オースティンさんの映画レビュー・感想・評価

オースティン

オースティン

名もなき復讐(2015年製作の映画)

3.2

どこで運命の糸が切れたのか分からないけど、最後に死に至ったのは感慨深い。

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2015年製作の映画)

3.6

韓国ではお父さんと娘の絆が強いのか、こういう映画が多いね。銃で撃たれたら大体死にそうだが、婆さんに営業かける所は面白かった。

新しき世界(2013年製作の映画)

3.5

ファンジョンミンのクセの強さがだんだんクセになってきた。最後に上司を殺せるのは根っからの悪だと思う。

犯人は生首に訊け(2015年製作の映画)

3.2

殺しは殺し。同じ穴のムジナだよー。最後は少しがっかりでした。

ドアロック(2018年製作の映画)

3.5

サイコだよ、変な家の暗証番号が同じなのにはびっくり⁉️

極秘捜査(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

久々に生きて帰る映画をみた。平気で手柄を横取りする奴は最低でも家族の付き合いができて良かったよ。

死体が消えた夜(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後は急展開なんだけど、よくまとまっていたと思う。犯人を最後、殺すか殺さないか判断に迷う。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.2

お母さん、木村多江さんに似ててよかったです。ゾンビと大金の設定に無理があり、よくある映画でした。

積むさおり(2019年製作の映画)

3.5

奥さんは洗濯ババアではない。ストレス半端ないのに頑張ってます

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

中々見応えのある映画でした。最後のパソコンの設定はやられました。

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

3.4

まさかの展開にやられました。じいさんの一人よがりに腹が立った。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.6

人を探したり殺したりするのはそんなに簡単ではないと思うが、やり方や表現に一過性があり楽しめました。外国人は皆別名があるのですね、

[リミット](2010年製作の映画)

3.0

本当に起こったら絶望感で気が狂うだろう。携帯一つで助かれない。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.4

マンガではできない映画のアクションシーンは興奮しました。いつかジャッカルとの絡みを期待します。

鬼はさまよう(2015年製作の映画)

3.3

鬼はさまようとはどう言う意味だろうと思ったけどストレートに復讐物がわかるようにしたら面白みが半減するんだろうね、 やはり韓国映画は犯人が自由に行動しすぎるのが有りますね。今回は最後にスッキリした。

プレッシャー(2015年製作の映画)

3.2

海底何メートルだったんだろう。万が一の為にもっと助かる道具が必要だよね。怖さが分かる映画でした。

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.3

そんなにお金がかかってない映画だったけど、女子が佐藤に反発する所はスカッとした。最初の博士のキタローは何だったのか

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.5

モテない男が空回りしている姿に皆んなが付き合う所は良かったし、ガチャガチャの会社にも格差があることがわかった。YOUさん最高です。

渇き。(2013年製作の映画)

3.5

これは10年前に原作があるのですね、読みたくなりました。役所さんが何故あんなに娘に執着するのか、不思議な映画でした。

荊棘の秘密(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

犯人探しに少々強引さがあって見てて、ん?となることがありました。親が子供を殺すなんて信じられません。最後は同じように引けばスッキリしたのに。

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

3.3

題名から惹かれるものがあり、なんだかすーと見てしまった。女優さんかわいいし、独特の雰囲気が合ってました。いつまでも片想い、いいじゃないですか。

犯罪の女王(2016年製作の映画)

3.3

この方は特別なお母さんですよね。この服とハイヒールでまだまだいける感があります。水道代でこんな映画できるんですね。

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

韓国映画はこんな危機的状況でも笑かしてくれる所は素晴らしいと思う。もう少し高度な救助方法はないだろうか。ドッグフードをわんちゃんと分け合う優しい所は良かったです。

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.2

続き物なので前と変わらない戦いにあきてしまった。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.6

最後に特殊能力で捕まえる所はスカッとした。唐揚げ大好きです。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

警察よりも何故早く犯人のすみかが分かるのか不思議だけど、イ・ビョンホンのカッコ良さが目立っていい映画でした。最後のギロチンはあれが限界なのでしょうね。

ディープ・サンクタム(2014年製作の映画)

2.5

そんなに洞窟の奥に行ってなんか意味あるのか、アホすぎて呆れました。怖さはなかったな。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.4

何気に井上真央と貫地谷しほりが1番2番にかわいいと思った。ネットも怖いけど女の人も怖いね。面白い映画でした。

>|