さやさんさんの映画レビュー・感想・評価

さやさん

さやさん

映画(831)
ドラマ(28)

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

頭が悪過ぎて全然わかんなかったけど、カサブランカが名作ということは改めて理解できました。

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

-

もっとお若い女の子が見てキャッキャ楽しむ冒険譚なのに、不覚にもカッコ良いシャーロック、キラキラしすぎてるテュークスベリー、強くてたくましくて憧れちゃうエノーラにギュンギュン心を持っていかれてすごい楽し>>続きを読む

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

-

ビートルズの勉強になった。
アメリカであんなに炎上してたなんて、、、
リンゴの鼻はやっぱりセクシーね!
みんながほぼハイで撮影していた『HELP!』見なきゃなぁ。
『If I Fell』最近ハマってい
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

-

高校生なんて友情ベストでいいんだよ!!
ブックスマート見たら、これも見なきゃね。
ビル・ヘイダーおきゃわ。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

-

あーー!!最強😭良すぎた😭
高校の頃と重なるし、私はそこから抜け出せずに燻ってますね!!!!踏み出せよ!
いろんな人が言っていたけど、多様性当たり前の前提の世界も気持ちが良く観れたし、初めから自己肯定
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

-

おばさんは、ルーカスくんの成長をリアルタイムで追えて満足です。

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

-

のび太の恐竜2006見た当時のこと思い出して涙腺崩壊。
しずちゃん、お風呂の時ポニーテールにするのすごいよかったよ。

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013年製作の映画)

-

ドラちゃ〜まんまるでぽよぽようごいてて、たまに猫っぽくなってて非常にかわだった。
ドラちゃとのびちゃの友情もなくやつ。
新作楽しみですね!
のび太く〜〜〜〜〜〜んからのオープニングもよき。

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

-

また見つかった、何が、永遠が
本当に尊い作品で、言葉では言い尽くせない
希子『隣人のゆくえ』に出てたのね。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

ジェームズ・コーデンの演劇ソーラグナロクから。
見てる時ゴロゴロ雷なってて、4D。
ハルク好きなのでとても満足二重丸

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

さいきょうだったな。
ロケットほんとすき🥺
ヨンドゥ、うるさいじじいとかおもっててごめんよ。メリー・ポピンズよかったよ。

リトル・フォレスト 春夏秋冬(2018年製作の映画)

-

キム・テリ適当ポニーテールがなんでそんなに可愛くなるの?
日本版みたいに2回に分けても全然良い。もっと見ていたい。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

ロケットのほっぺのふわふわとか小さい身体とグルートと仲良しなとこと、頭良いとこ、CVブラッドリー・クーパーなところがよい。
ドラえもん映画みたいな構成だなぁと思ったり。
エンドゲーム以降の彼らのストー
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

-

内容満足。
三浦春馬の細身な体型と髪型推しに似てた。すきですね。
テレビスペシャルレベル。
コンフィデンスマンJPドラマが大好きでした。第二期期待してます、、、映画じゃなくてもいいじゃないですか、、、
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

-

出てくる映画いちいち最高。
『カサブランカ』、『フィラデルフィア物語』、「ヒズ・ガール・フライデー』、、、
愛は大胆、厄介がすき
切り開かなければ

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

-

非常にアダムが良い
大きい体で小さい車乗ってるアンバランス感も、その車のキーにスターウォーズのストラップついてるのもつぼですね。
ケイレブ君のインキャキモヲタ感も二重丸です。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

2回目なのに、内容全部忘れてたから初見のように楽しめた。
金田君すきですね。
『さんをつけろよデコ助野郎!!!!!』

ハスラーズ(2019年製作の映画)

-

強い女たち大好き🥺
ラモーナに抱きしめられたいね。

ガタカ(1997年製作の映画)

-

想像してたのと違ってよかった。
ユージーン、いい子で泣いた。

王様と私(1956年製作の映画)

-

アンクルトムの小屋シャムバージョンすきすぎる。リタ・モレノ出てたんかぁ。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

-

ああ、これはまた見たくなる日が来るなぁと。
多分1人ぐらいぐれてる兄妹いてもおかしくないのに、みんないい子なのが救い。よかった。
脚本ルーカスくんのパパなのか!

アリスのままで(2014年製作の映画)

-

癌だったらよかった にアルツハイマーの恐ろしさが詰まってるなぁ。
深刻すぎないほどよい重さ。
よかった。

お熱い夜をあなたに(1972年製作の映画)

-

ちょっと期待しすぎた。
イタリアの太陽と海と陽気に骨抜きにされてヘロヘロになってるジャック・レモンが見たかったの🥺

茶の味(2003年製作の映画)

-

絶対寝ると思ったけどなんだか目が離せず。
一少年が家までチャリで帰ってきちゃってやっぱり駅に置きに行くとこ。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

うまい具合にみんながしあわせになって、自分の中の負の感情排除できる作品って生きてく上で本当に大切。
スペンスとブリグズビー・ベアの感想大会してるとこで、同じ推しを共有できる幸せとか思い出して泣いた。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

-

将来の自分かもしれない。非モテ。
しあわせ求めて奮闘し続けられるのか。

我が家の楽園(1938年製作の映画)

-

人との関わりって大事ですよね、、、。わかっちゃいるけど。
若いジミーはすごくかわいいね。

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

-

オズの魔法使いとか純粋な気持ちで見られない。かかとを鳴らしても、行きたいところには行けない。
ジュディ関連のびっくりすることいっぱいあったけど、1番びっくりはミッキー・ルーニーがティファニーのユニオシ
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

-

映画だからこそ夢見て幸せに生きていきたいよね。
やっぱり、ニック・ロビンソン大好きだー。
題名の意味がわかった時と、観覧車のシーンは涙止まんね。よかった。

架空OL日記(2020年製作の映画)

-

みんなでテレビ見てる感覚でケラケラしてて、とてもよかった。
上司の悪口とかインスタで悲鳴あげるのとかやってますね。
エンドロールでサラッと流れてた、さかきさんの太極拳がここで出てくるなんてとうれしくな
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

けっこうスッキリした。
最高の恋愛映画じゃん。
ありがとう、アリ・アスター監督。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

せつないけど、美しいね。
勲章メダルとワイン交換するの。
マーク・ストロングは何度見ても最高。

>|