oliveさんの映画レビュー・感想・評価

olive

olive

  • List view
  • Grid view

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

純粋に謎解きかと思えば真相が明かされ、展開にドキドキしながら最後はしっかり回収のミステリーだった。話の運びが飽きない。嘘つくと吐くという大胆な設定も面白いね。

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

2.5

じゃんけんと鉄骨渡りとじゃんけん。カイジはなぜ地下へ道連れ。松山ケンイチはなぜ会話を待っていた。天海はなぜあんなやつに人生賭けた。ざわざわ。ざわざわ。

チア男子!!(2019年製作の映画)

2.5

朝井リョウ作品は映像化しても心情描写や繊細さが再現できないね。導入はしょって改変まぁまぁしててそれでも時間足りてない

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

2.0

予想を上回る何もなさ
音楽を楽しむというほどでもなし

シグナル100(2020年製作の映画)

2.0

手繋いで5歩あるいてたし、10秒以上見つめあってたし、和田くん涙目やし、、、
和田くんの中身が出るか思ったら何もないし、指差し合うとこでストップしたのもよく分からんし。最後、榊君、暴力による強行突破で
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.8

もうこの2人に高評価送りたい。やはり小松菜奈いいな。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

ストーリーの重さがあってそれぞれが繋がるのではなく、繋げるために繋げた感じ
気楽に見るにはちょうど良い

渇き。(2013年製作の映画)

3.1

小松菜奈作品が見たくて待ち遠しかった作品。思ったよりも狂ってたし、ヤクザと警察が噛ませ感w結局大人も子供も狂ってることだけが分かる。ただ、この主演2人は強いなー。役所広司も「虎狼の血」といい、合うなー

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.3

シーンの長さ、間の取り方が妙技ですね
シーンの長さとセリフも少ないことで妙に現実感が出てじーんと染み入りましたが、ゴーストがそこにいるという違和感もあり不思議な世界を味わえた気がしました
夜中に薄暗い
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

2.5

見ててこそばゆいような絡みを、今、自分も大学の友達としてるなあ、、、

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.9

楽しい。最終章の花火も、変に重くしてないのがとても良い。

ザ・ハント(2020年製作の映画)

2.5

最初の主役級変わる演出と説明なしのパニック感ある演出はマッチしてて新鮮だった
説明文見ないで作品選ぶと、こういうとこを楽しむ権利が得られる

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

やはりひたすらアクション。ストーリーがシンプルすぎる。本で倒して馬で倒してw

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.5

闇の深さならNo.1の作品。アメリカンはゲラゲラ笑うのかな?なぜかガムの見た目がすごい好きだった。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.0

性格によって同じ顔でもこんなに綺麗にも醜くも見えるんだよなー
伝聞ってこわいなー

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

アトラクションのような感覚とストーリー。どうしても話が浅くなるしアクション体験なので、技術的なブレイクスルーがないと次はないだろうな。FPS、アクション好きは一度見て良い作品。

ソルト(2010年製作の映画)

3.1

いいアクション。単純な戦闘力もだけど状況打破というか突破力が天才的な感じ良いね。結局ソルトは人生、夫と全てを奪ったロシアを捨て、アメリカというか戦争から守った。夫を守るために大統領殺したふりをしたけど>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

2.5

映像化するとひどいなw原作の内容量を荒めに絞った感じ。陣形の強さ関係なく殴り合いの強さの勝負になっちゃってるよ。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.7

世界観と映像美に引き込まれて、見てたら口の中、砂っぽい。光の明暗差も強く、幻想的。予備知識ないと人物と団体を理解するのに少し時間がいる。終盤の砂虫の縄張りのところ、陽が落ちて終始暗めなのに、とても魅せ>>続きを読む

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.2

ブレインゲーム?この内容でブレインゲームにするか?いまいち締まりきらない。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

これは変わっていった桃李のその先であるレベル2が気になる展開。役所広司こんなかっこええんやな。

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.5

設定は拾ってこれそう。バイクアクションがあつい!対過去の自分は経験、判断力は勝つけど身体能力、反射神経が負けるとなりそうなので、うまく磨けばおもしろいな。人脈、性格も含めそこは活かしてたのかも。完全に>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.6

普通におもしろいが、感動する良い話にしようとしすぎて、らしさの面で惜しい気がする。関水渚が中盤近くまで広瀬すずだと、、、

エスター(2009年製作の映画)

4.2

少女なのに大人びた美しさと聡いオーラ、本物かよ。ホラー演出の音、視覚の煽りも強かったけど、魅入った。雪国舞台なのも冷たく美しい感じが出ている気がした。イザベル・ファーマンに高得点を捧ぐ。こわいわー。

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.6

勝手にインセプションのようだとハードル上げをしてしまった。面白いが思ったほどSF強さがなく、ストーリーも目新しさは薄め。メイが記憶越しにニックに話しかける演出は響いたが。話しただけで証拠が残るよ、って>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

2.5

予告がうまかったのかな。最後の金髪で一気にイケメンやったなー

>|