のストーリーはダークで重厚。平成1期のような雰囲気で繰り広げられる。現実とフィクションが中途半端に混ざった世
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.3

世界観はとても不気味で現実味が全くなく、まさに異世界に飛び込んだ感覚を味わえるのだが、ストーリーは王道ファンタジーアドベンチャーで、考えずにサクッと観ることができる作品だと思う。

バレエの演目になっ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.9

とてつもなく気持ちが悪い。グロテスクなだけならまだしも、人間の心の闇が絡まってきて、ホラーとは違った怖さも味わえる。映像や音楽のミスマッチ加減が、余計気持ち悪さを増加させる。

大まかに言うと3つの章
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

主演のラミ・マレックの演技が本当に凄い。特にライブシーン、更に言えば最後のライブシーンは圧巻だった。

クイーンの歴史、クイーンがどんな方法で楽曲を作ったか、フレディがどんな人生を歩んできたのかが、大
>>続きを読む

ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション(2018年製作の映画)

4.1

とんでもない形で「エウレカセブン」という作品群をぶっ壊した。単純に「面白い」「面白くない」で片づけてはいけない作品。「エウレカセブン」を知っていれば知っているほど、衝撃は大きいと思う。

「ハイエボリ
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.8

これは現実世界でも起こりえる恐怖を描いた物語。怪獣という大きなものに気をとられ周りが見えなくなった人たち、便利さや楽な道を選んでしまった人たちの末路は、怪獣による破壊よりも悲劇だった。安直な道に逃げず>>続きを読む

ザ・インターセクションズ(2016年製作の映画)

3.3

映像トリックがすごい。種明かしが一回だけでは終わらないので、驚きに飽きがない。また見直したくなるような作りになっている。

ただ、物語的に盛り上がる箇所はあまりなく、うやむやなまま終わる部分もあるので
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.8

ヴェノムのアクションはかなり爽快で、観ていてとても興奮させてくれる。

ただ、本当にアクションの爽快感しか取り柄がない。物語は大筋から細かいところまでツッコミどころが多過ぎ、無駄なシーンが多く案の定大
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

全編がパソコンの画面で繰り広げられて、パソコン画面外から出ることが全くない映像表現は見事だった。SNS、ライブ配信などの今のネットで当たり前のものはもちろん、メールで送ろうとした文章を思いとどまって消>>続きを読む

ムタフカズ(2016年製作の映画)

2.8

グロテスクな描写と音楽が、世界観をしっかり形作っている。キャラクターたちも個性的でおもしろい。

ただ、単純すぎるストーリーとわかりにくい演出がうまくマッチせず、まとまりがないように思った。細かい設定
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.6

ノンストップで恐怖が繰り広げられていく様に、休む暇なくドキドキさせられる。細かいシーンがしっかりと伏線になっていて、後の展開に全て影響するのが凄いと感じた。

ただ、最後の展開で今までの流れが壊れてし
>>続きを読む

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.9

「フリクリ」というものへの答えを出してしまった感じがした。「フリクリ」で「フリクリ」を否定したと思ったのだ。「こんなのフリクリじゃない」と思うこと自体、作り手の思惑通りなのかもしれない。

アクション
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.7

とにかく平手友梨奈と鮎喰響というキャラクターがシンクロしていて、自然に引き込まれていった。響の周りにいる人たちも突拍子もなかったりするのだが、響の異常さのほうが目立つので、そこで上手く丸め込まれてる感>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

最高におもしろい。

登場人物のクセの強さが上手く物語を動かしていて、見終わった後の爽快感が凄い。

前知識なしで観れば、衝撃度はさらにアップすると思う。

太陽の塔(2018年製作の映画)

2.3

岡本太郎が太陽の塔を作った経緯、思想や趣向が、大分わかりやすく描かれているとは思う。

しかしそういった部分は序盤と終盤で、この作品が伝えようと思っている部分は中盤に集約されていると感じた。

少なく
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.0

絵の表現が本当に美しい。木々や水などが繊細に描かれている。

ただ、内容の細かい部分には違和感を感じた。登場人物の内面に現実味がないせいか、感情移入がしにくい。意味深なシーンが後の展開に有効的に使われ
>>続きを読む

劇場版 フリクリ オルタナ(2018年製作の映画)

3.7

「フリクリ」と同じく6つのエピソードで構成されているのだが、それぞれのエピソードで出てきた細かい台詞や行動が、どんどん終盤の展開へと繋がっていくのが、素直に凄いと感じた。マニアックなネタや細かい演出な>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

