さやさんさんの映画レビュー・感想・評価

さやさん

さやさん

肩ひじなんて張らず、だらけちゃう 映画が見たい

映画(677)
ドラマ(7)

夜明け(2018年製作の映画)

-

しんどい
男2女1のきゃっきゃうふふをなぜか期待してたから

サンシャイン 歌声が響く街(2013年製作の映画)

-

相変わらず音楽は大嫌いだけど、ベッドでぴょんぴょんしてしまった。
スコットランド美しすぎません?
らぶデクスターらぶ

ロープ(1948年製作の映画)

-

なんか見ちゃうんだよなぁ、ヒッチコック。いつの間にか引き込まれてる。
私も、ケーリー・グラント好きですよ。

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

初めて戦争映画で美しいと思ったかも。
ベルモンド版ダンケルクのゆるさなんだったんだ。恋愛している場合じゃないよ。
ジャクロさん、トムグリさん、フィンさん初めまして。
ハーディさん、、、!
とても良かっ
>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

-

40超えたら女はみんな同い歳!
少女のようなきゃっきゃ うふふがとても良かった。白い帽子のおばちゃんすきぃ。
歳をとることも悪くないね。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

ずっと観たくてでも観れなくて、期待値爆上げしてたけど、それすら上回るくらい良かった良すぎた。
優しい世界。愛って大事だね。
音楽もよくって、お母さんが好きだった歌、途中から曲調変わるのズルすぎて泣いた
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

-

すべて手の隙間からこぼれてってしまって何も残らなかった。虚無すぎ。
こんなやりきれない気持ちで新年迎えるのしんどい。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

-

ドランの美しさよ
メガネがダサいぐらいがちょうどいいの
わたしにはわからないけど、意味が込められてることがたくさんあったんだなぁと

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

-

ホラーじゃない、ほかの部分に惹かれたような。
プールを撮るのがお好きなのかしら。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

-

とても好き。ファーストカットからもう好き。
プールのボーイとガールがすっごい好き。
監督の水との親和性。
『アンダー・〜』また見たい。

カリガリ博士(1919年製作の映画)

-

理解力がないから、解説読んでびっくりしちゃったよ、、、。

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

年末大掃除とお引越し前のモチベを上げるため。断捨離スイッチが入ってしまう。
他人の日常垣間見る感じもなかなか良い。

あみこ(2017年製作の映画)

-

最強になる。
わかるわかると思いながらもあみこかわいいが止まらなかった、え、親目線になったの?大衆文化な女に密かに憧れる。
サッカー部のマネージャーの後ろ姿監督っぽいなと思ったら本人でした。かわ。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

あの時期に、親と先生以外の大人が近くにいる環境に憧れ。
これまた『カサブランカ』を見返したくなる。
マイク・ミルズ感なんとなくわかった。じわじわ沁みてくるやつ。
ジェイミーとアビーが踊り狂ってるところ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

-

マヒシュマティ王国の民になってしまった。バーフバリ、本当にかっこよくて強くて優しくて大好き愛してる。
バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリィッ!!!!!!

ロックンローラ(2008年製作の映画)

-

ガイ・リッチー感満載。
他のに比べたらあんまだけど、、、。
マーク・ストロングを愛でる映画。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

-

これだから、エドガー・ライトは、、、もう、、、好きっ、、、。
面白すぎて最高すぎて泣いてしまった。

レベッカ(1940年製作の映画)

-

あんなとこに愛だけで嫁ぐんじゃないね。
ダンバースさんのレベッカのお洋服を愛おしそうに撫でる感じがもう狂気。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

-

よかった。
オクタヴィア・スペンサー、流石すぎ。
ミニーのフライドチキンが食べたいね。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

-

ジャンゴ色気、漏れすぎじゃない?!?!「いたずら娘め」なんて、あぁぁぁぁ!!
タランティーノの血だけじゃなくてどこかしらの固形物まで飛ばす感じ、ああ、これこれ!となる。
ウェスタン、とても良かった。

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

-

ほんとは映画館で見たかった。
ずっとお祭りして、大変なことに気づかずに生きていきたいよ〜。目を覚ましたくないよ〜。
女の子集めて娼家にするの。

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

-

とりあえずアカデミー賞作品賞は見ておけって事で。
差し色の赤が印象的。
美しき、家族の愛。なんつって。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

クイーン全然知らないわたしでも、ブライアン・メイさんめちゃそっくりというのはわかった。
レディオ・ガガっ!!

ー追記ー
え!?えええ?!?!
ポラプ新監督って、『ロック、ストック〜』の愛しのソープだ
>>続きを読む

ドラえもん のび太の大魔境(1982年製作の映画)

-

なんでAmazonプライム・ビデオの見放題終わった?ドラ熱が復活したのに。
リメイク後も観たかった😭
田淵評も聞けるとこまで聞いたのに😭

ジャーマン+雨(2006年製作の映画)

-

喉の奥に小さな黒人がいるね。すごいよ。
よしこは死ねないよ。
パンチが強くてよかった。

娼年(2018年製作の映画)

-

松坂さん、一生分の濡れ場やったんじゃ、、、?3年ぐらい休んでいいよ。
とーこさん、いた(とーこさんじゃないけど)。

若葉のころ(2015年製作の映画)

-

綺麗な画とストーリーに思わず泣いてしまったよ。レコードとばしたい。
こんなものばかり見ていたら、余計現実が嫌になるね。

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

-

ずっと切なさが漂ってて、タチの作品ならクスッとする部分でも、悲しくなった。
タチシェフの一挙手一投足がタチすぎてその時点で泣いた。
『ぼくの伯父さん』のシーンだけあげでした。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

-

体育館でモウが告白するシーン、心の声が抑えきれず思わず叫んでしまった、、、!!!!
純粋な少年少女たちに触れて浄化して消えてしまいそうだよ。
映画館で見てたら確実に泣いてた。ちょっと泣きそうだもん。今
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

個人的にはめちゃくちゃ楽しかったし、好き(ベリーショートの子の下着の色、タトゥーの位置などなど)。けど、わかんなすぎてやば。A・ガーフィールドの走り方のダサさがツボすぎた。
余裕ないけどまた見にいきた
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

-

あの顔!!オーソン・ウェルズだったのか!!ちょっと怖い。
いろんなとこからドイツ語聞こえて八方塞がり感すごい。
劇場で見なきゃなやつじゃない??

キャバレー(1972年製作の映画)

-

ショウのシーンがめちゃ好き。
ブライアン、お前もかぁ〜って。
ただ、ショウきれーってだけで時代背景スルーしそうになってしまうの。
これもなかなか良かった。

>|