Rinoさんの映画レビュー・感想・評価

Rino

Rino

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.3

なんだかよくわからなかったけど、酸っぱさがあるから甘さを感じられるっていうのはその通りだと思ったよ
トムクルーズが美形すぎた

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

信念を曲げたら僕は生きていけない
それほどまでに信念を貫いてあの状況で行動できるなんて、ドスはドロシーの言う「他の人とちがう人」なんだろうな。
自分の信念ってなんだろうと考えさせられる。
今まで見た戦
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

4.3

真相が気になりすぎてあっという間だった。母の愛ゆえの狂気が度を越していくのが怖かった

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.3

最後泣きそうになった。
差別はだめだけど"友達"に対して面倒見が良くて優しいウォルトがかっこよかった。
タオほんと強くなったじゃん。

セブン(1995年製作の映画)

3.6

ものすごく後味が悪いって聞いてたから途中から展開がわかってしまって、デイビッドがとにかくかわいそうだった。まじうざい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.1

淡々とシャロンの人生を映しているだけなのに、緊張感と没入感をすごく感じた。
マイノリティであることがこんなにも苦しくて大変なのかと胸が痛い。
(Netflixのサムネイル的にマハーシャラ・アリが主人公
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

3.8

バディの純真さが人を変えたね!!
クリスマスのワクワク感を思い出した!

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.4

途中までなんでこんな評価高いのかわからなかったけど最後30分くらいからの畳み掛けがハラハラドキドキだった!もっかい観たくなる。

ベスト・オブ・メン〜人間の最高〜(2012年製作の映画)

4.4

「自分が計画した通りの人生になると思ったか」という言葉が印象的だった。
予想もしてないようなことがこの先自分の身に起きたら、きちんと自分を受け入れて勇気を出して前に進めるように、この映画を思い出したい
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

実話だったの知らなかった!!
FBIと記者がうざすぎたけど、リチャードの今までつらい思いをしてきたからこその真っ直ぐさがよかった。ワトソンがグリーンマイルに出てたサム・ロックウェルだって気づいたときフ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.6

「すぐにわからないものは時間をかけて少しずつわかってくる」
ちゃんと一回立ち止まって、当たり前に過ぎていく日々を大切にすべきだと改めて思った。

そういえば幼稚園でお茶習ってた時、卒園アルバムの写真撮
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.1

まじで許せない。無知で貧しいが故に洗脳されてしまう若者が実行犯なことがまたつらい。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.9

冒頭に「事実に基づく物語」という文字が出るのに、途中それを忘れるくらい苦しくて非人道的な出来事ばかりだった。おかしい本当に。
授業で教えられる文字だけの「奴隷制度」をリアルに知れて、これは歴史の授業で
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.5

リアリティには欠けるのに、嗚咽するほど泣いた。コメディ要素もあり笑いつつも最後ずっと泣いてた。警察長官うざすぎ。イェスン豆食べてね泣

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.6

思ったより序盤でネタバレするじゃん!って思ったし途中訳わからんってなったけど、話が進むにつれてこの関係性がどんだけつらいのかわかってきて胸が痛かった。まじかわいそう。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

なんの説明もなく進んでいくから何が何だかわからないとこノーランぽい。
父と息子いい。

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

3.7

かっこいい〜〜決断力に優れてるのは自分が信じてきたものが確固としてあるからなんだなぁ。私もパリに出張いきたい。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.7

信じた理論を証明するパパかっこいいなぁ。最後の歌めちゃいい。

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.1

Feel how we feel. We don’t hate you.で泣いてしまった。
小説らしくておもしろい。スポンジはみんな気付いて。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.7

戦争ってこんな感じなのか、と思った。仲間の命を救うために敵を殺すのがヒーローなのかもしれないけど、それっておかしいよね。
ラストのシーンについて色々調べると心が痛くなった。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.5

めちゃ怖でハラハラしながら見ちゃったけど冷静にこの夫婦のことなんてどうでもいいわ

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

孤独がつらかったけど、ロック最高じゃん!
クイーンの時代に生まれてみたかった!!

どうしても映画館で観たかったからみれて良かった〜テネットぶりの映画館よかった

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.2

泣いた。
ブライアンの意思とアンガーコントロールすごいなと思った。観ながらめちゃムカついた。こんな冤罪が普通に起きてるなんて本当に信じられないし、恥。
終始ブライアンとジョニーD側に感情移入したけど、
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.1

予想よりものめり込んで観た。面白かった。自分を最後まで信じること大事。

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.8

ベーダの大人になりたいっていう子どもらしいところが可愛かった。
全然想像してなかった展開に胸が苦しすぎた、、切ない、、

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

4.0

お姉ちゃんが何も言わずにただ髪を切っていくシーンに少し不気味さを感じてしまった。
足に熱い砂をかけてその海の水で冷やしたい。海を見たい、そんな夢を語る姿に、当たり前が当たり前でないことを強く感じた。
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

冷静に、真実を伝えるのに命をかけないといけないなんておかしくないか?

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.7

「世界は何もしてくれない。」
「爪は切ってもまた伸びる。」
報復なんて意味のないことしてはいけないんだよ。ずっとハラハラしてつらかったけど、この時期に見て良かったって思った。

>|