さやさんさんの映画レビュー・感想・評価

さやさん

さやさん

肩ひじなんて張らず、だらけちゃう 映画が見たい

映画(644)
ドラマ(3)

第三の男(1949年製作の映画)

-

あの顔!!オーソン・ウェルズだったのか!!ちょっと怖い。
いろんなとこからドイツ語聞こえて八方塞がり感すごい。
劇場で見なきゃなやつじゃない??

キャバレー(1972年製作の映画)

-

ショウのシーンがめちゃ好き。
ブライアン、お前もかぁ〜って。
ただ、ショウきれーってだけで時代背景スルーしそうになってしまうの。
これもなかなか良かった。

赤線地帯(1956年製作の映画)

-

ゆめちゃん気狂シーンでよよよ泣ってなった。
ミッキーがツボ過ぎ。
とてもよかった。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

-

ピグレットのどんぐり好き設定、初めて知った。
なかなか大人向け。ただ、私は毎日何もしないをしているから、働いてからまた見たい。
エンドロールのバカンスシーンが好きすぎる。

素直な悪女(1956年製作の映画)

-

勇気づけられる。足の先まで気を抜いてはいけないのね。
バレエシューズがとても欲しくなった。

ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001年製作の映画)

-

昔はイカロス怖い怖いって思ってたけど、ただのいい鳥人でした。
スネ夫も人間の心あるんだなって思った。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アホほど泣いた。
がんばれ、おっこ!
小学生なのにあんなにいろんなものを背負ったおっこを見ていたら、今の自分のおっこから何を学んでそうなったの?って思うくらいのダメさに死にそうになった。
がんばる。
>>続きを読む

ドラえもん のび太と雲の王国(1992年製作の映画)

-

地上人がほんとごめんなさい。いつも頼れるカッコいい人がそうではなくなってしまうのとても切ない悲しい。キングスマン ゴールデン・サークルのハリーを思い出した。全部のドラえもん映画の田淵評が聞きたい。

ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003年製作の映画)

-

最後にはしっかり泣かせてくるから、全く泣けないドラえもん映画を探す旅に出たい。
がんばれ!ふーこ!!!

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年製作の映画)

-

リメイクの前も見ないと。
ククルとの別れより、動物たちとの別れの方が悲しくなってしまうのがなんかう〜んと。まぁ、泣いたけど。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

同じ2人なのに違う2人。
とにかくいろいろ本当にいろいろやばいな。まだ咀嚼できず。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

-

パターソン見たから、見たくなったのもある。
エドワード・ノートンの表情がとても良いのと、結構ショタめのルーカス・ヘッジズくん、とても可愛い。
優しいけど優しくない世界。

グリース(1978年製作の映画)

-

サンディ、君をもっと、君をもっと愛してるよ!
いい女だったな。

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

-

評判通り無事に泣きまくって、劇場明るくならないで欲しかった。
家出して困らせちゃえ!!とか心で応援してて、私はずっと子供のままなんだなぁと。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

-

ほんと好き。
ぼくとさちこの身長差、男2女1の構図。
宙ぶらりんで、何もないけど、何かありそうな予感にドキドキしながら見ていた気がする。

9月20日
モラトリアムと夏の終わりに切な苦しくなってもうぼ
>>続きを読む

のんき大将脱線の巻(1947年製作の映画)

-

急げや急げ!
アメリカ式の郵便映画、ムキムキイケメンの郵便配達員コンテストって何だよ!!!
あんなに笑ったのに、ラストのお祭りが終わってしまったあの寂しさにちょっと苦しくなっちゃった。

郵便配達の学校(1947年製作の映画)

-

ポシェットというかサコッシュバッグというかそういうものを体をグルンと一周させる勢いで生きたいね。
タチが若い!!!

ぼくの伯父さんの授業(1967年製作の映画)

-

ユロ氏めちゃしゃべるじゃん!!!
初心者のタバコの吸い方の前歯が出てる顔、とても好きよ
プレイタイムでの大破産の時のタチの心情を想像して涙ぐむ

フォルツァ・バスティア'78 祝祭の島(2000年製作の映画)

-

カンカン帽のおばあちゃん
絶対ないけど、画面のどこかにユロ氏いないかなぁって探したり、探さなかったり

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

-

マット・デイモンとケイシー・アフレックが可愛すぎて、強盗とかどうでもよくなった。ケイシーに対する愛おしさの出所。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

-

ウディ・ハレルソン私の中でのかっこいいが更新されました👏圧倒的な強さ、無敵感がすごく好きみたいね。
ビル・マーレイとの出会いのところ。
もっとゾンビ映画見て来たる日に備えなきゃな。

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

-

トム・クルーズ、メガネが全く似合ってなくて、とても可愛いなって思いました。

お早よう(1959年製作の映画)

-

もう面白すぎるだろ〜これは!!
勇ちゃんがスッキィ〜
女の人の発声の仕方が気になって真似しちゃう あんな早口できないよ!
いろんな言葉の言い回し 語尾 いってまいりまーす
愛おしさがこぼれ落ちすぎて
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

-

シンプルにはちゃめちゃ泣かせてくるのずるいわ。
もっと大人になったら完全版を。
これだけ言わせて、パラディッソ〜〜〜〜

タンポポ(1985年製作の映画)

-

まじで、サイコーな映画でした。良すぎてニヤニヤが止まらない。
卵の黄身の口移しが流石に18禁すぎ。
これからメンマのことをシナチクって言います。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

映画館が一体となって笑いが起こることがとても幸せだなぁって。涙ぐみそうになった。さいこー!!!

殺したい女(1986年製作の映画)

-

期待せずに見るとなかなか楽しい、面白い。アホばっかかよって思ったり、天才すぎって思ったり忙しい。途中だれてしまった気がした。めちゃ80年代。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

-

ニック・ロビンソンの目が、あの二重のライン、まぁ多分お顔がとても好き。崖から飛び降りるの、森の中で頑張る感じ、キングス・オブ・サマーかな??

パターソン(2016年製作の映画)

-

パターソンの照れ顔で、世界に笑顔が溢れるでしょう

極楽特急(1932年製作の映画)

-

泥棒カップルのイチャイチャはほんとかわいい。ポケットを探って ん?お?おお?お前かぁい〜!みたいなのもっと見たかった。
マダム コレの上品さ、麗しさは脱帽。敵わないなぁ。素敵。
ルビッチ定期的に見まし
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

-

勉強不足が身にしみる
わかんないって言って目を背けるのはやめだね

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

シュリちゃんだけで映画一本作って欲しい。女性たちが魅力的で素敵すぎて、頑張ろって思った。

緑の光線(1985年製作の映画)

-

ラスト良すぎて思わず立ち上がりそうになった。
デルフィーヌがちょくちょくおいおい泣く感じ、身に覚えがあるような、無いような。彼女ってめんどくさい女なのか、、、?
良かった良かった。

少女邂逅(2017年製作の映画)

-

儚くて壊れそうなバランスの中で自分もグラグラクラクラしながら見てた気がする。紬の最後の顔を思い出して苦しくなる。
ううう、、、守らなきゃな世界、、、

レネットとミラベル/四つの冒険(1986年製作の映画)

-

ロメールは夏のバカンス恋愛模様ばかりだと思い込んでいたから(初心者すぎる)おどろき。日常系だけど、その中に2人の個性が存分に出ているストーリーの運びで飽きずに見れたかな!まぁ、短いしね。
お洋服、サイ
>>続きを読む

>|