nnmさんの映画レビュー・感想・評価

nnm

nnm

映画(48)
ドラマ(1)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

是枝監督の作品けっこう観てますが、監督が描くいろんな「家族のかたち」はどれもすごいなと思う。

リリーフランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優、子役の2人はもちろん、ちょい役の池松壮亮と高良健吾..
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.1

完璧だけど何かが欠落しているエイミー、怖すぎる...

終始安心できない映画けっこう好き。最後まで何が起こるか分からない展開とか

粉砂糖のシーンとか、映像が綺麗だと感じる箇所がいっぱいあって好きだっ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

僕は君で、君は僕。みたいな

エリオの気持ちが歌とシンクロしてるシーンの描写が、個人的にすごく好みだった。全体的に映像・音楽が美しい。そして切ない。

イタリアの映画はあまり観たことがなく、新鮮だった
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

心にグサッと刺さりまくって、泣いた。

「時間が経ったらまた観たい映画ランキング」暫定1位かな。

それにしてもこの家族、夫婦、ほんとうによかった。主人公好き!

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

-

街がぐーっと歪むシーンがやっぱり1番印象的で楽しかった

結局アベンジャーズ最新作までイッキ見するのは間に合わなかったので、ゆっくり追っていきます

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

-

アベンジャーズ並に豪華な回でしたね🤔

私がマーベル観たいと思ったきっかけのブラックパンサーも登場!アントマンもスパイダーマンも!早く次が観たくなった

アントマン(2015年製作の映画)

-

主人公も家族も3バカトリオも良くて、好きなキャラクターが多かった印象。とりあえず娘さんが可愛すぎる..

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

-

全員の戦闘シーン、豪華すぎだ

DVD特典映像の「インフィニティストーンの秘密」ってやつが、本編にも勝るくらいよかったです。笑

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

最初は設定が理解出来ずに戸惑ったけど、だんだん分かりました笑

なんといっても音楽がいい
サントラ聴きます

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

-

今まで観てきたMCUのシリーズの中で、一番泣きそうになった、、、

友情には弱い😭

パディントン(2014年製作の映画)

4.1

吹き替え版で観ました

パディントンの見た目、性格、さらに松坂桃李の声が相まって可愛かった。

面白くて心温まるいい話だったので、続編も観たい

あとママの衣装に釘付け!

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

4.0

どんでん返しがある映画はいいよね

最後のハチャメチャな感じも、ギャグ要素もわりとあるところも好感!

「ロキーー!」って1人で観ながら言いがちだった...

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

-

ついに勢揃い~!
登場人物の多さに頭が混乱しつつも、何度も「かっこいい」って口にしていた。
圧倒的。

誰が最強なのか、もはや分からない笑

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0

彼こそ真のヒーロー
盾ひとつ身ひとつで敵陣に乗り込むなんて... 正義感と勇気がかっこいい!!

バッキー!!!

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

-

北欧神話には疎いから、知ってたらもっとウオーってなったかもしれない!
でも知らなくても全然楽しめました。

またジェーン(ナタリー・ポートマン)と巡り会えますように。

いつもそうなんだけど、MCUは
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

-

ロバート・ダウニー・Jrが、最高にハンサムでダンディー。大人の色気たっぷりのオジサンでかなり好き。

伏線もいいね◎

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

-

展開のテンポがよくて、アトラクションみたいな楽しさがあるなと思った。

ベティを守りぬくハルクかっこいい。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

総じて美しかった。

『パンズ・ラビリンス』でも感じた、不気味な美しさがクセになる、、

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

やっと観れた。しかも爆音という臨場感が凄まじい上映で、特別な体験でした。

ストーリーや設定にはそこまで詳しくないので、「ん?」というところもあったけどそれもまたよい。SF要素だけじゃなくて、レプリカ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.8

喋ったり喋らなかったり、
ヘンテコな二人のラブストーリー。

最果タヒさんの詩的な表現やアニメーション表現など、個性的な映画だった。恋愛映画の要素よりも他の要素の方が強い。

池松壮亮かっこよくていい
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.3

ロバート・パティンソンかっこよかったな~。うん。

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.2

こんなに楽しませてくれるか!ってくらい楽しませてもらいました。
よくできてる...

アメコミ映画は全く未知の領域なので、入門編として観てみたけれども。
面白い!ハマりそう。

さて、次は何を観たらい
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.1

生々しくて、ぞっとしてしまう話。
人間のいろんな側面を見た。

『仕掛けられた3度の衝撃』
というのも、わかる。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.5

騙された~。やられた~。

こういうトリックがある映画は、やっぱり面白いね!だんだん世界に引き込まれていった。

個人的に音楽がツボだったのでサントラ聴きます。

あん(2015年製作の映画)

4.4

丁寧でぐっとくる映画でした。

桜もどらやきも魅力的に描かれていた。

手作りのあん。

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.2

なんともかわいい映画だった。

メイキングでは50年代を再現する大変さとか、監督のこだわりを知れて勉強になった。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.4

LAの街並みがすごく好みだった。
かなり昔にここまで未来的な表現を出来たのは、ほんとにすごいと思う。

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.5

中学生のきみときみ。
空気感がとても良かったし、バレエのシーンが特に好きだった。

「花とアリス」も観てみたいと思った

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.6

感情の起伏が見えない主人公が恐ろしくもあり、見ていて面白かった

プリシラ(1994年製作の映画)

3.8

94年の映画だけど、色褪せないな~
好きなシーンいっぱいあった
砂漠に原色のドレスは映える

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン(2011年製作の映画)

-

真っ暗の中、蛍光に光る魚を食べるシーンから始まり、その他見たこともないような料理がぞくぞく登場した。

それは料理というよりも、科学実験のような芸術作品のようなもので、味はもちろん、新しい驚きと感覚を
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

さすが美術賞を取っただけある、と感じた作品。色使いとあたたかいユーモアが印象に残った!また観たい。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

『等身大の恋愛』というコピーに納得。

臼田あさ美はいつでも綺麗で、太賀の真っ直ぐな瞳はかっこよくて、オダギリジョーのつかめかない感じがよかった。

終わってしまうのは悲しいことだけど、その先の未来は
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.8

コメディ要素もあるけど、後半にかけて切なくなってきた。

アメリカン・ビューティーというのは、薔薇の1種なんですね...

赤の鮮やかさと、白の可憐さ。

お引越し(1993年製作の映画)

4.7

ここにでてくる人達がとても好きだなと思った。雰囲気とか時代性とか...

面白くもあり切なさもあり、いろんな要素があって、この映画を知れてよかったです。今度もう1回ちゃんと見たい。

>|