りょーちんさんの映画レビュー・感想・評価

りょーちん

りょーちん

映画(31)
ドラマ(0)

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

2.9

とにかくグロいシーンが多くて、苦手な人にとっては観るに耐えない映画だと思います。

大泉洋の演技はコミカルで面白い。有村架純の役所には期待してしまいましたが、目立った活躍はありませんでした。

終わり
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.2

不気味な映画でした。

ストーリー性やリアリティはあまり感じませんでしたが、なぜか見入ってしまいました。終わり方も、個人的にはスッキリしません。

Amazonプライムで無料で観る分には文句なしの作品
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

面白いのは面白いけど、期待しすぎていたのか期待以上の作品ではありませんでした。

これなら普通のヒーロー映画を見るか、コメディ映画を見た方が楽しめる気がします。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

3Dで観ましたが、迫力ある映像と、小ネタが多くて楽しめました。今までになかった映画だと思います。

亜人(2017年製作の映画)

2.9

アニメ視聴済みです。アニメと比較すると映画は緊張感がないように感じました。

他の実写映画と比較すると、原作を尊重しつつ、実写に馴染むストーリーと設定に変わっていて、良かったと思います。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

実際にあったテロの話。ドキュメンタリー映画を観ているようで、当時の様子がよく分かりました。

ストーリーはわかりやすく、単純な気がしますが、逆にそれがリアリティに繋がっているように感じました。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.7

アニメを視聴済みです。CG技術の高さを感じました。映像はすごいと思います。

ただ、どうしても短い時間に詰め込んでいるので、ストーリーが断片的で、少し残念な感じがしました。

ジョジョ自体はすごく好き
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

アメリカの銃規制法案をめぐって、心理戦が繰り広げられます。なかなか捻りのあるストーリーで楽しめました。

ただ、私はあまりアメリカの政治に明るくないので、政治用語が多くて少し疲れました。

もちろん、
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

愛の形、出会いと別れについて考えさせられた。

年々涙脆くなるきがする。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

主人公が変わってどうなのかな?と思ったが、アンジェリーナジョリーとは違った良さがあったと思います。

ただ卑弥呼が登場するストーリーと内容には日本人として違和感を覚えました。

アクションは不安定とい
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

原作は昔読みましだが、ほとんど忘れていたので、フラットな目線で観ました。

推理がすごすぎるのか、わたしの目線からは、根拠の弱い推理に感じられました。

テンポは遅いのに、どこかダイジェスト版のようで
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.6

心温まる映画。観終わった後の爽やかな心地よさは初めての感覚でした。

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.8

受験勉強で苦労した身としては、映画の世界観にのめり込みやすかったです。感動的なストーリーも良かったです。サンボマスターの「可能性」も映画にピッタリです。

何者(2016年製作の映画)

3.0

そこまで意外性はないけど、就活する前に観たから就活怖いって感想。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

小さい頃ハマって暇さえあれば観ていました。また時間を見つけて観たいです。

ホーム・アローン3(1998年製作の映画)

4.0

小さい頃に何度も観ました。少し子ども向けっぽいかもしれませんが、いつ観てもおもしろいです。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

なんかよくわからないけど、とりあえずスーパーマンが強すぎて笑った。パワーバランスどうなってるの?て感じ。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

あまり数学数学していなくて万人受けするような映画だと思いました。この映画が実話を元にしているということに、大きな価値があると思います。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

原作を読んでから観ました。美男美女の配役は絵になります。良い映画でした。

ただ原作よりも端折っているので、原作を読んでいない人にとっては、感情移入しにくいような気がしました。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

1.0

何も感情移入できないまま、トントン拍子で進んでいきました。

終盤では、ありきたりなストーリーにならないように無理やり意外性を入れ込んだ感じで、とても残念な映画でした。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

元気が出てやる気が湧いてくるので、好きな映画の1つです。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

映像の綺麗さと、ひねられたストーリーで楽しめました。

秒速五センチメートルを彷彿とさせるラストではありましたが、ハッピーエンドで良かったです。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

ストーリーがぶっ飛んでるので、何も考えずにスマートな英国紳士のカッコいいアクションを楽しむ映画です。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

1作目よりもアクションが派手で格好良くてワクワクしました。

ストーリーは単純すぎるくらい単純でひねりはありません。

そして1作目よりグロいシーンは少し辛かったです。ただグロいシーンを、そこまでグロ
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.5

特にストーリーは気にしません。爽やかな楽しい夏の映画です。毎年夏に観たくなります。

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.0

原作を読んでから観ましたが、原作を誇張しすぎているように感じました。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

【日常と戦争】

特に何も考えずに観ていましたが、気がついたら涙が出ていました。

「みんなが笑って過ごせたら良い。」「すずだけは変わらずに笑っていて欲しい。」

戦争の凄惨さだけではなく、戦争の中で
>>続きを読む