コメディシーンがとにかくおもしろい。そして、映像演出も前作以上のものになっていて、美しさすら感じる。

ただ、ストーリーが薄めだと感じた。上手くまとまった話だとは思うが、しっかりとしたテーマ性や、大き
>>続きを読む

KUSO(2017年製作の映画)

3.2

これぞ観る人を選ぶ映画。

終始グロテスクな映像表現が止まらず、吐き気さえ覚えた。ただ、その一貫したグロテスク表現のぶれなさが、裏切りを感じさせない、ある意味真っ直ぐな映画だと思った。

映像は非常に
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.8

常にスリルが凄い。

恐竜を題材にしたホラーという面だけではなく、倫理面などの、社会に向けたメッセージも強く描かれていて、現代社会でも考えなければならないテーマが描かれていると思った。

そして、恐竜
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.3

スパイ映画だけあって、ひやひやする描写や数々のスパイ能力、華麗なアクションでワクワクさせられる。

というだけの映画。なんとなくの予想がついてしまう謎で、ストーリー自体にはひやひやさせられない。

>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.8

本当に素晴らしい作品。

「タイムリープ」というものがどういうことを引き起こすのかということが上手く描かれていて、尚且つ人間ドラマも、かなり切なく感動的に描かれている。主要人物だけではなく、端役の描写
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

3.1

この映画のテーマである、本当に平和のためを思って戦っている人間が悪者扱いされてしまうという構図が、正に今の日本の様子とマッチしていて、子どもたちに向けてのメッセージとしては正しいものだと感じた。

>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.3

青春劇としての描き方や、ミステリーとしての仕掛けは素晴らしいのだが、大まかなストーリーの流れ、主要人物の演技力が気になってしまう。

タイムリープを表現する方法は、当時を考えると凄いと思った。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

前作よりもふざけているのに、前作よりもシリアス。全てがパワーアップしている傑作。

特にポップカルチャーイジりは前作以上の量で、メジャーなネタからマイナーなネタまで、本当に尽きない。だからといって、本
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.2

これまでのX-MENシリーズとは全く違う重厚感。映像もかなり攻めたものになっており、とにかく、劇伴の重みがすごい。インデペンデント映画の良作を観ているような感覚になる。

ミュータントの派手さは丸っき
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.6

ネットの世界の問題を解決するのが、田舎の大きな親戚関係の助け合いという対比がすごい。なんと言っても、田舎の親戚関係の描写が本当にリアル。まるで本作の家族の中に自分も入り込んだ感覚になる。複雑な家族の形>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.4

「サマーウォーズ」の原型の映画ではないだろうか。

とにかく映像表現がすごい。1時間しない短さの中に、かなりたくさんのものが詰め込まれている。

現代のSNS社会に通ずる描写もあり、今の時代に観たら、
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.9

本当に不思議な映画。絵本や童話に近いのかもしれない。理屈や整合性ではなく、くんちゃんの成長と、家族とは何かという点に全てを注ぎ込んだ作品だと思う。

映画として盛り上がれる箇所は少ないのだが、登場人物
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.7

旧3部作に登場したキャラクターたちが続々登場し、X-MENが好きな人ほどワクワクできる作品。

ただ、終盤まで盛り上がる箇所が少なく、終盤に集約されすぎていることが気になった。人間ドラマが描かれそうな
>>続きを読む

アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(2018年製作の映画)

3.7

本編は設定がかなり魅力的で、今後の展開がかなり気になるものだった。ありがちな展開を逆手に取ったストーリーも、短い時間でよくここまで魅力的に描けるなと思った。

本編以外の部分の必要性をほぼ感じなかった
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

映像的な迫力はシリーズ随一ではないだろうか。冒険活劇としては、かなり楽しめる一作。

ただ、物語の主軸がいまいち掴めない。スター・ウォーズらしさや世の中のトレンド、そして新しいことを全て詰め込んだ結果
>>続きを読む

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー(1978年製作の映画)

3.4

ジャッカーとゴレンジャーが夢の共演。

映像的にもキャスト的にもかなり豪華で、東映特撮を知っていれば、より楽しめる作品。

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

3.2

「VSシリーズ」「帰ってきたシリーズ」「スペース・スクワッド」を全部一気にやったような作品。

設定やアクションは本編で観たかったもの、観られなかったものが表現されているのだが、やはりポテンシャルを十
>>続きを読む

>|