すずめさんの映画レビュー・感想・評価

すずめ

すずめ

モンスター・パニック/怪奇作戦(1970年製作の映画)

-

「モンスターパニック・怪奇作戦」(1970; Demicheli, T. & Fregonese, H. G. 監督)はエイリアンが地球征服の為に吸血鬼や狼男、ミイラ男、人造人間、美女軍団を人間社会に>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

-

「ミニオンズ フィーバー」(2022; Balda, K. 監督)は1970年代を舞台としたシリーズ5作目の作品。ミニオンたちがあざとさがパワーアップしていた。あいかわらず強烈。過去作との繋がりやオマ>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

-

「テリファー」(2016; Leone, D. 監督)はハロウィンの日に不気味な殺人ピエロと遭遇するおはなし。なにがあっても声を出さずにピエロを演じきるArt the Clown は悪役ピエロの鑑だと>>続きを読む

宇宙からの暗殺者(1954年製作の映画)

-

「宇宙からの暗殺者」(1954 ;Wilder, W. L. 監督)は核実験の最中地球征服を目論む地球外生命体に目をつけられた科学者のおはなし。全身タイツに腹巻きとピンポン玉ぽい眼球(本当は加工された>>続きを読む

悪魔館 死霊のせいなら、有罪。(2020年製作の映画)

-

「悪魔館 死霊のせいなら、有罪。」(2020; Dyck, J. G. 監督)の原題は全然違って"Anything for Jackson"。邦題は「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」にちょっと寄せすぎ>>続きを読む

不道徳教育講座(1959年製作の映画)

-

「不道徳教育講座」(1959; 西河克己 監督)は三島由紀夫著の同名書籍の映画版。不道徳なチンピラが主人公。逃亡中にうっかり道徳教育のお偉いさんになる。風刺がきいて、機知に富んでいて終始笑える。冒頭と>>続きを読む

ホラー・エクスプレス/ゾンビ特急地獄行(1972年製作の映画)

-

「ゾンビ特急"地獄"行き」(1972; Martín, E. 監督)は科学者が発見した猿人のミイラをシベリア鉄道で移送中に惨事が起きて...というおはなし。屍体は蘇るがSFホラーの要素が強い。そもそも>>続きを読む

女吸血鬼(1959年製作の映画)

-

「女吸血鬼」(1959; 中川信夫 監督)は日本初の本格吸血鬼映画らしい。失踪した婚約者の母親が当時のままの姿でパーティに現れ、記者である主人公が怪奇事件を追う。母親・松村美和子がヴァンパイアに燭台で>>続きを読む

ドグラ・マグラ(2010年製作の映画)

-

「ドグラ・マグラ」(2010; 奇志戒聖 監督)は全編CGアニメーションでむかしのゲームのムービー集のようだった。夢野久作先生の原作は途中で挫折した記憶がありますが、こんなにSF的要素(宇宙船とか)の>>続きを読む