メルさんの映画レビュー・感想・評価

メル

メル

映画(122)
ドラマ(6)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

劇場版「王室教師ハイネ」(2019年製作の映画)

-

キャラクターが本当にかっわいぃ…
カイ王子とユージン王子がお気に入り。

美味しそうなお菓子がいっぱい出てきてお腹が空いてくるところも…

ハイネ先生の指揮にちょっとツボっちゃった。

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

-

すっごいスピード感。大迫力だった。
あっという間に終わっちゃって、少し寂しい感じがしたくらい…
過去作に比べて圧倒的にグロい描写が多くてびっくりした。
個人的に新キャラの吹き替えで好きな声優さんが2人
>>続きを読む

リンカーン/秘密の書(2012年製作の映画)

-

歴史に沿ったストーリーでありながら、上手い具合にヴァンパイアを登場させてたから、ノンフィクションとフィクションが上手く融合されてて、壮大なストーリーだった。

あの時代のドレスって可愛いな

ガーフィールド ザ・ムービー(2004年製作の映画)

-

幼い頃この作品でラザニアを知って、食べてみたいと思って、親にお願いして初めて食べたときの感動は今でも忘れない…

パッケージを地図代わりにして、数歩でたどり着けると思ったり、カラフルな街路樹があると思
>>続きを読む

ゴヤ・マーダー(2019年製作の映画)

-

登場人物がもうちょっといい人たちだったら…感情移入も出来ないし、悲劇に見舞われても同情出来なかった。
最後が急展開すぎて時が止まったかのような感覚に陥った。
ラストのシーンで「それはICPOの仕事やろ
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

-

クスッと笑える箇所が幾つかあった。
海外の人が思う日本のイメージがことごとく表現されてた。
日本のセットは忠実かと言われれば微妙だけど、味があって私は好き。

映画演劇 サクセス荘(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映画演劇とあるだけにあたかも演劇を見ているかのような作品。
面白いシーンもあれば、思わず目頭が熱くなる様なシーンもあり壮大だった。
ハプニングもあったようで素で笑ってしまうキャストさんがいるのも味があ
>>続きを読む

映画 少年たち(2019年製作の映画)

-

パフォーマンスとして見るには物凄く豪華だった。華やかな要素があり、画に圧倒された。

黒房の雰囲気が個人的に好きだった。

あんさんぶるスターズ!!-Road to Show!!-(2022年製作の映画)

-

瀬名泉さんのスケボにずっとツボってた。

沢山の要素が詰まった作品で見応えがあった。

9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜(2009年製作の映画)

-

小学生の頃に見た作品。
何回夢に出てきたことか…結構怖かった。
今でもレンタルビデオ屋さんとかで見かけるとゾクッとする…

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃん達の言動にテンポの悪さを感じてしまったけど、これがジュマンジシリーズで初めて見る作品っていう人には面白いかも。

最後のシーン…👀
街中を大勢の動物が走ってるのは初期のジュマンジを思い出す
>>続きを読む

映画 刀剣乱舞-継承-(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

結末にはびっくりしたけど、私たちが習った歴史も殆どそうなのかも。そういう意味で深く、メッセージ性があった。

猿の由来を明かしたとき、一瞬コメディになったかと思えば、まさかの戦闘開始。
和田さんのセリ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ものすごく見応えがあった。
テンポがよく、本当にワクワクした。
前作との繋がりをかんじる部分もありつつも、一味違う設定で面白い。
キスシーンがなんか、凄かった。
ケーキで爆発もびっくりした。笑っちゃっ
>>続きを読む

ザ・ワン(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

シリアスな話の最中でのあの派手髪写真には笑ってしまった。
ガスステーションのシーン結構好きだな。
どんな結末になるかちょっと心配だった(元の世界に戻って犯罪者扱いされるのかなとか、釈放されたとしても後
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

-

小学生の頃、友人に勧められて見た作品。
ストップモーションアニメ特有の可愛らしい雰囲気かと思いきや、かなり怖かった記憶…所々トラウマ級のシーンがあって未だに忘れられない箇所も幾つか…
お話自体はすごく
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

