さやさんさんの映画レビュー・感想・評価

さやさん

さやさん

映画(756)
ドラマ(13)

ペイルライダー(1985年製作の映画)

-

こんな自分がめちゃかっこいい映画撮っちゃうイーストウッド、サイコーとしか言えない。恋しちゃうなぁ。

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

ホアキン・フェニックスの『JOKER』がきになるので。
ヒース・レジャーはもうこの世にいないのか、、、。

アス(2019年製作の映画)

-

見たあと、ぼーっとしちゃうなぁ。
たまにクスッと笑えるの良かった。
やっぱり、死ぬ相手を倒せるだけの戦闘力って、必要だよね。
女王陛下以来のお気に入りのうさちゃん映画。

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

-

子供とは血が繋がってるのに、夫婦は血が繋がってなくて、なんだか家族って難しいね。だから、物語がうまれるのね。なんつってね。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

やっぱりタランティーノ最高だなぁ。
相変わらず裸足の足裏見せつけてくるの、いつも通りでにやにやしちゃう。
マーゴット・ロビーは死ぬほど可愛い(ブルース・リーにカンフー教えてもらってるとことか、映画館で
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

-

よかった。
けっこうしんどくて、悲しかったな。
ステージに上がる時にスイッチを入れてる感じがまた悲しくて。でも、ステージはすごく楽しくて、切ないねぇ。
I'm still〜のMVが好きなので、撮影楽し
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

-

佑の話し方が好き。
夏暑くて、冬寒くても、エアコンと暖房つければ大丈夫。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

-

まざふぁっか〜〜〜〜の声がとても好き。
じーごーくーじーごーくーたのしいじごくーって感じ。

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

-

てぃみー死ぬほどかわいいけど、ずっとかわいいままで、かっこよくならないんダァって思った。
ドライブインシアターとかあったら、もっと運転上手くなるように頑張ってたのにね。

リング(1998年製作の映画)

-

竹内結子がかわいすぎて、そこは見てよかったなと思った。ほんとに。

舞台恐怖症(1950年製作の映画)

-

なんかヒッチコック観たくなる時ってあるよね。
今のところ勝てると思ったマレーネ・ディートリッヒにあったことがない。

深夜の告白(1944年製作の映画)

-

女も怖いけど、一回惚れて、共犯の道に進んだのにすぐに裏切ろうとする男の方が怖い。まぁ、どっちもどっち感あるけど笑

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

-

ボディで歌うのも私は好きよ
お父さん、そんなに怒ってて生きてて楽しいのかよってイライラした。

タロットカード殺人事件(2006年製作の映画)

-

初めてヒュー・ジャックマンかっこいいと思ったかもしれない。せくしー!

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

-

あ〜〜〜ブシェミかわいすぎ!!!
どーでもいいようなタランティーノ映画の会話が結構好き。男と女について語りがち。
あと、タランティーノ若くて少し吹き出しちゃった。

7月の物語(2017年製作の映画)

-

7月14日、、、!
やっぱ夏のフランス映画よいね
女の子の素朴な可愛さが本当に羨ましい。
マニキュアと口紅と。
フェンシングと柔道。

『7月14日の娘』観たくなった😭

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

-

これだから神様なんてとか思ってみてたけど、いろんなシーンに神々しいなって思って、え?神々しいって神って笑笑神信じてんの笑笑って自分に突っ込んだりしてた。
神にもすがりたくなるよ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

思ったより怖くなかった!
こーりゃ解説サイト読まなきゃなぁって思ってる。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

-

ギャルたち強すぎてめちゃ笑ってスッキリした。女の子グループすきすき。
ゾーイはふぁっきんキャットだから😭
あの娘の自慢の御御足を見事にぶっ飛ばすタランティーノ最高。
よかったなぁ。

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

-

脚本が良すぎてため息でた。
途中だれた感あったけど、最後まで見て良かった。

おしゃれ泥棒(1966年製作の映画)

-

泥棒中にいちゃつくな!!
かわいいなぁ!!おい!!

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

-

受け止めきれてないっていうのがすごく当てはまる。
いろいろ思い出してぎゃあってなったり。
これはひきずるやつだね。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

-

ジェイクが見たいという欲望だけだったけど、思いのほか見てスッキリした。
プロ根性というか狂気というか。
私も頑張ろってなった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

やっぱり、映画の脱獄シーンっていいよね。
ヒュー・グラントのお茶目な悪役感も可愛らしかった。エンドロールのミュージカル気合い入れすぎですき。

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

-

ジャルロット・ゲンズブール、ジェーン・バーキンの娘って、わかるなぁって思った。
夏のフランス映画いいねぇ。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

わったふぁっっ!!!
いろんな大人に守られつつも、1人で決めなきゃいけないことは選択肢を委ねられてって、すごくよい環境にいる気がする。
ジョン・ファブロー汗臭わろ

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

-

ミニドラの奴隷感に少し笑ってしまった
どどどどどらえもんって言わせてる、、、?
最後は空き地で野球できるようになったのね
『君の名は』の時から思ってたけど、長澤まさみはもっと声優をやるべきだし、声優以
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

-

生きてるのに死んでて、意味わかんないゾンビデイズ。
嫌いだった大人の生活淡々とこなしてて、しんどみ。
昨日、自転車買ったから、ロールス・ロイスのエンブレムでもつけようかな。

(2007年製作の映画)

-

少年のあどけなさが残るドランを観られただけで満足。かあいー!
でも、髪型がツボよね。

めがね(2007年製作の映画)

-

すごくすき。
会話の一言一言がすべて宝物になるね。
メルシィ体操、たそがれ、さくらさんの自転車の後ろ、そして、ビール。
わたしもあそこにいる才能が欲しい。

長いお別れ(2019年製作の映画)

-

たまにわたし好みではない演出にさめながらも、ちゃんと涙腺ポイントは突かれてた。
湯の方が好きだったな。
上を向いて歩こうが良かった。

極私的エロス 恋歌1974(1974年製作の映画)

-

ある特定の人の子を産むのはいや、誰のかわかんないから産む、みたいなこと。いや、すごすぎでしょ。
常識とか全部吹っ飛んでった。
U-NEXTにあったのもさすがとしか言えないな。

>|