Rintaroさんの映画レビュー・感想・評価

Rintaro

Rintaro

映画(97)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

とってもいい映画。泣けました。いじめって日本でもたくさんあると思うけど、変わるのはいじめられてる子じゃなくて、周りの子だって。これを教えられる教師っているのかな?

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

4.1

組織の欧州サッカーに対抗するべく、ペレを中心としたブラジル独自のジンガサッカーで、サッカー王国ブラジルは確率された。現代でもネイマールを代表とするセレソンはジンガサッカーを貫いていると思う。僕は人々を>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

高畑充希めっちゃかわいいやんな。笑いあり、感動ありのいい映画だった。黄泉の国の映像美がとても良かった。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.7

細田守監督の作品にしては伝わるものが特になかった。これで終わり?みたいな感じ。くんちゃん可愛かったからいいけど。

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

3.9

人種差別の物語。黒人だからというだけの理由で罵倒される主人公が、やり返さない勇気を持って必死に野球に食らいつく姿が感動的だった。てか、最初に黒人を白人社会であるプロ野球チームに入れようとしたいきさつを>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

かなり面白かった!イーサンのどうするの?って言われたときの、考える!が好き 笑笑

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

4.3

ヨーロッパはすごい。日本の側としても学ぶべきことはたくさんある。多くの日本人が見るべき。ワークライフバランス、男女の平等、犯罪者の社会復帰、教育のあり方など、すべてにおいてヨーロッパが先をいっている。>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.5

天才が展開を作るというよりバカが展開を作っていた映画だった。もっと才能を顕著に出してほしかった感がある。でも、スリルがあってとても楽しめた!

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.7

親子の信頼関係すごすぎた。本を読んだり自然の中でも生きる術を学ぶことも重要だと思って、逆に現代の教育にはないものが浮き彫りになった作品だったと思う。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.7

子どもの人生を大人が決定するようなことが現実にあることを問題視している作品。子どもはどのようにして育っていくのが良いのだろうかと考えさせられた。人生を生きて学ぶべきことは人との関わりの中にあるという、>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.4

仕掛け自体はそうでもなかったけど、裏の裏をかく感じはとても微笑ましかった。イザベルが12人目ってことかな?いい感じ!結局前作で奪った金をお返しする回だったのね 笑

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

仕事に没頭して家族をないがしろにするという、日本でもあるあるな問題にフォーカスを当てて、個人の幸せ、家族の幸せのために本当に必要なものは何かっていうのを考えさせられる映画だった。子どもから大人になって>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

様々な外見・境遇の違った人たちが平等に同じ場所で、自分らしくいきいきしている様がとても感動できた。ストーリーからも人を認めるってことの重要性がわかりやすく表現されていた。曲も全部良くて楽しめるいいミュ>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

いい曲ばっかで生き物たちもみんなかわいくて、普通に感動できるいい映画だった!楽しめました。

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

巧妙に仕組まれた犯罪でとても見応えがあった。ブラッドピッドかっこいい。

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

ポールウォーカーのこと思うと最後の曲はほんとに泣けてくる。今までお疲れ様。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

ここから本格的なワイルドスピードって感じ!キャストも豪華で最高だった!

火花(2017年製作の映画)

3.7

人生にはいろいろ選択肢があって、生きている限りバッドエンドはないっていう最後のセリフいいですね。最後のスパークスの漫才まじで泣けた。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

ジャンキー(麻薬に溺れる者)がネコを始めさまざまな人の支えで構成していく姿はとても感動的だった。茶トラの猫がほしくなった。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.7

今回の舞台は東京ってのもあって、日本人の人気な俳優さんが何人か出てて、日本の街並みや日本語がたくさん飛び交ったりしててアットホームな感じが良かった!東京は狭いからドリフトくらいしかすることないよね 笑>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.8

ローマンとテズはここで出てくるのね!この2人が最高なんだよな

不能犯(2018年製作の映画)

3.3

人間の感情の本質がわかるような気がした。嫉妬の感情は簡単に殺意に変わってしまう心理が極端ではあるが、よく表されていた。話が完結してる感じしないからあんま面白くなかったけど。

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.6

人間の感情は矛盾してるから、AIに人間の感情そのものを組み込むのって不可能に近いことってのがよくわかった。万物を細胞や原子の単位でわかってることって実は恐ろしいことなんだなって思った。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.8

日本の労働の現実が忠実に再現されていると思った。こういった環境下の中から他の選択肢を模索することはこれからの日本人労働者にとっても重要なことだと思った。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.7

グロすぎ 笑笑
伊藤英明が役にすごい合ってた。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.9

電気、水道、ガスのライフラインが何ヶ月も途絶えるってすごい恐ろしいことだなって実感した。バカだろって思ってすごいイライラする場面多いけど、その反面良い場面も少なからずあった。人との関わりはこういうとき>>続きを読む

>|