呑み坊主さんの映画レビュー・感想・評価

呑み坊主

呑み坊主

私はいったい、何と闘っているのか(2021年製作の映画)

-

安田顕さんの魅力爆発!
小池栄子さん演じる奥さんを中心とした優しくて仲良し家族😊ちょっと訳あり…何もなければドラマにならない(笑
ファーストサマーウイカさん…!?出演者に、それも上の方に載ってたのを思
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

-

たった1人?の肉親の祖母に見送られ、田舎から服飾デザイナーを夢見るエロイーズ。母は精神的疾患が原因で自ら命を…
そしてロンドンは恐ろしいところだと( ̄ー ̄)
不思議な…霊能力を持つがゆえに怖い体験を…
>>続きを読む

フラ・フラダンス(2021年製作の映画)

-

オープニングでスクリーンいっぱいの向日葵
アロハな色彩もあってキレイな映像が最後まで楽しめる
ヒワとマリでまさか…とは思いましたが、まさかでしたか(^^;
友情と小さな確執、笑いあり、、成長の物語。。
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

-

ヴェノム×エディ×アン×ダン
カーネイジ×邪悪なカップル
食べていいのは外本当に悪い人だけにしとこう(>_<)

梅切らぬバカ(2021年製作の映画)

-

良い花良い実里をつけられるように
成長に邪魔な枝葉は剪定される
ノビノビ育てた、梅切らぬバカ…
ちょっと嫌な、悲しい。。

189(2021年製作の映画)

-

児相の職員さんの苦労が。そうでないお役所仕事の方もいらっしゃるが…
それよりも、何よりも、カス親の存在がムカつき過ぎて(怒
見て見ぬふりする(通報しない/できない)人も罪

本件もっと多くの方々に知っ
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

-

相変わらず、この手の作品は諸所理解できないんですよね。設定であったり関連性であったりもっと言うなら必然性…それを言っちゃお終いですね(^^;
7000年、気の遠くなる年月だ!そりゃあ内々で色々と関係が
>>続きを読む

ナチス・バスターズ(2020年製作の映画)

-

1941年、第二次世界大戦末期
ドイツ軍のソ連侵攻
本作は派手な銃撃砲撃はなく…
部隊からはぐれた5人がソ連兵と思えなかった⁉︎
赤い亡霊と恐れられる、ゲリラ戦を得意とするオッサン(笑
ロシア産ですが
>>続きを読む

試合(2020年製作の映画)

-

フットボールの裏側?レフェリーにフォーカスした作品は珍しい…
どこかのTVのしてやったりのドキュメンタリー特番みたいでもあるけど(^^;

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実(2020年製作の映画)

-

歴史的な知識ほぼ皆無、作品情報もなく(>_<)
ちょいとレビュー見たら、登場人物多かったり、焦点が多岐だとか…
とりあえず、アレックス・ラブロスとマーシャ、ミーチャ(ドミトリー)に着目!
お気楽な訓練
>>続きを読む

ほんとうのピノッキオ(2019年製作の映画)

-

「ほんとうの…」
ほんとうは怖い?グリム童話…的な感じを想像するも
なんか拍子抜けする( ̄ー ̄)
ごく普通のお話
実写描写で生々しいかなと(^^;
イタリアンってのは新鮮に感じる!?笑

ファイター、北からの挑戦者(2020年製作の映画)

-

脱北者が南で生きる大変さ
若い女性ゆえの苦労もあり…

ボクサーとしてのファイターだけではなく
生きるための戦い
(国家、政治的には、両国とも好みません。あしからずm(__)m 個人的な思想です笑笑

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

-

本当の本当にドキュメンタリー??
フィクションの間違いでは!?
コメントし難い…
よくぞご無事で(^^;

カオス・ウォーキング(2021年製作の映画)

-

心の声がダダ漏れ(笑)のとある星の中の集落
悪魔的なやつが女性を皆殺しにしたとか…
母以外の女性を見たことがない青年
初めて見た生身の女性にマジ惚れ💕(^^;

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

-

壮絶なる任務
必要最小限に満たない武力で、しかも自給自足状態(>_<)
無理無茶無謀な指令!
決して死してはならないと、

信虎(2021年製作の映画)

-

著名な武将を扱わない
こんなのもいいんじゃないでしょうか!?
ただ(勉強・知識不足のため)マイナーな登場人物が多く、名称も長くて、なかなか入っていけず…
武術ではなく、妖術!?当時の齢80は妖魔妖怪(
>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

-

TRK TRK TRK
時間との戦い、速度超過による過重との戦い
正義感、友情、兄弟愛
シンプルのようで複雑?深みのあるアクション

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

-

極度の潔癖症×視線恐怖症
彼らの病気は寄生している虫のせい!?
虫による感情…
虫を取り出すと(^^;

賛否分かれそうな( ̄ー ̄)
仮定や過程はまぁまぁまぁ
ピュアな心の持ち主(宿主)なんですよー

老後の資金がありません!(2020年製作の映画)

-

ただのコメディではありません!
老後の蓄え、親の介護問題
逃げられない現実!!

