れいなさんの映画レビュー・感想・評価

れいな

れいな

映画(21)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

2.7

タロン・エガートンのアクションシーン、とてもかっこいい。
終盤の展開が早い気がして、「えっ、おわり?」となんだか消化しきれない気持ちがあったようななかったような...?

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.6

現実でもあり得る...便利な世の中になってきたからこそ、自分自身しっかりしなきゃなと思いながら観ていた。

ジェミニマン(2019年製作の映画)

2.8

ストーリーは嫌いではない。

ほんで、初screenX鑑賞。
USJのアトラクションをまるで体験しているようだが(大げさ)、もういいかな( ᷇࿀ ᷆ )

キャビン(2011年製作の映画)

2.5

クリヘム出てるやん、と鑑賞。
ところが、以前にも観たようです。

オールスター大集合シーンは好き。

マトリックス(1999年製作の映画)

3.0

面白かったが、期待しすぎていたのかもしれない...。

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

4.0

面白くて笑っちゃう!
けど、よーーーく考えると鳥肌が立つ恐ろしさ。
いや〜面白い!(笑)

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

2.6

現実にもありそうで、怖くて深く考えたくはない....。デイヴフランコがかっこいい。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.8

カードパスと雨のシーンはしびれる。
ものすごくかっこよくて、何度も巻き戻し。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.8

面白い。何度も観ているが、毎回序盤からまんまと引っかかってしまうのは、自分でも笑う。

ジェシーアイゼンバーグを好きになったのは、この映画のおかげ。

嗤う分身(2013年製作の映画)

2.8

ジェシーアイゼンバーグ目当て。
難しいけど、好きな展開。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

2.6

ティモシーシャラメ目当て。
とにかく顔がいい。
抜け出したい息子と、救えずやるせない父。最後まで観ても、明るい気持ちにはなれなかったが、とにかく顔がいい。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.0

半魚人。言葉なんて必要ない。
ピュアな恋愛、経験したいなあ。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

疲れる。良い意味で。

誰もがジョーカーになり得る。ずっと哀しい。切ない。
この時代に公開される意味を、考えてしまう。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.5

大好きな映画。
あまりにも残酷な現実世界と、ファンタジーな迷宮世界。
デルトロ作品は、絵画を鑑賞しているよう。とても美しく感じる。

ダークファンタジーなキャラクターたちが、愛らしくて私好み。