誠治さんの映画レビュー・感想・評価

誠治

誠治

何を思い立ったか、2017.3.29 このアプリに出会い、これからの鑑賞記録を残していこうと決意。今まで観たのは無しであくまで新たに!
たまに上書きするかも… 
大阪芸術大学V83 映像計画学科卒業 映画研究会部長暦有

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

アメリカ映画によくある実話モノ。
クライマックスで観客が「Yes!」と心でガッツポーズをとるタイプの映画。
でも、こういうの大好きなんだよね。
顔がばれている役者はどうしてもイメージがついてしまうが、
>>続きを読む

LIVE FOR TODAY 天龍源一郎(2016年製作の映画)

3.5

両国で当日、観戦した者としては涙なくしては観られない。
監督がリングシューズを履く天龍に拘っているのが印象的。
オカダが「ショートタイツを履いてこい(履ける体を作って来い)」の件がなかったのが残念。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

油断してた・・・
あまり評判も聞かないのでシャーリーズセロン見たさにノコノコ行ったのが運の尽き。
最高!
ただのアクション映画じゃないのにアクション最高!
どんだけワンカットで引っ張る?
「うわっ」な
>>続きを読む

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

1.5

村上、イケメン、高橋和也はよかった。
共感も感動も痛快さも、期待してたモノはなかった。
これがかの「百円の恋」の監督作品だとは驚き。
サトエリの酒豪キャラの設定が大して生かせていない。
鑑賞後、特に餃
>>続きを読む

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち(1978年製作の映画)

5.0

この間はなんだ?!
白色彗星の登場の正面カット、パイプオルガンに合わせたカット割だが荘厳過ぎて増長に感じない。
ラストのヤマトの特攻も遠く暗い闇の中に溶け込み、暫くしてからの爆発。
この間も素晴らしい
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.5

ホラーと言うより、一昔前のアメリカ青春映画に仕上がっている。
子供たちが全然怖がらないのは逞しい。
むしろ、ピエロが最後みんなにボコ殴り(しかもバットで!)にされ可哀想なくらい。
勇気を持って生きよう
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

『ブレードランナー ブラックアウト2022』『2036: ネクサス・ドーン』『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』を観ておくべきでした。
確かに長すぎるのもあり、途中何度かダウン。
前作にもそれほど思
>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

1.5

前作をテレビで観て割りと面白かったので、続編を観たが大失敗。
三池監督「殺し屋1」とかは面白かったのにな・・・
とにかくCGはもう本当に使わない方がいい、いや使わないでくれ!
良かったのは菜々緒のパン
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.5

席が前過ぎた!
アップが多すぎで観るの疲れた。
婆さんの「よくも私の家を壊したな~」は怖かった。
なんでオープニングが二回あったんだろ?
全然違うけど、自分(イエロー)にホワイトやブラックの彼女や奥さ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

先に観た「ミックス。」の蒼井優も良かったが、今作もいいね~
初めて観る彼女のラヴシーン。
かなり、セクシー!喘ぎ声もそそる!
いっそ乳首出しちゃってもいいんじゃないの?
その方がリアリティでしょー!
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

-

一作目は観たが、前回の二作目は未見。
最寄の劇場で誕生日割りだったので、とりあえず見た感じ。
途中で爆睡で評価不可。
昔のシリーズは好きだったんだけど・・・
服も着てないので、わずかな表情とか、リアル
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

洋画はこの手のスタイルは本当に面白い。
しかも、外れ無しのトムクルーズ。
ホント外れないよな~彼の出演作は安心して観れます。
ビデオ(VHS)の効果を使っていて興味深い。
既に前時代の代物ってことね。
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛編(2017年製作の映画)

3.0

森雪登場。
「結婚しよう」は映画だとラストだったかと記憶しているが、ここで出すとは?!
ラストが映画とは違うようになるということか?
次はデスラー特集。
今回のデスラーはキャラが違うので古代と同対峙す
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.5

まさかの蒼井優!
中華料理屋のおかみ最高!
よくキャスティングしたな~
全然メインじゃないのによく引き受けたな~
しかし、なにやらせても上手いな~
しかも面白い!振り切り具合がハンパない。
特段、変な
>>続きを読む

CUTIE HONEY TEARS(2016年製作の映画)

1.5

キューティーハニーは明るく可愛くエッチでないとつまらない。
今作はそのどれもが欠けている。
この手のリメイクは皆さんシリアスに走り過ぎて同じようなアクションモノになってしまう。
しかし、空中元素固定装
>>続きを読む