後半は人間にある、ホロリとくるドラマ(^^)
観て良かったです😁

ポッポー!(2019年製作の映画)

-

住所は鳩時計の中
職業は時を刻む人?(^^;
時を知らせることは重要な任務であった!

危機一髪??再就職できて良かった(笑
けど…ラムセス(T_T)

さぁ、動こう! / Let’s move!(2021年製作の映画)

-

あぁスポンサー?パトロン?コマーシャルだとしても…
「やらない善より、やる偽善」
かざすだけの善ならば、どんな形でも偽善だろうが、実になる方が正解だと思います。

途切れない電話/Call Waiting(2020年製作の映画)

-

コロナ禍まっただ中のフランス
休日に子供たちと過ごす予定だった救急サービスオペレーターが休日にも関わらず、在宅で対応する。
子供たちは無邪気に、、コールセンターは逼迫している。。
切実なる諸問題が浮き
>>続きを読む

聖地X(2021年製作の映画)

-

オール韓国ロケ!?
分身?分裂?
ドッペルゲンガー!!

バカにしてすみませんm(__)m
めちゃ面白かったです😁

コップが倒れる…溢れる水…

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

キレイな砂の世界!!
大宇宙での、小規模な戦い??
小宇宙での、大きな闘い?!
楽しかったですが、話が理解できずで(>_<)
この手の作品は脳に合わないのか…笑

続編の前に…現公開中に再鑑賞しようか
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

SEXした後に話を語る妻(^^;
それを文章に落とし、本にする。。
舞台脚本家で役者の夫は何を思うのか?

とある地方で舞台を請けたことで
大事に乗っている愛車の運転を巡り、物語が繋がれていくが。。

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

-

正義感、使命に燃えるドキュメンタリーディレクター由宇子
罪は司法だけで裁いてるだけではない。報道や他者の誹謗中傷で被害を受けている多数の人がいる。真実を伝えるこちが重要であると。
一方では、親父さんが
>>続きを読む

皮膚を売った男(2020年製作の映画)

-

紛争、誤認逮捕から逃れるために…
身体を、背中を売った男!?

お金持ちの悪趣味(>_<)

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

-

3人の父と2人の母
4度も姓が変わり、血の繋がらない男と暮らす女子高生の優子
もっと砕けた?緩やかなドラマかと思い込んでましたが…
梨花さんにやられました(^^; (T_T)

アンテベラム(2020年製作の映画)

-

予備知識ほぼゼロ…で鑑賞(^^;
社会学者のヴェロニカは優しい夫と可愛い娘と暮らす…突然タクシーで!?
冒頭で何故?南北戦争時の連合国国旗や綿花を摘む黒人奴隷が!?

パラドックス!?そーなっちゃいま
>>続きを読む

リスペクト(2021年製作の映画)

-

ドリームガーリズ!?
小説や物語よりも壮絶((((;゚Д゚)))))))
歌手・アレサ・フランクリンの半生!!

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

-

人の死とは…
死とどう接するか?
親愛者たちに、いつどのように伝えるのか?
死ぬと分かってから、死への向かい方、過ごし方…

各々の場面で過去に戻り、出逢いや想いを補足説明していますが
友達が何故そこ
>>続きを読む

モーリタニアン 黒塗りの記録(2021年製作の映画)

-

どこぞの国家の証拠文書にも劣る!?似たる(笑
黒塗り…のり弁((((;゚Д゚)))))))
国家の敵、犯人をでっち上げることで国民のベクトルを国家寄りに操作できると考えたのか…
それを善しとしない、勇
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

-

こんな理不尽がまかり通る時代があったんだなぁと
当時での(現在でも)辱めを有耶無耶にせず、毅然とした振る舞い
夫婦の絆を改めた…!?
結局、司法はなんだったんだろうな時代の話ですね(^^;

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

-

時系列が…
疲れた頭では理解に難儀で(>_<)
ですが、アクションシーンはハマる面白さ!

中1日置いて、再鑑賞しました笑笑

原因輸送車の警備会社の面接に来た場面から経緯に遡るシーンを再確認
暗く地
>>続きを読む

>|