-

幼い頃はミニオンと一緒に暮らしたいって言ってた…
本当に可愛いお話。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

虫嫌いだけど、何の躊躇もなく見れた記憶…
今だったら無理かも…
サングラスに黒スーツがかっこいい。
コメディ要素もあって面白かった。

ヘンゼルとグレーテル(2002年製作の映画)

-

小学生のときにこの作品で代理人という言葉を知った。
魔女のおばあさんの変わり様が激しかったのが印象に残ってる。

名探偵コナン 紺碧の棺(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の佐藤刑事かっこよかった。
覆面をルパンにした理由は分からなかったけど…最後までどうなるか分からないカーチェイスで迫力があった。

哀ちゃんに対して、助手じゃなくて相棒って言うコナンくんいい。好き
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

人間によって自然が破壊されていくのが、現代を風刺しているようだ。
幼い頃は気づかなかったけど、数年ぶりに改めて見て分かった。
キャストの声もあってか、キャラクター1人1人(1匹1匹?)のパワーを物凄く
>>続きを読む

ルパン三世 生きていた魔術師(2002年製作の映画)

-

物凄く仕掛けが沢山で不思議なお話だった。
エンディングが数種類あったけど、そのお陰でより謎が深まった部分もある。
ルパンがまるでアップルウォッチと言っても過言ではないマシーンを使ってた。

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

-

セリフの掛け合いが面白い。
至る所にギャグを挟んでくるから、何度も吹き出してしまう。
音楽がとてもかっこよくて、ノリに乗って見入ってしまう。
シュールな場面もありつつ、美しく壮大な景色のカットもあるか
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

-

ルパンがイケメン。ロマンチックだった。
ちゃんときめ引きをつけるルパンが素敵。

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

-

オープニング前のシーンが結構好き。
クラシックっぽさというか雰囲気がある。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

コナンイケメン。かっこよかった。
佐藤刑事がモテモテだった。
ラストは皆が幸せに包まれる感じがして物凄くハッピーになる。

精神科医を表すダイイングメッセージが連想ゲームじみてたから、もうちょっと凝っ
>>続きを読む

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こんなにワクワクしたの久しぶり。
全く予測できない展開に目が離せない。
アクションはオシャレだし、謎解きはハラハラするし、最高だった。
ウォールバーグかっこよかった。
続編がありそう……楽しみ。

スパイキッズ3-D:ゲームオーバー(2003年製作の映画)

-

スパイキッズっぽくなかったかけど、アクション映画としては楽しめた。
また一作目から見直そうかな。

シュレック(2001年製作の映画)

-

シュレックのモノマネ、小学校で流行ったから懐かしい。

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)(1998年製作の映画)

-

小五郎が1番イケメンかもしれん。
ミステリーとしてはトランプの数字に当てはめられた秩序的なものが感じられて綺麗だったけど、犯行動機が薄い…
推理を見る分には面白かった。

スパイキッズ2 失われた夢の島(2002年製作の映画)

-

あの時計型マシーン欲しいって思ってた…
冒険心に満ち溢れてワクワクする作品。
幼い頃、何回もくり返しみたお気に入り。
初っ端の変わった名前のアトラクションの印章が強い。
最後に見てから何年も経ったけど
>>続きを読む

ホートン ふしぎな世界のダレダーレ(2008年製作の映画)

-

自分の家系を教えるシーン(曾、曾、曾、曾…のところ)に子供の頃爆笑した記憶がある。

ハミングバード(2013年製作の映画)

-

切ない、シリアスな作品。
その後どうなるんだろうっていうのが残った。

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

-

夢が詰まった楽しい作品。
幼い頃ワクワクしながら観てた記憶。
ドウェイン・ジョンソンの胸筋が凄かった。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

-

オラフがクリストフとスヴェンの名前を聞くシーンが面白かった。
映画館でも結構な人が吹き出してた。

>|