破裏拳ポリマー(2017年製作の映画)

2.0

ポリマーだらけ。
延々ポリマー同士の対決。
原作のあのライトな楽しい世界観が全然ない。
なんで、マントしてない?
「武、待ってろよ」の犬の名台詞が聞きたかった。
大家の娘が全然セクシーじゃない!!原幹
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

新次とライバルとの対決も、なかなか矢吹丈ばりのラフ殺法で面白い試合だったが、その後のバリカン大活躍で印象が薄くなる。
ここからは怒涛のバリカンストーリーで、いよいよ物語の中核へ!
ここまで長かった~
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

原作も読んで準備万端!
しかし、なんで設定が東京オリンピックの翌年2021年なんだろ?
特に未来観はなかったな。
日常での爆発事故(テロ?)等は真実味があったが、なって欲しくない未来ですね。
原作にな
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.0

普段ならこの手のは観ないのだが、最寄りの映画館で誕生月割引で鑑賞。
皆さん書いてますが、涙腺決壊が既に予告で観ているショットという宣伝部の片手落ち。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

まぁ、最後はああ終わるしかないか・・・
大御所の俳優が増えたのと比例してかアップが多かったな。
塩見三省の喋り方が面白かった。
あれは役?症状?
西田敏行の下を出して喋るとこも面白かった。
が、恐さも
>>続きを読む

ゴンドラ(1987年製作の映画)

-

師が一番上手い女優と言う木内みどりさんのFacebookで情報を得、鑑賞。
初監督で、力が入ってるのか前半全てのカットにクレーンやらフィルターなど工夫有で少し疲れる。
それもあり、途中で撃沈し採点不可
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

2.5

加藤があの加藤だと最後の最後で種明かしの構成はよかった。
加藤がいい奴過ぎてこちらが恥ずかしくなる。
でも、そこがカッコいいんだよな~
大阪の女の子を生き返らせて、弟と彼女の子供と四人で幸せになるのか
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 「第二章 発進篇」(2017年製作の映画)

3.0

いよいよヤマト発進!
そして、ヤマトとアンドロメダの対決
島は乗艦するのか?森雪は?そして、発進時に残された乗員はそのままなのか?
加藤の奥さんがいい!

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

原作を以前に読んでたが、全然覚えておらず楽しめた。
リストカットのくだりは生理的に受け付けず。
ひっつき虫の中のセックスシーンはあまりロマンチックじゃないな、いい話の展開部なのに勿体ない。
ひっつき虫
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 「第一章 嚆矢篇」(2017年製作の映画)

3.0

まさかのガミラスとの同盟!
白色彗星軍との戦いも少しづつ激戦化だが白色彗星本体の脅威は未だ感じられず。
シリーズモノだが、最近のマイヤマトブームに乗って一応全話観る予定。
福井晴敏脚本てのも今回のこの
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(2014年製作の映画)

2.5

前半は白色彗星軍の予兆として楽しめたが、後半はヤマト版「世にも奇妙な物語」
白色彗星軍の隊長の声優がスベらない話のナレーションの声?なのか、違和感有。

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.5

小日向刑事の取調べシーンが爆笑!
完全にコント。
若者二人(桐谷健太と新井浩文)の死をきっかけにするのはどうかなと少し思った。一本目とキャラが少し違うのでは?刑務所での時間で大人になったのかな。
西田
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.0

長尺…
もう少し短ければもっと楽しめたかも。
坂口健太郎のキャラがクソ!
携帯見せてとか、土下座しろとか、靴脱げとか。
しかも、言った傍から直ぐに訂正するとこも。
有村架純のラヴシーンは新鮮。
でもこ
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海(2014年製作の映画)

3.0

監督、出渕裕じゃないんだ・・・
オープニングが反射衛生砲のくだりからと凝った編集と思ったが、
ラストの沖田艦長の死を軽視し過ぎでガッカリ。

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.5

初見の際、フリが長く落ちがばれちゃうと思っていたが、テレビで観るとそうでもなかったかな。
やくざがコントをやっているような感じ。
笑いと恐怖は紙一重か。
中盤のフェードアウト処理が多いのがあまり好きで
>>続きを読む

SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年製作の映画)

1.0

特撮最悪、ストーリーも最悪、設定も最悪。
沖田艦長はビジュアルは笑うが、芝居は流石!
他は特に見るべきものはないかな。
素晴らしいアニメがあるのにヤマトの名前を汚さないで欲しい。